子供が免許を取得したタイミングで自動車保険を見直す

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

子供が免許を取得したら自動車保険の見直しを

子供が免許を取得した時は、保険料を見直す良い機会となります。この場合、新しく免許を取得した子供が、親が所有する自動車を共用して運転するのか、それとも、子供が自分自身専用の車を運転するのかで、自動車保険の見直しの方法が異なります。

ビジネスマン 自動車

なお、若年層の自動車保険料はズバ抜けて高いので、子供が免許を取得して自家用車を運転し始めた際の保険料の見直しを適切に行わないと、大きな損失を被る場合がありますので注意が必要です。

子供が親の車を共用する場合

「運転者限定条件」と「年齢限定条件」の見直し

最初に、免許を取得した子供が親が保有する自動車を共用して運転する場合について考えます。この場合、まず、「運転者限定条件」と「年齢限定条件」の見直しを検討します。

子供が免許を取得する前は、「運転者限定条件」は「本人限定」か「夫婦限定」に設定しているものと思います。これは「家族限定」に変更しなくてはなりません。そうしておかないと、子供が契約車両を運転中に事故で死傷しても、補償金を受けることができません。

自動車保険の「運転者限定条件」を「家族限定」にしておけば補償の対象範囲が次のようになります。ですから、同居の子であれば事故の際に補償を受けることができます。

また、「年齢限定条件」も、たとえば、夫婦のみが自動車を運転していた場合には、条件を「35歳以上補償」としていることが多いと思われますが、これを免許を取得した子供に合わせて変更する必要があります。

たとえば、子供さんが高校を卒業してすぐに免許を取得した場合には「全年齢補償」に切り替えますし、子供さんが免許を取得した際の年齢が21歳以上であれば、「21歳以上補償」に切り替えます。

特殊な保険の加入も検討する

なお、年齢限定条件を「全年齢補償」に変更した場合、保険料が突然跳ね上がることがあります。ですから、子供さんがたまにしか自動車を運転しない場合には、保険料がもったいない場合もあります。

そのような場合には、自動車保険会社によっては、運転する日1日単位で入れる保険だとか、夏休みの期間だけ入れる保険があります。ですから、そういった自動車保険を選択して加入する方法があります。

子供特約に入る

また、保険料を節約する方法として、子供特約を付ける方法もあります。子供特約とは、自動車保険の年齢条件を変えずに、子供分の追加保険料を支払えば、子供も補償を受けることができるというものです。

この特約を付けるには、前提として運転者限定条件を「家族限定」に設定しておく必要があります。ですから、従前の条件が「本人限定」や「夫婦限定」であれば、それを変更しておく必要があります。

この子供特約を付けた場合には、自動車保険契約の年齢限定条件を「全年齢補償」としなくても、子供に対する補償が可能となります。「全年齢補償」は非常に保険料が高くなりますから、子供特約を利用できれば、保険料の節約ができます。

子供が自分専用の車を持つ場合

一方、免許を取得した子供が自分専用の自動車を持つ場合には、原則として、子供自身が自分名義で自動車保険契約を締結することになります。しかし、この場合にも、保険料を節約する方法があります。

親の保険を引き継ぐ

たとえば、親の自動車保険契約がノンフリート等級20等級で63%割引が適用されているとします。新しく車を購入した場合には、保険の引継ぎが可能です。ですから、子供が新しく自動車を入手した際には、親の自動車保険のノンフリート等級を引きついで契約することができます。

ですから、子供の自動車保険はノンフリート等級20等級(63%割引)で新たに契約します。親の自動車は、新規に保険契約を結びます。新規契約のノンフリート等級は6等級(19%割引)です。

若年層の自動車保険料は非常に高額になります。一方、親の年齢の自動車保険料はそんなに高額にはなりません。ですから、親の保険料の割引率が19%でも、若年層の高額の保険料を63%割り引ければ、親は親、子供は子供で契約するよりも、家族が支払う保険料の総額は節約できることになります。

詳細な手続き方法は次のCASE.3をご参照ください。

車両保険に免責額を設定する

また、子供さんの補償を既存の自動車保険に加えると、保険料がどうしても高くなります。その際には、保険料に大きな割合を占める車両保険の見直しが考えられます。

ノンフリート制度の改正で、軽微な車両事故であれば、自費で修理を行った方がノンフリート等級が下がらず、将来的な保険料の節約につながるようになりました。そこで、車両保険に免責額を付けて、軽微な車両事故であれば保険を使わない方が増えてきております。

免責額を付ければ保険料をだいぶ節約できます。免責額を設定しても、その設定により被る不利益は、ノンフリート制度の改正により小さくなりました。そのため、子供さんへの補償を加えたことによる保険料上昇の対策として、車両保険に免責額を設けて保険料を節約する方法が上げられます。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
おとなの自動車保険
40代・50代の保険料が割安!事故対応も万全
おとなの自動車保険
一括見積もりではありませんが、当サイトおすすめの自動車保険です。40代・50代の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。
詳細はこちら お見積もりはこちら
※今なら新規ご契約で2,000円相当のグルメギフトカードをプレゼント中♪
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ