自動車保険の一括見積もりでチェックすべきポイント

mitsumori-kekka

自動車保険の一括見積もりを取ると、複数の会社から指定した補償内容に合わせた保険プランと保険料金の見積もりが送られてきます。その中から自分が加入する自動車保険を決定するわけですが、その際に、チェックすべきいくつかのポイントがあります。以下では、そのポイントについて述べていきます。

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

人身傷害補償保険について

ポイントの1つ目は、「人身傷害補償保険」の内容です。各社から取り寄せた保険料の見積もりに大きな差が出る場合、この「人身傷害補償保険」の内容に相違があるケースが多くなります。

「人身傷害補償保険」とは、記名被保険者やその同乗者が契約車両に搭乗中に、交通事故で死傷または後遺障害が残った場合に補償金を受けることができる保険のことです。自動車保険の基本補償の一つで、ほとんどの自動車保険にはこの保険が付けられています。

この「人身傷害補償保険」には2つのタイプがあります。

  • 車内+車外補償型:記名被保険者が契約車両に搭乗中の事故の場合はもちろん、契約車両以外の車両に搭乗中の事故や、歩行中に巻き込まれた事故も補償するタイプ
  • 車内のみ補償型:記名被保険者が契約車両に搭乗中の事故のみ補償するタイプ

補償する事故の対象が広ければ広いほど保険料は高額になります。しかし、他車搭乗中や歩行中の事故の際にも補償が受けられるというのも魅力的です。「一人暮らしだから補償は契約車両搭乗中でよい」だとか、「家族が多いから車外での補償も必要」だとか、いろいろな考えがあると思います。

「人身傷害補償保険」は、保険料に差が付く大きな項目です。自分にぴったりあった補償内容の人身傷害補償保険であるか、また、その保険料は適切かということは、保険料の見積もりの際の重要なポイントとなります。

無保険車傷害保険自損事故傷害保険について

また、「無保険者傷害保険」や「自損事故傷害保険」も、「人身傷害補償保険」に比べるとマイナーな保険ですが、この保険について見直すことも重要です。しかし、マイナー保険であっても、保険料の見積もりの際には重要なポイントとなります。

ちなみに、「無保険者傷害保険」は交通事故の相手方が自動車保険に加入していない場合や、相手方に資力がなく十分な補償が受けれない場合に、補償を受けることができる保険です。

また、「自損事故傷害保険」は、自分で電柱に自動車をぶつけて怪我をしたなどの自損事故を起こしてしまい、相手方がないので相手方から補償を受けることができないといった場合に、自分が加入している自動車保険から補償金を受け取ることができる保険です。

これらの補償については、「人身傷害補償保険」と補償内容が重複するので、「人身傷害補償保険」で補償することにして、これらの保険をかけない場合があります。これにより保険料を節約できます。

ただし、「人身傷害補償保険」の補償金額が少額の場合、「人身傷害補償保険」では「無保険者傷害保険」や「自損事故傷害保険」の補償範囲を十分にカバーできない場合があります。

ですから、見積もりの際には、「無保険者傷害保険」や「自損事故傷害保険」は「人身傷害補償保険」は十分にカバーできるのか否かやこれらの保険に入った場合の保険料等を検討し、「無保険者傷害保険」や「自損事故傷害保険」に加入するか否かを検討します。この見当も見積もりの際の重要なポイントとなります。

ロードサービスの充実度について

なお、ロードサービスの充実度もチェックしておきます。旅行先など自宅から遠く離れた場所で自動車事故を起こした場合には、レッカー費用などが非常に高額になります。よって、50㎞から100㎞程度の無料レッカーサービスを付けたロードサービスを用意している自動車保険会社と契約したいものです。

また、自宅から遠方で事故を起こした場合に、保険から宿泊費、帰宅費が支給されたり、車の引き取りや納車を無料で行う補償が付いている保険だと大変安心です。これらのロードサービスの充実度も見積もりの際の重要なポイントとなります。

年齢条件について

最後に、ほとんどの自動車保険には年齢条件が付されています。年齢条件とは「21歳以上補償」だとか「35歳以上補償」等と保険契約に年齢に関する条件を付けることで、その年齢条件に当てはまる人が事故を起こした場合のみ補償することにより、保険料の一部を割引くことです。

同一の補償内容の自動車保険に関して、この年齢条件の設定により保険料は大きく変わってきます。また、自動車保険会社各社でも、それぞれの年齢条件による割引率が異なります。

自分の運転スタイルに最適の年齢条件を設定した場合、どこの自動車保険の保険料が一番安い保険料で済むのかを調べるのは見積もりの際に必須です。よって、この年齢条件も見積もりの際の重要なポイントとなります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
おとなの自動車保険
40代・50代の保険料が割安!事故対応も万全
おとなの自動車保険
一括見積もりではありませんが、当サイトおすすめの自動車保険です。40代・50代の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。
詳細はこちら お見積もりはこちら
※今なら新規ご契約で2,000円相当のグルメギフトカードをプレゼント中♪
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ