保険に加入する前に検討すべきこと「補償内容と補償額」 | 自動車保険ビギナー

保険に加入する前に検討すべきこと「補償内容と補償額」

 自動車保険に契約する場合にまず最初にやらなくてはならないのは、自動車保険の補償内容とそれぞれの補償額を決めることです。自動車保険の補償内容については、保険会社のサイト、パンフレット、契約のしおり、重要事項説明書をしっかりと読むことが大切です。

 基本的な補償内容については当サイトの自動車保険の基礎知識にも掲載していますので、合わせて読んでいただけたらと思います。

 補償額やどの保険を付けるかについては、付帯が必須の保険もありますが、自分で補償額や付帯の有無を決められるものもあります。どの保険を付帯するかはユーザーが保険料と相談して決めることになりますが、新車の自動車保険を契約する際には、次の補償額に設定することをオススメします。

保険の種類 推奨保険金額
対人賠償責任保険 無制限
対物賠償責任保険 無制限
人身傷害補償保険 5,000万円~1億円
搭乗者傷害保険 500万円
自損事故傷害保険 1,500万円
無保険車傷害保険 2億円
車両保険 車の市場価格(一般車両保険)
対人賠償責任保険
対人賠償責任保険はどの保険会社でも基本補償として必ず付帯される保険です。もし自動車事故を起こして相手を死傷させてしまったら、その賠償額は相当な高額となり、場合によっては1億円を超えることもあります。したがって保険金額は無制限にするのが一般的です。

保険会社によっては無制限で固定されているところもあります。もし1億円などに変更できたとしても保険料はほとんど変わらないため、万が一の事態に備えるという意味でも無制限で設定しましょう。

対人賠償責任保険の内容
対物賠償責任保険
対物賠償責任保険も対人賠償責任保険と同様に高額賠償が発生する可能性があります。過去の判決事例によると店舗に突っ込んでしまったり、高価な物品を積んだトラックと衝突してしまった場合には1~2億円もの損害が発生しています。したがって対物賠償責任保険も対人賠償責任保険と同様に無制限で加入したほうが良いでしょう。
対物賠償責任保険の内容
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険の保険金額は保険料とのバランスを見て決めましょう。一般的には3,000万円~5,000万円を選択する場合が多いようですが、自動車事故の損害額を見てみますと、死亡の場合は5,000万円~1億円、重度後遺障害になった場合は1億円~1億5,000万円にもなります。搭乗者が生命保険などに加入していることを考慮して5,000万円~1億円にすることをオススメします。
人身傷害補償保険の内容
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険の保険金額は通常1,000万円ですが、もし人身傷害補償保険に加入しているならばもう少し安くても良いかもしれません。保険会社によっては人身傷害補償保険に入っているなら外すこともできます。
搭乗者傷害保険の内容
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険は対人賠償責任保険に自動付帯されている保険です。また保険金額も2億円で設定されており変更することは出来ません。
無保険車傷害保険の内容
自損事故傷害保険
自損事故傷害保険は対人賠償責任保険に自動付帯されている保険です。保険金額は1,500万円で設定されており変更することは出来ません。ただし人身傷害補償保険に加入していれば補償内容が重複してしまうため、保険会社によっては自損事故傷害保険を外せるようにして、保険料を軽減できる場合もあります。
自損事故傷害保険の内容
車両保険
車両保険の保険金額は好きなように設定できるわけではなく、車の市場価格が補償金額となります。車の市場価値は年数を経るごとに減っていくので、市場価値が下がってしまった中古車ではあまり入る意味がありません。また車両保険のタイプにも補償する範囲に応じて「一般車両保険」「エコノミー車両保険」などがあります。新車のうちは補償の範囲が広い「一般車両保険」で契約しておいて、年数が経ったら「エコノミー自動車保険」、「車両保険無し」などに変更することで保険料を抑えることが出来ます。
車両保険の内容
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
おとなの自動車保険
40代・50代の保険料が割安!事故対応も万全
保険スクエアbang!
一括見積もりではありませんが、当サイトおすすめの自動車保険です。40代・50代の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。
詳細はこちら お見積もりはこちら
※今なら新規ご契約で1,000円相当のお米ギフトカードをプレゼント中♪
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ