搭乗者傷害保険VS人身傷害保険!お得なのはどっち?

ボールを比較する女性

自動車保険のプランを考えるとき、似たような補償に人身傷害保険と搭乗者傷害保険の2つがあり、2つとも加入した方が良いのか、あるいはどちらか一方に加入した方が良いのかはよく迷います。この2つの保険はどこがどうちがうのでしょうか。

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

人身傷害も搭乗者傷害も契約車両に乗っている人が補償の対象

人身傷害補償も搭乗者傷害補償も自動車に乗っている人が補償の対象となる点では共通です。イメージとしては人身傷害補償と搭乗者傷害補償をセットで加入している場合人身傷害補償が基本補償で、搭乗者傷害補償はその上乗せ補償といった感じです。

どちらも、契約車両に乗っている人が補償の対象となる点は同じです。歴史的に言うと、かつては人身傷害保険は存在せず、被保険者が自動車事故でケガや死亡した場合の補償は搭乗者傷害保険から支払われていました。1990年代に入ると自動車保険の自由化によって人身傷害保険が登場し、各社のスタンダードになっていきました。現在でも搭乗者傷害保険が残っているのはかつての名残のようなものです。

したがって、保険料をできるだけ安くしたいという場合には、人身傷害保険のみに加入し搭乗者傷害保険は付帯させなくても大丈夫です。付帯させなくても、人身傷害保険に入っていれば事故の際に十分な補償を受けることができます。

人身傷害保険は過失の有無にかかわらず、ケガの治療費や障害が残った場合の補償金、死亡した場合に遺族に支払われる保険金が支給されます。こちら側の過失割合が高い場合、加害者が加入していた自動車保険から十分な保険金が受けられないことが多いのですが、人身傷害保険に加入していればそれから十分な保険金が支給されますので、安心です。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについて

車も模型を手に持つ女性


人身傷害保険は、記名被保険者やその配偶者及びその家族などが契約車両を運転中に事故に巻き込まれ、ケガ・後遺障害・死亡などがあった場合、治療費・障害の補償費・遺族に対する補償金を支払うという保険です。運転者の過失割合に関わらず、実際の損失額を契約で定められた限度額の範囲内でその全額を補償します。

搭乗者傷害保険の場合、記名被保険者やその配偶者その家族などが契約車両を運転中に事故に巻き込まれ、ケガ・後遺障害・死亡などがあった場合に、実損額ではなく契約であらかじめ決められた金額を補償するというものです。搭乗者傷害保険には日払いと部位別症状別払いの2つの支払方法があります。

日払いとはケガを治療するためにかかった日数に応じて、たとえば、入院1日15,000円、通院1日10,000円と言うように、入院通院の保険金単価×入院通院日数で計算される保険金を支払うというものです。以前は、ほとんどの保険の搭乗者傷害保険はこの方式を採用していましたが、今はすたれており、現在はこの方式で搭乗者傷害保険の保険金を支払うのはそんぽ24のみとなっています。

症状別部位別払いとは「腕の骨折35万円、手足の打撲5万円」といったように、ケガをした部位と症状によって保険金額が決まる方式で、現在主流となっている支払い方式です。

たとえば、セゾン自動車の搭乗者傷害保険の保険金は以下のようになります。

被保険者が被った傷害 入通院一時金の額
1.下記2~8以外 10万円
2.骨折又は歯牙を除く部位の脱臼 30万円
3.眼を除く部位の神経損傷又は神経断絶 30万円
4.腱、筋肉、靭帯の断裂 30万円
5.上肢又は下肢の欠損又は断裂 50万円
6.眼の神経損傷若しくは神経断裂又は眼球の破裂又は損傷 50万円
7.胸部又は腹部の破裂又は損傷 50万円
8.脳挫傷、脳損傷、頭蓋骨血腫、頸椎損傷又は脊椎損傷 100万円

搭乗者傷害保険の方が保険金の支払いがスピーディー

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の大きな違いは保険金の算定方法です。人身傷害保険の方は実損額に基づいて補償金を算定します。一方で搭乗者傷害保険の方は、実損額に関わらずあらかじめ契約で定められた保険金額が支給されます。実損額を算定する手間がない分、搭乗者傷害保険の方が保険金の支払いがスピーディーに行われます。

搭乗者傷害保険の場合、保険会社に入院通院したことを証明する書面(医療費の支払い証明書など)や診断書があれば、すぐに保険金の請求ができます。一方、人身傷害保険の場合には、さまざまな調査を経て実際に被害者が受けた損害額が確定しないと保険金の請求ができないため、保険金の支払いまでには時間がかかります。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険どっちに加入するのが得か

人身傷害保険と搭乗者傷害保険はどっちが得かということについては、人身傷害保険が基本保険で搭乗者傷害保険がその上乗せ保険という位置づけなので、どっちが得かというよりも、余裕があれば人身傷害保険と搭乗者傷害保険の双方に加入した方がいいでしょう。余裕がなければ、人身傷害保険のみに加入したほうがいいでしょう。

搭乗者傷害保険に加入していれば事故の際はすみやかに保険金が受け取れますし、より手厚い補償を受け取ることができます。しかし、人身傷害保険のみに加入していた場合でも、保険金の支払は遅くなりますが十分な保険金の支給があります。いずれにしても、搭乗者傷害保険は人身傷害保険の上乗せという位置づけなので、どちらか一方を選択して加入するという話にはなりません。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
NTTイフ
NTTイフだけの便利な特典が多数!日常生活をサポートしてくれます
NTTイフの注目すべき点は豊富なキャンペーンや特典です!宿泊・娯楽施設の割引、ホームアシスタント、弁護士無料相談、無料ロードサービスといったお得なサービスがついてきます!このような特典は他にはありません!きっとあなたの日常生活の支えになってくれるでしょう。

ホテル、遊園地、映画館などが割引になる特典で休日も楽しんじゃいましょう♪
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ