満期前でも翌月から保険料を安くできるタイミング


お金と車の関係

契約期間中でも条件を変更して保険料を安くできる

満期前でも、保険料を安くできるタイミングはあります。それはこの2つのタイミングです。

  • 運転者やその家族が誕生日を迎えた
  • 自動車の使用目的に変更が生じた

これらのタイミングで、現在契約している自動車保険会社を変えずに保険の契約条件を変えることで、翌月からの保険料を安くすることができます。

保険契約に付されている契約条件は、原則として1ヶ月を単位として変更可能です。

保険料の支払いを年払いにしている方は、保険契約に付されている条件は保険契約期間である1年間は変更できないと考えられていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、実際は条件の変更は1ヶ月単位で可能なので、条件に変更があった場合には、年度末までの期間満了を待たず、変更が生じた月にその変更手続きを行うことができます。そして、期間満了時には条件の変更に応じた保険料の差額が返還されます。

「保険契約の条件の変更」と「自動車保険会社の変更」を区別することが大切

なお、ここで重要なのは、「保険契約の条件の変更」と「自動車保険会社の変更」を取り違えないことです。現在加入している保険会社を契約期間満了前に変更する場合には、ノンフリート等級の引継ぎができずに割高の保険料に支払いが生じたり、解約手数料が発生したりします。

ここでいう条件の変更は、契約する自動車保険会社は変更しません。契約している会社を変えずに、保険の契約内容を変更することです。契約期間中に保険会社を変更すると大損をしますので、くれぐれも注意しなくてはなりません。

運転者やその家族が誕生日を迎えた場合

3世代ファミリー
さて、満期前でも保険料を安くできるタイミングとしては、保険契約者やその家族が誕生日を迎えた時があげられます。例えば、自動車を運転する者が30歳の夫と25歳の妻であったとします。この場合、たいていは運転者限定条件を「夫婦限定」、年齢限定条件を「21歳以上補償」として保険契約を結んでいるはずです。

ここで妻が誕生日を迎え、26歳になったとします。そうすれば、年齢限定条件「26歳以上補償」に変更できます。よって、妻が誕生日を迎えたら、すぐに保険会社に連絡して年齢限定条件の変更手続きをします。

そうすれば、月払いの場合には、翌月分から「26歳以上補償」の条件で計算したより安い保険料となります。年払い払いの場合でも、期間満了時に差額精算されて払いすぎた保険料の還付を受けることができます。

子供がたまにしか車を運転しない場合は、年齢条件を変更して保険料を節約する

年齢条件を1ヶ月単位で変更出来るということを応用して、子供が運転する月にだけ年齢条件を変更して保険料を抑えるということも可能です。

例えば、同居の子供が大学の夏休みにだけ車を運転するといった場合は、8月と9月だけを子供の年齢に合わせた「全年齢補償」や「21歳以上補償」といった条件に変更し、それ以外の月は親の年齢に合わせた「35歳以上補償」に変更することで保険料を抑える、といったことも可能です。

なお、子供が別居しており未婚である場合は、子供の年齢を「年齢限定条件」に考慮する必要はありません。

自動車の使用目的に変更が生じた場合

車を運転する女の子
もう一つ、満期前に保険料を安くできるタイミングとして、自動車の使用目的に変更が生じた場合があげられます。一般の自動車保険は「業務」「通学・通勤」「日常・レジャー」などの自動車の利用目的によって保険料が定められています。

そして、保険料金は事故確率が高い「業務」が最も高く、2番目が「通学・通勤」、事故確率の一番低い「日常・レジャー」が一番安くなっています。

例えば、子供さんが幼稚園や小学校を卒業し、子供の送迎で自動車を使用しなくなったとします。この場合、自動車の使用目的を「通勤・通学」から「日常・レジャー」に変更すれば、保険料を節約できます。また、定年退職をしたような場合には、自動車の使用目的を「業務」から「日常・レジャー」に変更することで、保険料を節約できます。

保険料の支払いが月払いの場合は翌月の保険料から減額されますし、年払いの場合には、満期の時に保険料が再計算され、払い過ぎた保険料の還付を受けることができます。

保険期間の途中でゴールド免許を取得した場合はNG

日本の運転免許証(ゴールド)
なお、契約期間の途中で、運転免許がブルー免許からゴールド免許に変わる場合があります。しかし、この場合は、ゴールド免許を取得したことを保険会社に報告しても、途中からゴールド免許割引が適用されて保険料が安くなることはありません。

ゴールド免許による割引を受けるためには、保険開始時にゴールド免許を取得していることが必要です。ですから、保険期間の途中でゴールド免許を取得した場合には、契約期間の満了まで待って、契約の更新時にゴールド免許の取得を保険会社に申し出て、割引の適用を受けることになります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ