過失相殺とは何か

過失相殺とは

交通事故の加害者になった場合、被害者に対してその損害を賠償する責任を負います。この際に、被害者にも事故に対して過失がある場合、その過失に応じて加害者が支払いうべき損害賠償金の一部を減額するという仕組みを過失相殺といい、その割合のことを過失割合といいます。

警察による実況見分では事故の状況を調査し事故を起こした側と起こされた側の双方に過失がないかどうかを調べます。この過失相殺によって自動車保険による補償額が変わってくるのです。

民法722条2項では次のように規定しており、これが過失相殺の根拠となります。

被害者に過失があった場合、裁判所は、これを考慮して損害賠償の額を定めることができる
民法722条2項

たとえば出会い頭での衝突の場合、相手の前方不注意であったとしても、過失割合は双方に振り分けられ、100%過失が認められるケースは少ないと言えます。

しかし一時停止義務違反や左優先の交差点での事故の場合、事故を起こした相手方の過失割合が大きくなります。また夜間に歩行者との間で事故を起こしてしまった場合には、車がライトを点灯していた場合に関して過失割合が一定割合で歩行者側にも設定される事があります。

これは車がライトを付けて走行していたことを歩行者が認識し、安全確認を怠ったという理由が適用されるためです。しかし歩行者は交通弱者であることから、故意に飛び出しをしたなどの理由でない場合はドライバーの過失責任の割合が高くなります。

過失割合を適用した賠償額

 過失割合が双方に振り分けられる場合、賠償額に関してもその割合が適用されます。たとえば7:3での事故の場合、相手方は3割の責任が生じ、事故を起こした側には7割の賠償責任が生じます。

対物賠償責任保険では7割を加害者側が負担することになります。しかし過失が無いとされる事故もあります。それは追突事故です。

信号待ちをしている車に背後から追突してしまった場合には相手の責任は無く加害者側が100%の過失を負うことになります。過失の割合がどれほどになるかについては警察の実況見分による決定にかかっています。

さまざまな過失割合のケース

自動車と歩行者の交通事故の場合

たとえば、自動車を運転中に歩行者をはねてしまい、歩行者が負傷しその損害賠償金が100万円だったとします。しかし、被害者である歩行者は、横断禁止場所を横断中に事故に遭いました。この場合の被害者の過失割合は原則として30%です。

もし、被害者の方が交通ルールを完全に遵守して事故にあった場合には過失割合は0%で、加害者は100万円の賠償金を支払う義務を負います。しかし、被害者に30%の過失がある場合、加害者の支払うべき損害賠償金は30%減額されて70万円になります。

このように、過失相殺の考えが働くため、損害賠償額の算定にあたり被害者の過失の有無や大きさを十分に考慮した上で、加害者が支払うべき損害賠償金の額を減額します。

自動車同士の出会い頭の事故の場合

なお、過失相殺は人身事故だけでなく車同士の物損事故にも適用されます。たとえば、Aの自動車とBの自動車が交差点で衝突し、AとBに怪我はなかったけれど、両者の自動車が破損しA車の修理費に70万円、B車の修理費に50万円かかるとしましょう。

この場合、原則としてAはBに対して70万円の請求ができます。一方、BはAに対して50万円の請求ができます。過失相殺がなければ、両方の債権債務を相殺して、BがAに20万円を支払うことになります。

しかし、事故についてAとBの双方に過失があり、その割合が50:50だったとしましょう。そうすると、この過失割合を考慮した賠償額は以下のとおりとなります。

(70万円+50万円) × 50% = 60万円
(70万円+50万円) × 50% = 60万円

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
NTTイフ
NTTイフだけの便利な特典が多数!日常生活をサポートしてくれます

NTTイフの注目すべき点は豊富なキャンペーンや特典です!宿泊・娯楽施設の割引、ホームアシスタント、弁護士無料相談、無料ロードサービスといったお得なサービスがついてきます!このような特典は他にはありません!きっとあなたの日常生活の支えになってくれるでしょう。

ホテル、遊園地、映画館などが割引になる特典で休日も楽しんじゃいましょう♪
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ