20代(21歳以上)の自動車保険の相場と選び方

20代から始める保険料節約テクニック!

20代前半の方ではじめて自動車保険に入られる方、または、以前から自動車保険に加入していて21歳以上になられた方もいると思います。そこで、以下では、20代、特に21歳~25歳の方の自動車保険の相場と選び方について解説します。

本記事では、21歳~25歳を20代前半と表現しています。多くの自動車保険の年齢条件では「21歳以上補償」となっており、20歳は未成年と同様と扱われます。
※カンタン入力、無料の一括見積もり「保険スクエアbang!」へ

20代前半の自動車保険の相場

20代前半の自動車保険料の相場は、たとえば、ホンダ・フィットといったコンパクトカークラスの車両で、対人・対物無制限、車両保険付きだと年間約120,000円、車両保険無しで年間約65,000円が相場となっています。

この金額は、20歳以下と比べて、車両保険付きで約20,000円、車両保険無しで約7,000円ほど安くなっています。

保険会社 車両保険あり
(一般型)
車両保険あり
(エコノミー型)
車両保険なし
SBI損保 132,960円 93,060円 71,480円
チューリッヒ 106,310円 83,540円 60,860円
ソニー損保 139,660円 102,420円 72,710円

【見積もり試算条件】
車種:ホンダ・フィットGK3
使用目的;日常・レジャー
年間走行距離:4000km以上~5000km未満
運転免許証:ブルー
年齢制限;21歳以上補償
運転者制限;本人限定

対人・対物:無制限
搭乗者: 1000万円
人身傷害:3000万円

20代の方が安く加入できる自動車保険会社についてはこちら記事をご覧ください。

20代(21歳以上)の自動車保険の選び方

21歳を迎えると自分名義の自動車を購入しやすくなる

未成年のときにすでに免許を取得していて親名義の自動車を運転していた方が、21歳を迎えた場合には、自分名義の自動車を購入するチャンスとなります。

21歳を迎えると、それ以前に比べ年齢条件に「21歳以上補償」を設定できるため保険料が随分安くなりますし、親の加入している保険と同じ保険に入り、セット割引を受けるという方法もあります。

年齢条件を付帯する場合は21歳未満に車を運転させないこと
年齢条件を「21歳以上補償」に設定すると、21歳以上の人が運転する場合にしか保険が適用されません。21歳未満の友達に車を運転させて万が一事故を起こしたとしても保険金が支払われないため注意しましょう。また運転者限定条件を付帯している場合には運転者の範囲にも気を付けましょう。

最初はノンフリート等級を昇給させることが大切

20代前半の自動車保険の加入の考え方は、基本的には未成年者の方の場合と大差はありません。保険に入りたての若い方にとっては、ノンフリート等級を引き上げることが重要です。

保険期間中に交通事故を起こさなければ、毎年1等級づつ昇級してゆきます。このノンフリート等級の引き上げが保険料の節約にとって極めて重要です。

ちなみに、ある損保会社の保険料でみますと、新規加入の等級はノンフリート等級6等級ですが、21歳以上補償では、基本保険料の3%割増しとなります。

最初の保険加入期間(1年間)無事故だと、翌年度は7等級に昇級します。すると基本保険料は11%割引になります。翌年度は無事故だと差引14%の割引となります。

20代前半の方が保険料を節約するテクニック

10代の頃から比べて幾分安くなったとは言えまだまだ高い保険料。これは若者が支払うにはなかなかの重荷となります。そこで少しでも保険料を節約するためのポイントをご紹介しましょう。

車両料率クラスが低い「中古車」という選択

保険料を決定する条件として、すべての車種には車両料率クラスというものが設定されています。これは車のリスクを表す数字で高いほど事故のリスクが高いことを示しています。

最新の車種、事故を起こしやすい車種、事故被害が大きくなりやすい車種、車両価格が高い車種、盗難被害に遭いやすい車種ほど車両料率クラスは高くなり、保険料も高くなる傾向にあります。

    【車両料率クラスが高く、保険料も高くなる車種】
  • 高級車
  • ハイブリッドカー
  • スポーツカー
  • SUV

逆に型落ちしたコンパクトカーの中古車などは車両料率クラスが低く保険料も安くなります。20代前半で車を購入する際には、新車ではなく中古車を選択するのも一つの手でしょう。

後述するように中古車は車両保険を付帯する必要も薄くなるため更に保険料を割安にすることが可能です。

車両保険が本当に必要なのか?

保険料の多くの割合を車両保険が占めています。そのため、保険料を安くするには車両保険の検討から進めていくのが良いでしょう。まずはそもそも車両保険を付帯する必要があるのか?という所から検討する必要があります。

車両保険では、車両の時価額分の保険金しか支払われません。最新の高級車やスポーツカーを新車で購入する場合には、購入時の金額がそのまま時価額となるため、たとえ事故により車両が損壊しても購入時の金額が保険金として支払われます。

しかし、時価額が下がっている中古車にはほとんど保険金が支払われないため、車両保険を付帯する必要性が薄いのです。

もし車両保険を付帯する場合には、保険料が高くなることを懸念されるかもしれませんが、幸いにも車両保険にはタイプ別の補償内容(一般型・エコノミー型)や、免責金額といった仕組みがあり、補償範囲と保険料のバランスを細かく設定できるようになっています。

エコノミー型を選択したり、免責金額を適切に設定して車両保険を安くすることが、20代前半の賢い自動車保険の選び方と言えるでしょう。

親の等級を引き継ぐことで保険料を安くする

親の自動車保険のノンフリート等級が高い場合、21歳を向かえた子が親のノンフリート等級を引きついで新規に自動車保険に加入することで、最初から高い等級でスタートすることが可能です。これにより保険料が大幅に割安となります。

等級を子に譲渡した親も保険に新規加入することになりますが、年齢が高いため安く加入することができます。

運転者本人限定条件を附帯して保険料を安くする

単身者の場合には、運転者本人限定条件を付けることで保険料を節約する方法があります。運転者限定条件には、家族限定条件、配偶者限定条件などさまざまありますが、少数ですが、本人限定条件を自動車保険に設定している保険会社もあります。

20代前半の方は単身者の方も多いと思いますから、そのような方は、本人限定条件を設定している保険会社を選んで、この条件を附帯した自動車保険に加入すれば、保険料を割引くことができます。

20代の自動車保険満足度ランキング

20代の方には、どのような自動車保険が満足できるのでしょうか?「価格.com」が毎年、年代別の自動車保険満足度調査を行っているので自動車保険選びの参考にしましょう。

順位 保険会社 ポイント
1 三井ダイレクト損害保険 73.4
2 SBI損害保険 72.72
3 ソニー損害保険 72.02
4 イーデザイン損害保険 71.6
5 チューリッヒ保険会社 71.5
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
NTTイフ
NTTイフだけの便利な特典が多数!日常生活をサポートしてくれます

NTTイフの注目すべき点は豊富なキャンペーンや特典です!宿泊・娯楽施設の割引、ホームアシスタント、弁護士無料相談、無料ロードサービスといったお得なサービスがついてきます!このような特典は他にはありません!きっとあなたの日常生活の支えになってくれるでしょう。

ホテル、遊園地、映画館などが割引になる特典で休日も楽しんじゃいましょう♪
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ