高速道路上の合流地点における自動車事故の過失割合

高速道路上の合流地点での事故の過失割合について

高速道路上の合流地点での自動車事故の過失割合について考えてみます。高速道路の合流地点、すなわち、進入路付近は、十分な余裕を持って走行車線に進入しないと、高速で走行する走行車線の車に接触してしまいます。

このタイプの事故には、事故車両の種類と状況に応じ3類型の基本過失割合があります。それは第1、走行車線を直進する車と、走行車線に進入する車との事故の場合、第2、走行車線を直進するバイクと、走行車線に進入する車との事故の場合、第3、走行車線を直進する車と、走行車線に進入するバイクとの事故の場合です。

まず、第1の場合、すなわち、走行車線を直進する車に、進入路から走行車線に進入してきた車が衝突する事故の場合です。この事故の過失割合は、直進車30%進入車70%です。

第2の場合、すなわち、走行車線を直進するバイクと、進入路から走行車線に進入する車が衝突する事故の場合です。この事故の過失割合は、直進バイク20%進入車80%です。

第3の場合、すなわち、走行車線を直進する車と、進入路から走行車線に進入するバイクが衝突する事故の場合です。この事故の過失割合は、直進車40%進入バイク60%です。

なお、いずれの場合も、進入路の終端付近での事故の場合には、直進車側の過失割合が10%程度加算されます。進入路の終端付近では、多少のムリがある進入も、やむを得ないと判断されるためです。

高速道路での過失割合の算定の特徴

高速道路では、走行車線を直進する車よりも、進入路から進入して事故を起こした車両の方が、高い過失割合の負担を求められることになります。このことは、高速道路では、特に後続車への安全に対する配慮が求められます。

ですから、急ブレーキや進入路からのムリな進入など、先行車の後続車への安全配慮を欠く行為により、事故が発生した場合、先行者の過失割合が重いと判断されます。

とにかく、高速道路の進入の際には、進入時に、後続の車両に対して十分な車間距離が維持できるように、十分に余裕をもった走行車線への侵入を心がけなくてはなりません。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
17社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ