賢い自動車保険の選び方


車・女性

補償の条件を必ず確認しておくこと

当然のことですが、自動車保険の最大のポイントとなるのはやはり補償内容です。どこまで補償してもらえるのか、どれぐらい補償してもらえるのかをあらかじめ確認しておく必要があります。手厚い補償が受けられれば受けられるほど保険料が高くなっていくわけですから、その点のバランスが求められるのです。

問題なのは、どこまで補償を受けるかという点でしょう。対人賠償保険と対物賠償保険は必要不可欠であるとして、それ以外の補償をどこまで揃えておくかが重要となります。前者2つは相手方に対して損害賠償の責任が発生した時のためのものですが、自分が被害者になった時に補償してもらえるものも用意しておきたいところです。

対人賠償、対物賠償を検討する際には保険金の条件を必ず確認しておきましょう。人身事故を起こしてしまった場合などは、1,000万円を超える高額の賠償金が発生することもあります。保険金に上限がある場合には十分な補償が得られない可能性があるため、できれば無制限での契約が望まれます。

怪我への補償までか、車両への補償も加えるか

自分が受け取り対象となる補償では、対人補償までに留めておくか、車両までの補償を含めるかが自動車保険選びの非常に重要なポイントとなってきます。怪我をした場合だけでなく、事故で車が損傷を受けた場合には修理費用など高額のお金がかかります。そこまで補償しておくかどうかによって大きな差がでます。

たとえば自分が運転中に怪我をした時だけ補償してもらいたい場合には、人身傷害保険のみでも十分です。しかし家族や友人などを乗せる機会が多い場合には、万一の際に備えた搭乗者傷害保険も視野に入れておくべきですし、自損事故の場合に補償してもらえる自損事故傷害保険なども選択肢に入るでしょう。

特約をどこまでカバーするか

賢い自動車保険の選び方において、難しいポイントとなるのが特約です。上記の補償でも特約として契約するものがありますが、そのほかにもさまざまな種類の特約が用意されています。事故を起こしても等級が下がらないサービスや、事故の際の弁護士の費用を補償してくれるものなどが挙げられるでしょう。

さらに、万一のシチュエーションも考慮したうえでの補償内容の確認も大事です。車が盗まれてしまったり、友人に貸した時に事故を起こしてしまった場合といった万一の際にも補償してもらえる、ドライバー保険などもあります。日常での使用を想定して補償内容を決めるのが大前提ですが、こうした万一の時の備えについても検討しておくことが必要です。

保険会社ごとに異なる特約の内容

検討の際に難しいのは保険会社によって特約の内容が異なるうえ、どの特約を組み合わせるかで保険料がかなり違ってくることです。基本的な条件ではA社の方が保険料が安い場合でも、特約を加えるとB社の方が安くなる、といったケースも見られます。必要な特約だけを厳選したうえで比較検討を行うようにしましょう。

さらにもうひとつ、賢い自動車保険の選び方の鍵となるのが無料のロードサービスです。万一、車が故障した場合にすぐに対応してくれるか、車両の搬送や代わりに使用する交通機関の費用の補償、宿泊を余儀なくされた場合の宿泊費用の補償など、できるだけ充実したものを選びたいものです。

ダイレクト型か通販型かの選択

保険業界にはダイレクト型と店舗型の2種類の会社が存在します。前者は代理店を持たずにネットや電話、メールなどで契約を行うタイプ、後者は代理店を経営し、スタッフと対面で話し合いを行いながら契約を行うタイプです。両者の違いをしっかり把握しておくことも検討の上では大事です。

自動車保険の比較を行う場合、どうしても価格面を優先して比較検討してしまいがちです。そうなるとダイレクト型の方が評価が高くなるのですが、代理店がないためにきめ細かなサービスが行われない面もありますので、ダイレクト型のサービス内容と評価をしっかりと確認しておきましょう。いざという時に役立ってくれるのが、口コミ情報です。利用者の声を知ることができるので、参考にしてみるとよいでしょう。

見積もり依頼をうまく活用する

インターネットを利用すれば、各保険会社へ手軽に見積もり依頼を出すことができます。車種や年式など基本情報を入力するだけで、大まかな保険料を算出してもらうことができるので、予算に合った保険商品を容易に絞り込んでいくことが可能です。

見積もり依頼の際には、一括見積もりサービスを活用すると便利です。1社ごとに見積もりを出していては大変です。このサービスなら一度で複数の保険会社にまとめて見積もり依頼を出すことができます。利用は無料ですから、どんどん活用して比較検討に役立てていきましょう。

この一括見積もりのサービスを提供している会社は多数あります。それぞれ会社ごとに提携している保険会社の種類や数が異なったり、代理店としての面も備えていてそのまま契約へ進めるところもあるなど、サービスにより違いが見られます。いずれも無料ですから実際に利用したうえで判断してみるのが良いでしょう。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


次の記事へ「」 »

« 前の記事へ「

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ