車同士の事故の過失割合

車同士の事故について

スピードの出しすぎによりセンターラインを超えてしまい、対向車と衝突してしまったり、交差点で、右折のタイミングを間違ってしまい、直進してくる車と接触するという車同士の交通事故はよく起こります。この車同士の交通事故の過失割合について考えてみます。

複雑な車同士の事故

なお、車同士の事故の場合、歩行者と車の事故に比べて、複雑な場合が多くなります。センターラインを超え対向車に衝突した場合や、一方が赤信号で交差点に侵入して、青信号で交差点を走行中の車に衝突した場合には、過失割合は0%:100%ではっきりしており、問題は起こりません。

しかし、事故の中には、事故状況を客観的に証明できる証拠が少なく、上の例のようにはっきりと過失割合を提示できない場合があります。そのような場合、示談交渉がまとまりにくくなります。

客観的な証拠がないと、どうしても、事故の当事者は、互いに相手側の過失がより大きいと主張する傾向に拍車がかかるからです。車同士の事故の場合にも、過失割合の基準は定められております。

しかし、たとえば、道路幅がほぼ同じで、信号機のない交差点における事故については、事故車が交差点進入時に減速したかどうかで、過失割合が20%も変わってきます。事故車が交差点進入時に減速したかしないかを客観的に証明することは非常に困難です。

運転者が、減速しないのに減速したと主張した場合、事故状況からそれが嘘であると簡単に証明できればいいのですが、そうでない場合、当事者の事故に対する証言を元に判断することになります。

その場合、片方は減速したといい、片方は減速しなかったというに決まっています。どちらの言い分が通るかで過失割合が20%も変わってくるので、当然に、もめることになります。

示談交渉に必要な心構えについて

交通事故の当事者となってしまった場合には、示談交渉に臨むことも多々あることと思います。その際には、車同士の交通事故の場合には、客観的証拠はいうまでもないですが、事故の証言や示談交渉次第で、過失割合が大きく変わってくることを、事前に、よく理解しておく必要があります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
17社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ