高速道路での進路変更における自動車事故の過失割合


高速道路でも、進路変更による事故の過失割合について

高速道路では、進路変更のタイミングを誤り、隣りの車線に入った瞬間、後方から直進してくる車両に追突されるという事故が多発します。また、お互いに、高速走行をしていますから、万が一、事故になった場合には、重大事故に直結します。

さて、このような、高速道路上での、進路変更における事故の過失割合についてですが、このタイプの事故は、事故を起こした車両の種類と状況に応じて、大きく分けて2類型の基本過失割合があります。

走行車線への進路変更による事故の過失割合について

まず、第1の類型は、追越車線から走行車線へ、または、片側3車線以上の道路で、走行車線から走行車線への進路変更の際に事故が起きた場合の過失割合についてです。なお、この類型の過失割合は、さらに、細かく分けて次の①~③までの3類型があります。

まず、①は、直進する車と、進路変更をして隣接車線に進入した車との事故の場合です。この事故の過失割合は、直進車30%進路変更車70%です。進路変更車の過失割合の高さが目立ちます。

次の②は、直進するバイクと、進路変更して隣接車線に進入した車との事故の場合です。この事故の過失割合は、直進バイク20%進路変更車80%です。ここでも、進路変更車の過失割合の高さが目立ちます。

最後の③は、直進する車と、進路変更して隣接車線に進入したバイクとの事故の場合です。

この事故の過失割合は、直進車40%進路変更バイク60%です。車が進路変更する場合に比べて、バイクの過失割合が低く設定されています。

追越車線への進路変更による事故の過失割合について

次の、第2の類型は、走行車線から追越車線への進路変更の際に、事故が起きた場合の過失割合についてです。なお、この類型の過失割合は、第1の場合と同様に、さらに、細かく分けて、次の①~③までの3類型があります。

まず、①は、直進する車と、進路変更をして隣接車線に進入した車との事故の場合です。この事故の過失割合は、直進車20%進路変更車80%です。第1の場合よりも、進路変更車の過失割合の高さが目立ちます。

次の②は、直進するバイクと、進路変更して隣接車線に進入した車との事故の場合です。この事故の過失割合は、直進バイク10%進路変更車90%です。ここでも、第1の場合よりも、進路変更車の過失割合の高さより高くなります。

最後の③は、直進する車と、進路変更して隣接車線に進入したバイクとの事故の場合です。

この事故の過失割合は、直進車40%進路変更バイク60%です。車が進路変更する場合に比べて、バイクの過失割合が低く設定されています。

修正要素について

なお、第1の場合、第2の場合とも、進路変更した車両が、合図をしないで、事故を起こす場合があります。この場合には、当然に、進路変更車両の事故の過失割合が高くなります。高くなる割合はだいたい10%程度です。

また、同様に、進路変更をした車両が、隣接車線を直進する車両の直前にムリな割り込み(進路変更)をして、事故が発生した場合も、進路変更をした車両の過失割合が引き上げられます。この引き上げられる割合も、だいたい10%程度です。

とにかく、高速道路での進路変更は、一般道路での進路変更よりもはるかに危険です。十分に余裕を持って行い、絶対に事故を起こさないようにしなくてはなりません。

記事60. 高速道路での駐停車車両への事故の過失割合

高速道路上の駐停車中の車両への事故の過失割合

高速道路で、停車中の車両に後続車が追突するという事故はよく起こります。このような事故についても、事故車両の種類と状況に応じて、各類型ごとに基本となる過失割合が定められています。

このタイプの事故の類型は3種類あります。それは、第1、駐停車車両が車で、直進して追突した車両が車の場合、第2、駐停車車両がバイクで、直進して追突した車両が車の場合、第3が、駐停車車両が車で、直進して追突した車両がバイクの場合です。

まず、第1の場合の事故、すなわち、高速道路上に駐停車中の車があり、後方から直進してきた車が、追突する事故の場合の過失割合は、駐停車中の車40%直進車60%です。

第2の場合、すなわち、高速道路上に駐停車中のバイクがあり、後方から直進してきた車が、追突する事故の場合の過失割合は、駐停車中のバイク30%直進車70%です。

第3の場合、すなわち、高速道路上に駐停車中の車があり、後方から直進してきたバイクが、追突する事故の場合の過失割合は、駐停車中車50%直進車50%となります。

なお、ここまで述べてきた過失割合は、駐停車車両が、ガス欠やエンジントラブルなどが原因で駐停車し、また、路肩へ対比することで事故の回避が可能であったにもかかわらず、事故が発生した場合を想定しています。

駐停車中の車両が追突事故に巻き込まれていた場合などの過失割合

一方で、第1から第3までのいずれの場合にも、駐停車車両が追突された車両などで、駐停車車両に過失がない場合で、路肩への待避が不可能または後続車への警告が不可能などの一定の条件を満たす場合には、駐停車車両の過失割合は0%になります。

交通事故を起こしてしまいお困りの方へ

不運にも交通事故を起こしてしまった場合、対応しなければならない事が数多く出てきます。「警察や保険会社への対応」「事故車の処理」「示談交渉」等々…。 交通事故を円満に解決するためには知識が必要で、場合によっては解決が長期化することもあります。

全ての対応を自分一人で抱えてしまってはいませんか?しっかりとあなたをサポートしてくれる業者があることをお伝えします。

  • 法律のプロに交通事故のトラブルのお悩みを相談できます!
  • 事故車や不動車でも高く売れるんです!
このような業者にサポートを依頼することで交通事故に関する悩みを相談したり、事故車両を廃車にすることなく売却できたりします。
日本法規情報の交通事故相談窓口
法律のプロに交通事故のトラブルのお悩みを相談できます!
日本法規情報の交通事故相談窓口
「示談交渉を法律の専門家にお願いしたい」「保険会社と上手く交渉するにはどうすれば良いか?」「相手側に慰謝料を請求したい」交通事故には様々な悩みが伴います。日本法規情報「交通事故サポート」にお電話いただければ、あなたのお悩みにピッタリな法律事務所を無料でご案内致します。その事務所であなたのお悩みを相談することができます。
お好みの場所や希望の時間にマッチした法律事務所をご案内いたします。土日のご相談もOKです。

詳細はこちら 日本法規情報の交通事故相談窓口
事故車高値買取の「タウ」
高価買取り実績No.1!事故車や不動車でも高く売れるんです!

交通事故を起こしてしまった車は廃車にするしかないとお思いではありませんか?修理費用が高額なため廃車にして新車に乗り換えた方が割に合うケースは多くあります。しかし廃車にする前にそのお車を査定にかけてはいかがでしょうか?

たとえ事故車、水没車であっても事故車買取りの「タウ」では無料で査定し、高値で売却することができます。
全国へ無料出張!(一部離島を除く)。軽自動車から輸入車まで対応!まずは査定してみませんか?

事故車高価買取り「タウ」
カービューの事故車一括査定
最大8社から事故車を無料で一括査定します!
カービューの事故車一括査定
不運にも交通事故で大事なお車を破損させてしまったら廃車にする以外にも売却するという選択肢があります。事故車や水没車であっても売却できる業者は実は結構あるんです。 carview愛車無料査定では最大8社から無料で一括査定依頼が可能で、同じ車種でも20万円も高値で売れる場合があります。
申し込みは3分ほどで完了し、2営業日以内にメールや電話で、愛車の相場情報や出張査定のご案内が届きます。

carview愛車一括無料査定はこちら
サブコンテンツ