30代が安く加入できる自動車保険ランキング!


30代は、自動車の運転にも丁度慣れてくる頃なので、事故を起こす確率が低くなる年代です。そのため、事故対応などの保険サービスのクオリティよりも、保険料が高いか低いかで、保険会社を決めることがより合理的になっています。

20代のドライバーは単身の方も多いのですが、30代となると、結婚していらっしゃる方も多くなります。そうすると、運転者条件についても、本人・配偶者限定など、補償範囲を広げることも考えなくてはなりません。その上で、できるだけ保険料が安い会社を探すことになります。

30代で年間保険料が安い自動車保険ランキング(車両保険無しの場合)

30代のドライバーが日産の人気車種・リーフを運転する場合を想定し、代表的な自動車会社の保険料の見積もりを取り、それをランキングにまとめてみました。このランキングの基本比較条件は次のとおりで、ランキング結果は以下のとおりとなります。

このランキングでは、車両保険を付帯していない状態で調査を行っているので、車両保険を付けないで、とにかく料金の安い自動車保険会社を探している方におススメです。

順位 会社名 保険料額
1位 イーデザイン損保 35,820円
2位 セゾン自動車保険 40,480円
3位 ソニー損保 44,930円
4位 セコム安心マイカー保険 48,170円
5位 SBI損保 58,310円
6位 ソンポジャパン 71,300円
7位 あいおいニッセイ同和 92,900円

【見積もり試算条件】
車種:日産・リーフ
契約種別:新規加入
運転者条件:本人及び配偶者限定
補償範囲:35歳以上補償
年齢:35歳
使用目的:日常・レジャー
年間走行距離:5,000㎞
免許の色:ゴールド
等級:6等級
対人・対物:無制限
人身傷害:3,000万円
車両保険:なし

ランキング(車両保険無し)の特徴

30代の方が入る自動車保険で、保険料の安い会社ランキングの上位(1位から4位まで)は、すべて、通販型(ダイレクト型)が独占しています。ダイレクト型の場合、インターネットから申し込みの手続きを行えば、だいたいどこの会社でも、10,000円程度の割引を行ってます。

保険料を安くするのであれば、ダイレクト型がおススメであることが、この調査結果から分かります。

このランキング調査では、ノンフリート等級を新規契約者に適用される6等級として調査しています。もし、自動車保険会社の乗り換えを行う場合には、前の契約でのノンフリート等級をそのまま引き継ぐことができます。従って、前の契約での等級が高い場合には、より大きな割引率が適用されますので、仮により高い等級を用いてランキング調査を行った場合、保険料の見積額はより低いものになるでしょう。

基本比較条件では、契約車両である日産リーフを、新車として設定しています。新車であれば、車両保険をかけた方がよい場合が多いので、運転に自信のない方であれば、車両保険を付けた状態でのランキング調査の結果を参考にして頂くことがおすすめです。

30代で年間保険料が安い自動車保険ランキング(車両保険付きの場合)

同じく30代の方が日産の人気車種リーフを運転すると想定し、今度は、車両保険を付帯させた状態で各自動車保険会社の見積もりを取り、保険料の安い順位にランキングしてみました。

順位 会社名 保険料額
1位 セゾン自動車保険 59,620円
2位 セコムマイカー保険 72,860円
3位 イーデザイン損保 74,930円
4位 SBI損保 107,290円
5位 ソンポ・ジャパン 111,650円
6位 あいおいニッセイ同和 152,830円

【見積もり試算条件】
車種:日産・リーフAZE0
契約種別:新規加入
運転者条件:本人及び配偶者限定
補償範囲:35歳以上補償
年齢:35歳
使用目的:日常・レジャー
年間走行距離:5,000㎞
免許の色:ゴールド
等級:6等級
対人・対物:無制限
人身傷害:3,000万円
車両保険:有、免責0円~10万円、保険金額220万円~425万円

ランキング(車両保険あり)の特徴

このランキングでは、先程と同じく、35歳のドライバーが日産リーフを運転するという条件の下、今後は、車両保険を付帯させた状態で調査しています。日産リーフは、新車状態である仮定して見積もりを行っていますから、車両保険を付帯させた状態の方が、より現実的な条件設定であると考えられます。

今回のランキングでは、上位を占める自動車保険会社の顔ぶれついては大きな変化はありませんが、車両保険が付帯しない場合のランキングでは2位であったセゾン自動車保険が、車両保険を付帯させたランキングでは1位となっています。

一方、車両保険を付帯させたランキングで1位を獲得していたイーデザイン損保が、車両保険を付帯させない部門では第3位となっています。ダイレクト通販型の自動車保険は、全体的に、代理店型の保険会社と比較して安いことは安いのですが、保険会社によって、得意不得意があるようで、一概に、すべての条件下においても常にランキング第1位を獲得する保険会社はないようです。

ソンポジャパン、あいおいニッセイ同和の2社については、車両保険の保険金額が他のダイレクト型の会社よりも低いか同じ水準であるにもかかわらず、車両保険を付帯させると、保険料が非常に高い水準となります。

代理店型の自動車保険会社は、事故対応が素晴らしいだとか、ロードサービスが他の会社よりも際立って充実している等のメリットがないと、ダイレクト通販型との保険料の差は、どうしても説明がつかないでしょう。

ランキング上位会社の解説

車両保険無しランキングおよび車両保険付きランキングにおいて、上位を獲得した自動車会社から、セゾン自動車、イーデザイン損保、ソニー損保の3つの会社をピックアップして、その特徴について解説します。

セゾン自動車火災保険について

車両保険無しランキングで第2位、車両保険付きランキングでは第1位を獲得したセゾン自動車保険は、おとなの自動車保険というブランドで自動車保険サービスを展開しています。もちろん、ダイレクト(通販型)の保険サービスを展開しています。

大人の自動車保険は、走行距離に応じた保険料金の設定や、35歳以降保険料金が変わらないという従来の自動車保険の常識を破り、35歳以降は、1年刻みで保険料を引き下げていくという新しいサービスを展開しています。

セゾン自動車というと、あまりなじみがなく、ベンチャー企業家とも思われますが、ソンポジャパン日本興亜グループの系列企業なので、損保ジャパングループが長年積み上げてきたノウハウと経験が活用されているので、安心です。

35歳を過ぎてから、自動車保険を他の会社から、セゾン自動車保険の大人の自動車保険に変更した場合、平均で12,849円ほど保険料が安くなるというデータもあります。30代の方にとっては、おススメの自動車保険の1つであります。

イーデザイン損保について

車両保険無しランキングで第1位、車両保険付きランキングでは第3位を獲得しているイーデザイン損保は、大手損害保険会社である東京海上が中心となる東京海上グループの系列会社です。

イーデザイン損保も、通販型の自動車保険会社ですが、イーデザインという聞きなれない名前なので、一瞬、ベンチャー企業かなとも思われますが、長年にわたる実績のある東京海上グリープの系列企業なので、安心して利用することができます。

イーデザイン損保は、インターネット申込で1万円の割引、契約後1年間無事故だと翌年の保険料が2%割り引かれる無事故割引、保険開始前45日以上前に契約を結んだ場合に適用される早期割引と、割引が非常に充実しており、これらを上手に組み合わせると、保険料を非常に安くすることができます。

保険料が安いと、保険サービスの質が落ちるのではないかというのは、誰もが思うことですが、イーデザイン損保は、2017年のオリコン顧客満足度ランキング自動車部門で第1位を獲得しています。自動車保険の保険サービスの質が悪ければ、このような成績を残すことができませんので、このことは、イーデザイン損保が、価格だけでなく、保険サービスについても、非常に優秀な実績をあげていることを意味します。

ソニー損保について

車両保険無しランキングの部門で第1位となったのは、ソニー損保です。ソニー損保は、日本の電機メーカーとして非常に知名度の高いソニー株式会社が中核となって形成されるソニーグループの系列企業です。

ソニー損保の自動車保険の特徴は、通販型の自動車保険会社の中で、15年連続して売上げ№1を誇っていることです。多くのユーザーに支持されている、通販型自動車保険を代表するサービスだということができます。

事故対応やロードサービスについては、親会社が電機メーカーだから不安だという感じもしますが、大手警備会社であるセコム株式会社と提携しているので、事故現場にはセコムの職員が駆けつけます。ソニー損保の自社アンケートの結果からですが、事故対応については、10人中9人までが満足であると回答しています。

この他、走った分だけ保険料を支払う新しいサービスも好評です。とにかく、保険サービスのレベルが低ければ、15年連続で通販型自動車保険の売上№1を獲得できるはずがなく、このことだけでも、ソニー損保の自動車保険が信頼できるものだと判断できます。

30代の自動車保険を安くするコツ

30代で自動車保険の保険料を安くするコツとしては、まず、代理店型の自動車会社はできるだけ避け、保険内容が同じでも保険料が格段に安い通販型の保険会社に切り替えることが考えられます。

セゾン自動車が提供する大人の自動車保険では、35歳以上のユーザーに対して、1年刻みで保険料を安くするサービスを実施しています。このように、30代の方に特別の割引サービスを提供している自動車保険会社に乗り換えるのも、1つの方法です。

とにかく、様々な会社の自動車保険料の見積もりを取得し、その中で、自分の希望する条件を実現してくれる保険会社のうち、最も安い料金を提示してきた会社と契約すれば、保険料は大幅に安くなります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ