親子間で自動車保険を譲渡・名義変更するには?


家族間での等級の引き継ぎ

 友人から車を譲ってもらった場合は、保険の譲渡はできないため保険に新規契約しなければなりませんでした。

 しかし、家族同士で車を譲渡する場合には一定の条件を満たすことで自動車保険の等級も引き継ぐことができるのです。例えば父親が加入していた自動車保険を、ほとんど車が乗る機会が無くなったため、息子に引き継がせて高い割引率で保険を契約させたり、夫に万が一のことがあり妻が夫の加入する自動車保険を引き継いだりする時などに活用することができます。

車に乗り込む女性

 譲渡する車が長い間無事故であったなら保険が高い等級となっており、割引率が高く保険料が安く収まるため、新契約をする必要のある家族にとって等級を引き継ぐメリットが大きくなります。家族間には祖父や祖母から孫への引き継ぎも含まれます。車を運転する機会が無くなった高齢者の祖父や祖母が、孫に自動車保険を引き継がせれば、高い保険料で契約すること無く、割引率の高い料率で孫が自動車保険を契約することができます。

保険を譲る前に確認しておきたいこと

保険を譲渡できる条件

 車を家族に譲渡する場合、その車で加入していた自動車保険はどうなるでしょうか?基本的には車を譲渡する相手が同居の親族であれば保険の等級も引き継ぐことができます。自動車保険を譲渡できるのは次のケースです。

  • 配偶者間での譲渡
  • 同居の親族間での譲渡
  • 個人事業主が契約を法人契約に変更する際に、個人から法人への譲渡
  • 法人契約を個人契約に変更した際に、法人から個人への譲渡

 気を付けなければならないのは等級を譲ることができる親族は同居している場合に限るということです。上京して離れて暮らしている息子には等級は継承できないので注意が必要です。また上記のケースに該当しない友人・知人にも等級を継承できません。

 もし子どもや孫に引き継ぐことを考えている場合には、同居している間に手続きをしておくようにしましょう。引き継ぎの際の手続き方法は、保険代理店に連絡し必要事項を記入して提出するだけですから、さほど難しくはありません。ダイレクト型などの場合は保険会社に直接問い合わせをするだけで完了します。

現在の保険の等級をチェック!

 親族間で車を譲渡する場合には、まずその車が7等級以上であることを確認してください。新規契約すれば6等級からのスタートですので、少なくとも譲渡する車の等級が7等級以上でないと保険を譲渡する意味はありません。また、以前その車で事故を起こしていて等級が5級以下だと、逆に割り増しになってしまいます。

他社の自動車保険にも等級を引き継げるか

 家族間の等級引き継ぎは、他社の自動車保険への引き継ぎでも適用されます。民間の損害保険会社であればどの保険会社であっても引き継ぎは簡単にできます。ただし、共済に関しては条件があったり、適用されないケースもあったりしますから、事前に問合せをしておくことが必要です。適用の可否を事前に確かめておくと良いのが、教職員共済や全自共の場合です。

家族に等級を譲渡する手続き

3世代ファミリー
 家族に保険を譲渡するにはいくつかのケースがあるので、ケース別に手続きを解説します。保険の名義変更だけではなく、車両の名義変更や保険の車両入替の手続きが必要な場合もあり若干手続きが複雑になります。

CASE1:父親「もう車に乗らない!」初めての車を検討していた息子「車と保険が欲しい」

 車に乗る必要がなくなったため、車と保険を他の家族に譲渡するケースです。車に乗らなくなったからといって、保険を解約してこれまで蓄積してきた等級を無駄にすることはありません。車と一緒に保険も他の家族に譲渡することで高い等級でスタートできるため保険料が割安になります。

順序 誰が どういった
手続きをするの?
手続き後の
父親の状態
手続き後の
息子の状態
初期状態 車を所有し
等級が高いけど乗らない
車を所有していない
父親 車両の名義を父親から息子に変更する 車を所有していない 父親の車を譲渡された
父親 保険の名義を父親から息子に変更する 車を所有していない 父親の保険を譲渡された
結果 持っていた車と保険を有効活用できた 車を新規購入しなくて済み、父親から高い等級を引き継いだため新規加入するより保険料を安くできた

CASE2:父親「もう車に乗らない!」車を所有している息子「保険が欲しい」

 家族がすでに車を所有している場合には、等級だけを譲ることも可能です。例えば父親がもう車に乗る必要がなくなり、車を所持している息子に等級だけを譲るような場合です。

 父親が高い等級を持っているならば、その等級を息子が引き継ぐことで息子の保険料を安くすることができます。その際には、名義変更だけでは無く車両入替の手続きも必要になることがポイントです。

順序 誰が どういった
手続きをするの?
手続き後の
父親の車A
手続き後の
息子の車B
初期状態 父親の保険
等級が高いけど乗らない
息子の保険
等級が低い
息子 自分の保険を解約
7等級以上の場合は中断証明書を申請
父親の保険 無保険
父親 車両入替をして車Aと車Bを入れ替える 無保険 父親の保険
父親 保険の名義を父親から息子に変更する 無保険 父親の保険が譲渡されて自分の保険となる
父親 自分の車の廃車手続きをする 廃車 父親から譲渡された保険
結果 もう乗らない自分の車を廃車にし、持っていた保険も有効活用できた 父親から高い等級を引き継いだため新規加入するより保険料を安くできた

CASE3:父親「車には引き続き乗る」初めての車を検討していた息子「保険だけ欲しい」

 裏ワザ的な方法ですが、家族が新たに車を購入した場合に、年齢と等級の高い親族から等級だけを引き継ぎ、等級を渡した親族は新たに保険に入り直すことで、家族全体の保険料を安くする方法があります。

 等級を引き継いだ側は等級が高いため保険料が安くなり、新たに保険に入り直す側は6等級からのスタートとなりますが年齢が高いため保険料が安くなるのです。

順序 誰が どういった
手続きをするの?
手続き後の
父親の車A
手続き後の
息子の車B
初期状態 父親の保険
等級が高い
保険はまだ未加入
父親 車両入替をして車Aと車Bを入れ替える 無保険 父親の保険
父親 保険の名義を父親から息子に変更する 無保険 父親の保険が譲渡されて自分の保険となる
父親 保険の新規契約をする 新規加入した保険 父親から譲渡された保険
結果 新規加入でも年齢が高いため保険料を安くできた 父親から高い等級を引き継いだため新規加入するより保険料を安くできた
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ