車の買い替え時は自動車保険見直しのチャンス!


beautiful Asian  business woman

自動車保険の見直しは、普段はなかなか行いません。最初に契約した保険内容が、そのまま何年も続くというケースがほとんどです。しかし、車の買い替え時は、自動車保険見直しの絶好のチャンスなので、その機会を逃さず、ぜひ、保険の見直しを検討してみましょう。

何故車の買い替え時期が自動車保険の見直しのチャンスになるか

車を買い替える際には、前の車にかけていた自動車任意保険の契約車両を、前の車から、買い替え後に新しく乗る車に変更する手続きが必要です。そのために、新しい車の車検証や、前の車にかけていた自動車保険の保険証書などを用意しなくてはなりません。保険会社の担当者と電話でやり取りをする必要あります。

車検証や自動車保険証書が揃ったり、自動車保険会社の担当者と話をすることは、そんなに多くはありません。というよりは、事故でもない限り、普段は、車検証や自動車保険証書を揃えたり、保管会社の担当者と話をすることはありません。

買い替えの時期は、普段は滅多に起こらないことが起こります。車検証や自動車保険証が手元にあり、保険会社の担当者とやり取りをする機会を利用すれば、簡単に、今までかけていた自動車保険契約の変更(見直し)を行うことができます。それで、車の買い替え時期は自動車保険の見直しの絶好のチャンスとなります。

保険の見直しの方法には2種類ある

保険の見直しには2つの方法があります。

  • 契約している自動車保険会社を変えずに、保険に付帯する特約のみ変更する方法
  • 契約している自動車保険会社を変更し、新しい車は前の車とは別の保険会社と契約する方法

前の車にかけていた自動車保険契約の内容に大きな不満はなく、また、その保険会社が提供する自動車保険のメニューに、自分が新車に付けたいと思う特約が存在するといったような場合には、契約する保険会社を変更しないで保険契約の見直しを行うことになります。

一方、保険料が割高だとか、自分が理想とする自動車事故の補償が実現できないなど、前の車にかけていた自動車保険契約の内容に大きな不満がある場合には、前の車にかけていた自動車保険会社のとの契約は解約し、新車は別の自動車保険会社と契約するという形の保険の見直しを行うことになります。

契約する自動車保険会社を変えた場合には、前の契約のノンフリート等級が初回契約の際に適用される6等級に引き下げられるかもしれない、と心配される方もいらっしゃるでしょうが、保険会社を変えても、前の契約で適用されていたノンフリート等級は、そのまま新しい会社での契約に引き継がれるので、この点は安心できます。

自動車保険見直しにはどんなものがあるか

車の買い替えの際の自動車保険の見直しにはどんなものがあるかというと、例えば、家族限定特約を付帯している保険契約者の方の別居している20歳以下の未婚の子が結婚し、家族の全員が35歳以上となったので、運転者年齢条件特約の年齢を20歳以下から35歳以上に引き上げるというものがあります。

対物超過修理費用特約は、交通事故によるトラブルを防ぐためにはぜひとも付帯しておきたい特約の1つですが、意外にこの特約を付ける契約者は少なくなっています。そこで、車の買い替えの際の保険の見直しのポイントとして、この特約を付帯することもあげられます。

最近は自転車の運転中に歩行所をはねてしまい、歩行者を死亡させたり、重度障害を負わせたりする事故が頻発しますが、個人賠償責任保険に加入しておくと、そういった事故を起こしてしまった際に、相手側に支払うべき損害賠償金として、保険金の支払いを受けることができます。

個人賠償責任保険は、この他、子供が物を壊したり、飼い犬が他人を負傷した場合等、個人が損害賠償金を支払う必要があるケースの大部分を補償してくれるので、非常にメリットの多い保険ですが、自動車保険の特約として契約することもできるので、保険の見直しの際に、この保険を特約として付帯することも可能です。

車買替えの際の保険見直しには一括見積サイトの活用が便利

車の買い替えの際の保険の見直しの際には、インターネット上の自動車保険の一括見積サイトの活用が有効です。これを利用すれば、画面から必要な情報を入力することで、非常に簡単に、複数の保険会社の自動車保険契約の料金を見積りをとることができます。

一括見積を利用しない場合には、保険の見直しを考えるときには、保険会社1社ごとに、電話などで担当者に契約したい自動車保険の内容を伝え、その契約の保険料を教えてもらう必要がありますが、一括見積サイトだと、1回の入力で数社の自動車保険の見積もりが瞬間的に取れるので、大幅に手間が省けます。

自動車保険の契約申し込みの手続きもインターネットから可能なので、一括見積サイトを活用して契約したい自動車保険会社を決めたら、その会社のサイトから契約の申し込みを行うこともできます。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ