自動車保険を乗り換えるタイミングと変更する全手順

自動車保険を乗り換える全手順

 自動車保険契約中に一括見積もりを取ってみたら他社の方が保険料が安いため、契約途中で自動車保険を乗り換えたいと思うこともあるでしょう。そういった場合には別の保険会社に変更することができます。

 自動車保険は通常1年契約であるため、今の自動車保険会社と契約を継続したい場合は、そのまま更新手続きをするだけです。しかし、満期日をもって別の保険会社に乗り換えたい場合には、満期日前に新しく自動車保険の契約手続きが必要です。

 満期日をもって他の自動車保険会社に乗り換えるには、満期日前に新しい保険会社と満期日を保険開始日とする契約を結びます。通常はこのように契約することでスムーズに手続きが進みますが、満期前であっても契約途中で中途解約して保険会社を乗り換えることはできます。

 このように、保険を乗り換えるタイミングには次の2つの場合があるため、それぞれの場合について乗り換え手順やポイントを解説していきます。

  • 満期日をもって乗り換える場合
  • 満期前に乗り換える場合
※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

自動車保険を乗り換えるメリット

ハンドルを持つ女性

 まず、自動車保険を乗り換えるとどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。自動車保険を乗り換えると、次のメリットを受けられる可能性があります。

  • 保険料が安くなる
  • 自分が欲しい補償や特約が得られる
  • 新規契約限定のキャンペーンや特典を受けられる

保険料が安くなる

 自動車保険を扱っている保険会社が多数ありそれぞれ補償範囲や補償内容が異なります。また自分自身のライフスタイルも変わることもあります。そのため、自身の状況に合わせた補償に見直して一括見積もりを取ることで一番安い保険会社が見つけることができ、保険料が安くなる可能性があります。

自分が欲しい補償や特約が得られる

 保険会社によって扱っている補償内容や特約が異なります。たとえば原付バイクの事故も補償する特約、他人の車を運転して事故に遭った場合も補償する特約、運転していない場合のケガも補償する特約など、各保険会社はさまざまな特約を取りそろえています。

 また、各保険会社が提供するロードサービスのサービス内容も異なります。このように、さまざまな保険会社の補償内容を比較して自分のライフスタイルに合った特約を持つ保険会社を選ぶことで、今までより自分に合った補償を得ることができます。

新規契約限定のキャンペーンや特典を受けられる

 乗り換えであっても新しい保険会社にとっては新規契約者です。新規契約する場合には図書券やハーゲンダッツ引換券といったプレゼントがもらえたりお得な特典を受けられたりします。

自動車保険を乗り換えるデメリット

お手上げの女性

 自動車保険を乗り換える場合にはメリットだけではなく、デメリットもあることを知っておきましょう。

 ただし、これらのデメリットの多くは満期前に乗り換える場合にだけに発生します。満期日をもって乗り換える場合にはデメリットはほとんど発生しないため、余程の事情が無い限りは満期日をもって乗り換えましょう。

  • 解約返戻金は月割計算と同等の金額ではない(満期前に乗り換える場合のみ)
  • 等級アップが遅れる(満期前に乗り換える場合のみ)
  • 補償内容やサービス内容の変更がともなう場合がある

解約返戻金は月割計算と同等の金額ではない(満期前に乗り換える場合のみ)

 年払いで前もって保険料を支払っている場合、自動車保険を満期前に解約すると、満期日までの残りの日数に応じて解約返戻金が受け取れます。

 しかし、残り期間に応じた金額を全額返金してくれる場合は少なく、多くの保険会社では短期率という料率に応じた金額を解約返戻金としています。

 たとえば、このような状況の場合、保険期間が半年しか経過していないのだから年間保険料16万円の半分である8万円は返却して欲しい気持ちになります。

  • 年間保険料:16万円
  • 満期までの残り期間:6ヶ月
  • 短期率:70%

 しかし、実際の解約返戻金は短期率にしたがうため、16万円×(100% – 70%) = 4.8万円となり、月割計算に比べて損となることが多いのです。

等級アップが遅れる(満期前に乗り換える場合のみ)

 自動車保険を途中で乗り換えると、基本的には等級アップが遅れてしまいます。これは1つの保険会社で1年間無事故の実績を作らないと等級アップしないためです。

 そのため保険会社を乗り換えると、前の保険会社での無事故の実績が白紙となり、再び新しい保険会社の保険開始日から1年経過しないと等級が上がりません。

 たとえば、保険期間の始期日が4/1の自動車保険に加入していて10/1に新しい保険会社に乗り換えた場合を考えます。無事故であるなら本来、翌年の4/1に等級が上がるはずだったのが、保険会社を乗り換えてしまうと等級が上がるのが翌年の10/1になります。

ケース 4/1 10/1 翌4/1 翌10/1
満期日で乗り換え A社
(10等級)
B社
(11等級)
途中で乗り換え A社
(10等級)
B社
(10等級)
B社
(11等級)

補償内容やサービス内容の変更がともなう場合がある

自動車保険の乗り換えには補償内容やサービス内容の変更がともなう場合があるため、事前に十分に検討する必要がなります。

しかし満期前の変更だと、保険期間に空白を作らないようにするため、急いで契約手続きを行うことが多くなります。そのため、十分な検討をしないまま新規の自動車保険会社と契約を結び、後から希望どおりの補償やサービスを受けられず後悔する可能性が高まります。

詳細は下記の記事をご参照ください。

自動車保険を乗り換える際にチェックしておくべきポイント

 自動車保険を乗り換える際にチェックしておくべきポイントを「満期日をもって乗り換える場合」「満期前に乗り換える場合」についてまとめました。満期前に乗り換える場合は注意するべき点が多くデメリットが多いので、満期日をもって乗り換えることをオススメします。

ポイント 満期日に乗り換え 満期前に乗り換え
等級(無事故) ・満期日で1等級アップする ・前の保険の途中までの契約期間が等級アップには寄与されず、新しい保険の保険開始日には等級は変わらない。結果として等級の進みが遅くなる
・通常通り等級アップするには保険期間通算特則の適用が必要
等級(事故有り) ・満期日で3等級ダウン、または1等級ダウンする ・新しい保険の保険開始日から3等級ダウン、または1等級ダウンする
タイミング ・新しい保険会社には満期日の3~4ヶ月前から申し込み可能
・現保険会社は解約手続き不要
・新しい保険会社には満期日の3~4ヶ月前から申し込み可能
・現保険会社も解約手続きが必要
その他ポイント ・解約返戻金は満額帰ってこない

乗り換え手続きに必要な書類

書類


 保険会社の乗り換えには次の3点の書類が必要です。
  • 現在加入している自動車保険の保険証券
  • 車検証(自動車検査証)
  • 運転免許証

 「証券不要割引」などを利用しており保険証券が無い場合は、証券番号さえ分かっていれば問題ありません。

 「中断証明書」を持っている場合は、保険会社のWebサイトや自動車保険の一括見積もりサイトから見積もりが取れません。なので乗り換え先の自動車保険会社を決める際には、お手数ではありますが保険会社や保険代理店に直接電話して見積もりを取りましょう。
 
 JA共済、全労済といった共済から自動車保険会社に乗り換える場合には、無事故証明書も用意する必要があります。

乗り換えの際の注意点

自動車保険を乗り換える際には次の2点に注意しましょう。

  • 契約期間の「空白」や「重複」はNG
  • 事故歴は正直に申告すること

契約期間の「空白」や「重複」はNG

 現在の自動車保険の満期日と新しい自動車保険の始期日を同一にして契約期間に「空白」や「重複」を生じさせないようにしましょう。

 契約期間に空白が生じた場合、その期間に事故を起こしたとしても保険金が支払われず補償されない状態になります。また空白期間が7日を超えてしまうと等級を引き継がれなくなります。せっかく上げた等級も空白期間を作ると6等級に戻ってしまうのです。

空白期間が生じる場合には「中断証明書」を用意しよう

 現在の自動車保険の満期日から新車の納車までに期間が空いてしまう場合には、「中断証明書」を発行して自動車保険を中断しておきましょう。

 保険会社の担当者に連絡して中断証明書を発行してもらうことで、自動車保険を中断することができ、空白期間が生じた場合でも等級を維持したまま新しい保険に再加入することができます。中断できる期間は10年間です。

 契約期間の重複にも注意しましょう。重複期間が生じてしまうと、その期間は両方の自動車保険の保険料を支払うことになります。しかし重複期間に事故が発生したからといって、両方の自動車保険から保険金が支払われるわけではないため、重複期間に支払った一方の保険料はムダになります。

事故歴は正直に申告すること

 事故を起こすと翌年の等級が下がってしまいます。等級ダウンを回避するために自動車保険を乗り換えて新しい保険会社に対して無事故だと嘘の申告をしたとします。

 しかし、事故歴は保険会社間で共有されています。以前の保険会社で起こした事故も新しい保険会社には筒抜けであるため、事故歴を隠した場合は「告知義務違反」により強制解約になることもあります。事故歴は必ず正直に申告しましょう。

満期日をもって乗り換える場合の手続き

車の模型を手に持つ女性

 通常は満期日をもって保険会社を乗り換えることをオススメします。この方法を利用すると乗り換えがスムーズに行うことができます。満期日までに新しい保険会社と契約を結んでおくことで、満期日をもって自動的に契約が新しい保険会社に切り替わります。この際、現在の保険会社や代理店への連絡は不要です。

新しい保険会社の契約を申し込むタイミング

 新しい保険会社に契約を申し込むタイミングですが、通常は満期の3~4ヶ月前から申し込みを受け付けていますので、新しい保険会社が決まったら早めに申し込んでおきましょう。少なくとも満期日の1ヶ月前には申し込みを行っておいた方が良いです。

 自動車保険の一括見積もりサイトを利用すれば、自分に合った保険会社を効率的に探すことができるので、満期が近づいてきたら一括見積もりサイトで新しい保険会社の目星を付けておくと良いでしょう。

新規契約の申し込み

 新しく契約する自動車保険会社に契約の申し込みをする際には、新たに契約する自動車保険の保険開始日と、これまでの自動車保険の満期日とが同じ日になるように設定します。同じ日に乗り換えを行う理由は、日付がずれてしまうと保険の空白期間が生じることになるためです。

 また保険の空白期間が長くなると等級を引き継ぐことができなくなる場合もありますから注意してください。等級を引き継げる期間は「前契約の満了日の翌日から7日以内」と決まっており、これより空白期間が長くなると前契約の等級が引き継げなくなり、再び6等級からのスタートとなってしまいます。乗り換えは満期日よりも十分前もって行なうことでこのような失敗を防げます。

現在の保険会社の解約

 基本的に更新手続きを行わないと満期日をもって現在の保険会社との契約は終了となります。したがって、保険会社を乗り換える際には、現在の保険会社や代理店への連絡は不要です。

 しかし「自動継続特約」を付けていた場合には、満期日をもって自動的に契約終了とはならないため注意が必要です。「自動継続特約」とは満期日が訪れると自動的に現在の保険が更新される特約のことです。

 「自動継続特約」を付けていた場合には解約手続きを行い、現在の保険会社や代理店に満期日をもって保険を解約する旨を必ず連絡しましょう。

契約後は等級や事故歴が引き継がれる

 新規契約を申し込んだ後は、満期日までに手元に新しい保険証券が届き、保険料を支払っていれば、満期日をもって自動的に古い保険は解約となり、等級が1つ上がった状態で新しい保険が適用されます。

 以前の保険契約での事故歴は乗り換え後も引き継がれます。もし、乗り換え前の契約期間中に事故を起こしていた場合、乗り換え後には事故内容に応じて等級ダウンとなります。

事故内容 等級の変化 事故履歴に残る期間
3等級ダウン事故 3等級ダウン↓ 3年間
1等級ダウン事故 1等級ダウン↓ 1年間
無事故 1等級アップ↑

 等級をリセットする目的で現在の保険会社を解約し、新しい保険会社に新規契約したとしても、事故歴は共有されるため意味がありません。事故歴を偽って申告していることが判明したら事故を起こしても保険が適用されなったり、契約解除となりますので事故歴は正しく申告しましょう。

 過去1年間で事故を起こしていたり、5等級以下である場合には一括見積もりの対象外となったり、乗り換えを受け付けない保険会社もあります。一括見積もりを受け付けない保険会社は個別に見積もりをしてもらえる場合もあるので、満期まで余裕のある時期に保険会社のサイトから見積もりを取りましょう。

満期前に乗り換える場合の手続き

何か知りたげな女性

 満期前に自動車保険会社を乗り換えることも可能ですが、満期日をもって乗り換える方法よりも手間が多く、デメリットが多いためあまりオススメできません。

乗り換えのための手順

 満期前に自動車保険会社を乗り換える手順は若干手間が増えます。今加入している保険会社の解約手続きと、新しい保険会社の加入手続きの両方の手続きが必要になるためです。

 現在の自動車保険を中途解約をしたい場合には保険代理店もしくは保険会社に直接連絡を入れ、解約手続きをします。その際、解約日は新たな自動車保険の保険開始日と一致させる必要があります。

 解約手続きと同時に新たに加入する自動車保険の契約手続きもします。そうすることで解約日から保険開始となり、保険の空白期間を防ぐ事ができます。無保険期間が無いようにする理由は、なんらかの理由で車を運転する事になった場合、無保険期間と知らずに運転をして交通事故を起こした場合、賠償責任は保険で補償されないからです。

「保険期間通算特則」を利用すれば等級で不利にならない

 自動車保険を契約期間中に変更すると等級の進みが遅れて保険料の面で不利になります。通常、等級は事故が無いと1年ごとに1等級ずつアップしていきますが、契約期間中に自動車保険を変更すると、変更後の保険開始日から1年と数えるため、変更前の期間が無かったことになってしまうためです。

 しかし新しい保険会社に「保険期間通算特則」があれば、それを適用することで契約途中の切り替えでも等級がうまく引き継がれます。これは前契約と新契約との期間を合わせて1年と数えて等級に適用するものです。

 「保険期間通例特則」を適用すると、たとえ保険期間中に自動車保険を乗り換えたとしても、前契約の満期日に等級をアップさせることが出来ます。どうしても満期前に自動車保険を乗り換えたい場合は、「保険期間通例特則」が適用できるかも新しい保険会社を選ぶ基準に含めましょう。

あなたにピッタリの自動車保険を見つけるなら一括見積もりで!

見積もりガール

 自動車保険会社は数多くあるため、どの自動車保険に乗り換えるか悩むところです。

 ライフスタイルに応じてその時々に合った補償内容があるため、これまでの補償内容では保険料が高くなりすぎたり、不要な特約を付帯していたりする場合があり、定期的に見直すことが望ましいです。

 しかし保険会社の補償内容を一つ一つ吟味していくのは非常に骨の折れる作業です。そんなときには自動車保険の一括見積もりを利用しましょう。

 自動車保険の一括見積もりでは必要な情報や補償内容を入力するだけで、複数の自動車保険から保険料の見積もりを取ることができます。

 これにより、あなたにピッタリな自動車保険をすぐに見つけることができます。当サイトではそれぞれの一括見積もりサイトの特徴や長所を比較していますので、一括見積もりの際には参考にしてください。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
おとなの自動車保険
40代・50代の保険料が割安!事故対応も万全
おとなの自動車保険
一括見積もりではありませんが、当サイトおすすめの自動車保険です。40代・50代の保険料が割安に設定されており、他社の自動車保険から乗り換えたところ平均16,599円節約できたという結果が出ています!また万が一、事故に遭ってしまった際には「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK事故現場安心サポート」によりスムーズに事故対応を行ってくれます。
詳細はこちら お見積もりはこちら
※今なら新規ご契約で2,000円相当のグルメギフトカードをプレゼント中♪
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ