走行距離の申告で嘘をつくと損!その理由とは?

それ、本当ですか?


通販型の自動車保険の多くは1年間の自動車の走行距離の区分にしたがって、保険料に差を設けています。この区分をうまく利用すれば保険料をより安くすることができます。ただし、保険会社への走行距離の申告をごまかしたりすると、保険金の支払いが拒否されたりするので注意が必要です。
※カンタン入力、無料の一括見積もり「保険スクエアbang!」へ

走行距離で変わってくる自動車保険料

1年間の自動車の走行距離が長くなるだけ事故を起こす可能性が高くなります。それを反映して1年間の走行距離が長くなるほど、割高の保険料を設定している自動車保険会社が多くなっています。

たとえば、ある自動車保険会社の1年間の自動車走行距離に応じた料金表は以下のとおりとなっています。

走行距離区分 支払保険料 保険料差
3,000㎞以下 20,730円 なし
5,000㎞以下 22,180円 -1,450円
11,000㎞以下 26,800円 -4,620円
無制限 33,140円 -6,340円

走行距離以外が同じ条件であれば、走行距離が最低の3,000㎞以下の区分と無制限の区分では33,140円も料金が違います。保険対象の自動車の1年間の走行距離が短ければ、走行距離に基づいて料金を設定している保険会社と契約すれば、保険料を割安にすることができます。

走行距離の申告制には2種類ある

年間走行距離に基づいて保険料を設定している会社には2種類あります。

1つは保険期間の前年度の1年間の保険対象車両の走行距離をユーザーに申告してもらい、そのキロ数を新しく契約する保険期間の走行距離とするグループです。

2つ目は、新しく契約する保険年度の予想自動車走行距離をユーザーに申告させ、それを新しく契約する保険期間の自動車走行距離とするものです。

前年度の自動車走行距離をユーザーに申告してもらいそれを新しい保険期間の自動車走行距離とするグループには、以下の保険会社が該当します。

  • そんぽ24
  • イーデザイン損保
  • アメリカン・ホームダイレクト
  • 三井ダイレクト
  • セゾン自動車

新しい保険期間の予想自動車走行距離をユーザーに申告してもらい、それを新しい保険期間の自動車走行距離とするグループには以下の保険会社が該当します。

  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ

自動車の走行距離の目安について

道路


保険会社の中には保険対象車両の向こう1年間の予想年間走行距離を申告させるところがありますが、その際、利用目的や利用頻度による自動車の走行距離の目安を知っておくと便利です。そのため以下でそれを表示します。
日常・レジャー 通勤・通学 走行距離
休日近場で買い物程度 1日10㎞程度の使用 3,000㎞以下
平日・休日近場で買い物程度 1日20㎞程度の使用 5,000㎞以下
毎日20㎞以上の運転 1日30㎞程度の使用 10,000㎞以下
毎日30㎞以上の運転 1日40㎞程度の使用 15,000㎞以下
長距離を運転する 1日50㎞程度の使用 15,000㎞超

1年間の予想自動車走行距離は長年自動車を運転されている方であればだいたいは見当が付くのですが、自動車を運転し始めてから日が浅い人は、それを予測することが難しいこともあるので、その場合には上記のようなデータが参考になります。

保険料を安くするため虚偽の走行距離を申告すると保険金が出ない

バッテンする女性


年間走行距離が短ければ保険料を安くすることができ、しかも、その年間走行距離は自己申告制であるとすると、実際の年間自動車走行距離よりも短い距離を申告して、保険料を安くしようと考える方もいらっしゃると思います。

交通事故を起こさなければそれでもよいかもしれませんが、交通事故を起こして保険金が必要になる際、走行距離をごまかしていると保険会社にそれがばれて、最悪の場合「故意又は重過失による」があると認定されて、保険金を受け取れないこともあります。自己申告制であっても年間走行距離は正しく申告する必要があります。

単純なミスによって間違った走行距離を申告し、その後に交通事故が起きて保険金を請求した場合には、「故意又は重大な過失」がないと判断され普通に保険金が受け取れます。ただし、その場合でも、保険金の支払の時に正しい走行距離に是正して、その差額分の保険料を徴収されることがあります。

うっかりミスによって実際の走行距離よりも少ない走行距離を申告する場合は大事には至りませんが、最初から保険料をごまかす意思をもって走行距離を少なく申告すると、自動車事故を起こしてしまった場合に保険金が受け取れないこともありますので、十分な注意が必要です。

保険金が受け取れない虚偽申告とはどんなものか

たとえばあるユーザーの方が新規登録車両に保険をかけるとした場合に年間走行距離3,000㎞で申告し、その区分の自動車保険料の適用を受けていたとします。この方が、交通事故で怪我をして保険会社に保険金を請求したとします。

事故の際の保険会社の調査で、事故を起こした時点の自動車走行距離が3,000㎞を少しオーバーしたぐらいであれば、走行距離の虚偽申告によって保険金が支払われないということはないでしょう。しかし、たとえばそれが15,000㎞であったら、悪質な虚偽申告として保険金が出ない可能性が非常に高くなります。

最初から誤魔化そうという意識がない場合には、結果的に事故を起こした時点の走行距離が、保険契約の際に申告した走行距離を超えていても保険金が支給されないということはないので大丈夫です。ただし、差額分の保険料を請求されることはあります。

保険更新時に申告した走行距離と実際のそれが異なる時の対応

オドメーター


保険更新時に、実際に申告した自動車走行距離と実際の走行距離が異なることは当然予測されます。というよりも、それらが異なるケースの方が一致するケースよりも多いと言えます。最初から保険料をごまかすつもりで虚偽の走行距離を申告をしていた場合は別として、そういった意図を持たないで普通に走行距離を申告し、結果的に申告した走行距離と実際のそれが異なった場合に保険料などはどうなるのでしょうか。

保険更新時に走行距離がオーバーしていた場合の対応

保険期間中に交通事故を起こして保険を使うことはなかったが、保険更新時に申告していた年間走行距離よりも実際の走行距離が長かったということもあります。そのような場合、更新時に正しい走行距離を保険会社に通知しておけば問題ありません。その上で、次の契約の際に前期よりも長めに走行距離を申告すればよいでしょう。

契約時に申告する年間走行距離はあくまで予想なので、実際の走行距離がそれと異なることがあることは保険会社の方でも十分に承知しています。そのため、契約更新時にそのことの通知があれば保険会社の方では何も言ってきません。

申告した走行距離よりも実際の走行距離が長かったことが分かった場合には、次年度の走行距離の想定の見直しが必要です。走行距離の見直しで保険料が上がるというようなケースで前期の保険料と同じ水準を維持するためには、車両保険のランクを落とすとか不必要な保険を外すなどの対策が必要です。

保険更新時に走行距離が短かった場合の対応

反対に、保険契約時に申告した年間走行距離よりも更新時に判明する実際の年間走行距離が短かった場合には、その分だけ保険料を安くできることがあります。ソニー損保の「くりこし」割引では、実際に走った走行距離が「1,000㎞以上」少なかった場合には、その差額保険料を翌期の継続契約時の保険料から差し引くことができます。

「くりこし」割引のサービスを提供しているのはソニー損保だけのようですので、他の保険会社ではこのサービスを利用できないようです。したがって、このサービスを利用したいという方はソニー損保の自動車保険を利用することがおススメです。

走行距離区分で保険料が安くなるのは、走行距離の短い方

一般的に言って1年間の走行距離が短いほど保険料が安くなり、長いほど保険料が高くなる傾向があります。しかし、走行距離の区分やそれに対応する保険料は各自動車保険会社がそれぞれ設定していますから、一概に年間走行距離が○○㎞だから、保険料は○○円程度だというようには言えません。

各保険会社はホームページ上で保険料の見積もりコーナーを設けていますから、各社のそれに年間走行距離やその他の車両条件を入力して、その各社の見積もりを取らなければ正確なところは分かりません。

ただし、間違いなく言えることは、走行距離による保険料の区分を設けていない自動車保険会社と契約した場合には、年間走行距離が30,000㎞でも3,000㎞でも同じ保険料が適用されますから、年間走行距離が30,000㎞の場合と3,000㎞の場合で、保険料に差を設けている保険会社と契約した場合よりも保険料が割高になるということです。

走行距離によって自動車の保険料を安くできる可能性があるのは、1年間の走行距離が短い方と言えるでしょう。毎日長距離をマイカーで通勤されるサラリーマンのように1年間の走行距離が長くなる方の場合、走行距離による保険料の割引はあまり期待できません。

各自動車会社の走行距離区分について

自動車保険料は走行距離だけでなく、保険対象車両の車種型式・グレード・保険内容・年齢条件・運転者限定条件・ノンフリート等級などさまざまな要件によって決まってくるので、1年間の走行距離がこのくらいだから保険料の相場はこの金額というようなはっきりした形では出てきません。

一般的な傾向としては、走行距離区分が細かい会社の方が走行距離が短いことによる保険料の割引率が高くなります。走行距離による保険料の割引は、走行距離が短い方の方がそれが多い方よりも、より多くの割引によるメリットを受けることができますが、1年間の走行距離が少ない方は、走行距離区分を多く設けている自動車保険会社と契約すれば、保険料を大きく下げることができる可能性があります。

自動車保険会社各社の走行距離区分について

通販型自動車保険各社の走行距離区分についてまとめると次のようになります。

会社名 走行距離区分
おとなの自動車保険 5,000㎞以下、10,000㎞以下、15,000㎞  以下、15,000㎞超の4区分
イーデザイン損保 3,000㎞以下、5,000㎞以下、10,000㎞  以下、10,000㎞超の4区分<
そんぽ24 4,000㎞未満、8,000㎞未満、12,000㎞未満、16,000㎞未満、16,000㎞超の5区分
チュリーッヒ 3,000㎞以下、5,000㎞以下、10,000㎞以下、15,000㎞以下、15,000㎞超の5区分
ソニー損保 3,000㎞以下、5,000㎞以下、7,000㎞以下、9,000㎞以下、11,000㎞以下、16,000㎞以下、無制限の7区分
アクサダイレクト 5,000㎞未満、10,000㎞未満、10,000㎞超の3区分

これを見るとソニー損保がもっとも細かい走行距離区分を持っていることが分かります。このことから、走行距離による保険料の割引がもっとも期待できるのはソニー損保であるということができます。走行距離による割引は、走行距離が短い方がより大きな割引を期待できるので、走行距離が短い方は保険会社をソニー損保にするのが良いかもしれません。

たとえば、年間5,000㎞以上は運転するが10,000㎞以上の運転はしないという方であれば、そんぽ24の8,000㎞以下の区分で契約するとかソニー損保の7,000㎞以下の区分で契約することにより、保険料を安くできる場合があります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
NTTイフ
NTTイフだけの便利な特典が多数!日常生活をサポートしてくれます

NTTイフの注目すべき点は豊富なキャンペーンや特典です!宿泊・娯楽施設の割引、ホームアシスタント、弁護士無料相談、無料ロードサービスといったお得なサービスがついてきます!このような特典は他にはありません!きっとあなたの日常生活の支えになってくれるでしょう。

ホテル、遊園地、映画館などが割引になる特典で休日も楽しんじゃいましょう♪
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ