50代の自動車保険の相場と選び方

保険の見直しが必要な50代!この世代が割安の保険も

50代になると実際の事故率を反映して、自動車保険料は徐々に上がってきます。しかし、まだまだそれは低額の水準にあります。また、適切な保険会社を選択することにより、保険料の節約が十分に可能です。以下では、50代の自動車保険料の相場とその選び方について解説します。

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

50代の自動車保険料の相場

ホンダフィットクラスの車両で、対人・対物無制限、本人限定の条件で50代に自動車保険に加入した場合の年間保険料は、車両保険付きで約65,000円、車両保険無しで約41,000円となります。この水準はほぼ30代前半の保険料と同水準になります。

保険会社 車両保険あり
(一般型)
車両保険あり
(エコノミー型)
車両保険なし
SBI損保 72,560円 51,800円 34,590円
チューリッヒ 56,090円 47,180円 37,340円
ソニー損保 89,250円 64,610円 44,950円

【見積もり試算条件】
車種:ホンダ・フィットGK3
使用目的;日常・レジャー
年間走行距離:4000km以上~5000km未満
運転免許証:ブルー
年齢制限;30歳以上補償
運転者制限;本人限定

対人・対物:無制限
搭乗者: 1000万円
人身傷害:3000万円

なお、長期間継続して保険に加入されていた方で、その期間が無事故の場合には、ノンフリート等級が相当上に行っています。その場合には、最大で上記の基本保険料の60%の割引を受けることが可能です。ノンフリート等級が高い方は、上記の保険料よりよりも相当に割安の料金となります。

安く加入できる自動車保険会社についてはこちら記事をご覧ください。

50代の自動車保険の選び方

おススメの自動車保険の内容

自動車保険会社には、リスク細分化を行っているところがあります。たとえば、一般の自動車保険では、35歳以上の方の場合、他の条件が同一であれば、一括して同じ保険料額となります。しかし、保険会社には、50代においては1歳刻みの年齢で保険料金を設定しているものもあります。

1歳刻みに保険料を設定していれば、一般的には、35歳以上に一括して同じ保険料を設定している会社よりも、保険料が節約できます。50代においては、こういったリスク細分化を行っているところが、おススメの保険会社となります。

結婚して別居することになった子がいる場合には要注意

50代になると、子供が結婚して別居を始めることも多くなります。そうすると、保険内容の変更が必要になる場合があるので注意が必要です。たとえば、自動車保険に家族限定条件を付けていると、同居の未婚の子は補償対象となりますが、別居している子は補償されません。

したがって、結婚して別居した子が帰省した際、親の自動車を運転する場合には、親の自動車保険から家族限定条件を外しておかないと、万が一の事故の場合に補償を受けることができません。

結婚して別居した子供が親の自動車を運転する可能性がない場合には、親の自動車の保険に家族限定条件をつけたまま年齢条件を引き上げることにより保険料を節約できます。しかし、帰省した際に親の自動車を運転する場合には、保険料が上がっても、家族限定条件を外しておく必要があります。

ノンフリート等級の引継ぎについて

子供が自分名義の自動車を購入して新規に自動車保険に加入する場合、親のノンフリート等級が高い場合には、親が自分のノンフリート等級を子供に引き継がせて、自分は新規のノンフリート6等級で新たに保険に入り直す方法により保険料を節約する方法があります。

一般的なノンフリート等級は16等級から20等級までが割引率60%です。親が子の等級に該当する場合、子にこの等級を譲れば、年齢の低い子は、高額な基本保険料に対して相対的に大きな割引を受けることができます。

高い等級を譲った親は、新規6等級から保険契約をやり直すわけですが、年齢の高い親の場合には、基本保険料が低額ですから、子に譲ったことにより等級が下がっても、それほど大きな損失は被りません。よって、親子が支払う保険料の総額においては、保険料の節約になります。

無事故または事故の少ない方が50代になりますと、ノンフリート等級は60%割引かそれに近い割引を受けることができる水準に達しています。子供も丁度自動車運転適齢期を迎えるころですので、この方法による保険料の節約が十分に考えられます。

50代の自動車保険満足度ランキング

50代の方には、どのような自動車保険が満足できるのでしょうか?「価格.com」と「オリコン」が毎年、年代別の自動車保険満足度調査を行っているので自動車保険選びの参考にしましょう。

価格.comの50代自動車保険満足度ランキング

順位 保険会社 ポイント
1 三井ダイレクト損害保険 74.6
2 ソニー損害保険 73.18
3 セゾン自動車火災保険 73.01
4 チューリッヒ保険会社 72.88
5 SBI損害保険 71.29

オリコンの50代自動車保険満足度ランキング

順位 保険会社 ポイント
1 三井ダイレクト損害保険 76.17
2 イーデザイン損害保険 75.97
3 ソニー損害保険 75.85
4 セゾン自動車火災保険 75.79
5 チューリッヒ保険 74.61

40代・50代が納得できる「おとなの自動車保険」

おとなの自動車保険 セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」は40代以上の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。保険を乗り換える際には「おとなの自動車保険」も検討してみてはいかがでしょうか?
※今なら新規ご契約で1,000円相当のお米ギフトカードをプレゼント中♪
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
おとなの自動車保険
40代・50代の保険料が割安!事故対応も万全
おとなの自動車保険
一括見積もりではありませんが、当サイトおすすめの自動車保険です。40代・50代の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。
詳細はこちら お見積もりはこちら
※今なら新規ご契約で2,000円相当のグルメギフトカードをプレゼント中♪
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ