自動車保険の名義変更、友人から車を譲られたらどうする?


車の譲渡に伴う名義変更の手続き

 友人から車を譲ってもらう場合、車検証に記載されている名義を変更する必要があります。名義変更の手続きは管轄の運輸支局で行いますが、事前に運輸支局に提出する書類を用意しておく必要があります。書類は数が多いので計画的に集めておきましょう。

車に乗る女の子

事前に用意しておく書類など

書類など 内容 取得元
譲渡証明書 車を新所有者に譲渡したことを示す書類です。旧所有者の押印が必要となります。 運輸支局の
Webページ
委任状 新所有者が車の名義変更を行う場合、旧所有者が名義変更の手続きを新所有者に委任したということを証明します。 運輸支局の
Webページ
旧所有者の
印鑑証明書
旧所有者が書類に押印した印鑑が実印であることを証明します。発行されてから3ヶ月以内のものでなくてはなりません。 役所
新所有者の
印鑑証明書
新所有者が書類に押印した印鑑が実印であることを証明します。旧所有者と新所有者の両方の印鑑証明書が必要です。発行されてから3ヶ月以内のものでなくてはなりません。 役所
車検証 譲渡する車両が保安基準に適合していることを証明します。有効期限が切れていないことを確認しましょう。 警察署
新所有者の
車庫証明書
新所有者が車を格納する場所を持っていることを証明します。 警察署
ナンバープレート 運輸支局の管轄が変更になりナンバープレートの変更が伴う場合には、車からナンバープレートを外して持参します。

 印鑑証明書は、市役所や町村役場、車庫証明書は所轄の警察署、譲渡証明書や委任状は運輸支局のWebページから入手することができます。車検証は一般的に車に常時備え付けているものですが、再交付が必要な場合には運輸支局で再発行の手続きを行ないます。

運輸支局での申し込み手続き

 運輸支局の窓口で、手数料納付書自動車税・自動車取得税申告書申請書を受け取り必要事項を記入します。そして所定の手続きを行ない、新しい車検証とナンバープレート(管轄が変更になる場合)の交付を受ければ自動車の名義変更が完了します。そして名義変更と同時にする必要があるのが自動車保険への加入です。

軽自動車の譲渡を受ける場合

 軽自動車の場合、運輸支局ではなく各都道府県の軽自動車検査協会で手続きを行うことになります。運輸支局との手続きの大きな違いは実印が必要ではないことです。認印があればよいので、印鑑証明の発行手続きを省略することができます。

事前に用意しておく書類など

書類など 内容 取得元
新使用者の印鑑 申込書に認印をするために必要です。
新旧所有者の印鑑 申込書に認め印をするために必要です
車検証 譲渡する車両が保安基準に適合していることを証明します。有効期限が切れていないことを確認しましょう。 警察署
住民票
または
印鑑証明書
新使用者の住所を確認するために必要です 役所
自賠責保険証明書 使用者が変更になった場合に必要になります。 加入している
保険会社
ナンバープレート 管轄が変更になりナンバープレートの変更が伴う場合には、車からナンバープレートを外して持参します。

軽自動車検査協会の事務所または支所での申し込み手続き

 軽自動車検査協会の管轄支店事務所の窓口で、自動車検査証記入申請書軽自動車税申告書・自動車取得税申告書を受け取り必要事項を記入します。そして所定の手続きを行ない、新しい車検証とナンバープレート(管轄が変更になる場合)の交付を受ければ軽自動車の名義変更が完了します。普通自動車同様に自動車保険への加入が必要です。

任意保険に加入するタイミング

女性・ブルーバック

 車の名義変更の手続きと同時に任意保険の手続きもする必要があります。友人の車にかけられていた保険を解約してもらって、新たに保険加入の手続きを行います。友人から車を譲られる場合は、その車にかけられている保険までは譲渡できないので、新たに自分で保険に加入する必要があるためです。なお、同居の親族間で車を譲渡する場合には保険も譲渡可能です。

 ここで問題となるのは車の名義変更の手続きと自動車保険の解約・新規契約の手続きはどういったタイミングで行うかということです。これは自動車保険会社によって異なるためあらかじめ自動車保険会社に確認しておく必要があります。

先に車両の名義変更をする場合

 名義変更のタイミングは保険加入後でもいいのですが、名義変更後の運輸支局の管轄の変更に伴いナンバープレートが変更になる場合などは、名義変更後の登録番号が分からないと自動車保険の一括見積もりにかけられず、新しく保険に加入する際に不便なので、先に名義変更を行っておくことをお勧めします。

 保険を契約・再契約する際には、解約日と新しい保険の保険始期日を同日にしなければなりません。これは保険の空白期間を作らないためです。社会通念上、無保険状態の車を公道で走らせるべきではありません。万が一その期間に事故が発生してしまえば、多額の賠償金を支払う可能性もあります。

 車の名義変更をした後に保険の解約・新規契約をする流れは以下のように行えばスムーズに進みます。先に名義変更をすると友人の保険なのに車の名義は自分という状態になってしまいますが、古い保険の解約日までは友人が車を運転すると言うことを保険会社に伝えておけば問題ないケースがほとんどです。

順序 イベント 友人 自分 車の保険状態 車の名義状態
1 旧保険 友人
2 車の名義変更
手続き
旧保険 自分
3
4 旧保険解約
手続き
5 新保険契約
手続き
6 旧保険解約日
新保険始期日
新保険

先に自動車保険の解約・新規契約の手続きを行う場合

 一部の保険会社では、車の名義変更を先に行ってしまうと例え友人がその車に乗っていても保険の効力を発揮しない場合があります。そのような場合には、先に保険の解約・新規契約をした後に、新しい保険の始期日以降に車の名義変更を行います。

 新しい保険の始期日から車の名義変更をするまでの間は名義が友人となっていますが、新しい保険を契約する際にその旨をあらかじめ保険会社に伝えておけば大丈夫です。始期日が開始したら出来るだけ早く車の名義変更を行い、名義変更が完了したら保険会社に連絡しましょう。

順序 イベント 友人 自分 車の保険状態 車の名義状態
1 旧保険 友人
2 旧保険解約
手続き
3 新保険契約
手続き
4 旧保険解約日
新保険始期日
新保険
5 車の名義変更
手続き
自分
6 名義変更した事を保険会社に通知

 いずれの場合も、保険の内容と車の名義の間に不整合がある期間が生じることは避けられません。無用なトラブルを防ぐためには、必ず保険会社に名義変更の手続きについて問い合わせを行いましょう。

 新たに任意保険に加入する際には、複数の保険会社から無料で保険料の見積もりを取ることができる自動車保険の一括見積もりサービスが便利です。このサービスを利用すると一度で複数の保険会社にまとめて見積もり依頼を出すことができます。利用は無料ですから、どんどん活用して比較検討に役立てていきましょう。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ