面倒な自動車保険の代理店変更をスムーズに!その方法とは

車の模型を持つビジネスマン

代理店型の自動車保険に加入していたけれども、事故を起こしたときの代理店の担当者の対応に不満で、代理店を変更したいということもあるでしょう。では、代理店を変更すると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。また、代理店をスムーズに変更するには、どうすればよいのでしょうか。

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

代理店を変えたいと思う時はどんな時か

保険会社の代理店を変更することは、基本的には、自由にできます。自動車保険の代理店を変更しようと考えるのは、事故を起こした時です。事故を起こしたときに、代理店の担当者の対応に不満がある場合、代理店を変えたいと思うことがよくあります。

その他、最近は、通販型の自動車保険が随分普及しておりますが、通販型の自動車保険は料金がずいぶん安いので、それと比較して、現在契約している代理店の保険料が高すぎる場合も、代理店を変えようと思います。

自動車保険は、事故を起こさない限り、特に代理店の担当者と接触する機会は、年1回の契約の時ぐらいですので、ロードサービスや料金に対する不満以外の理由で、代理店を変えたいということはあまりないと考えられます。よって、代理店を変えたいと考えるときのポイントは、ロードサービスと料金の2つです。

代理店を変える場合のデメリットはあるか

デスクで話し合うビジネスマン


保険会社の代理店を変更するデメリットは、ほとんどありません。変更手続きは、基本的には、電話1本で済みます。保険会社と代理店の結びつきが強い場合には、代理店の変更について、保険会社がいろいろ言ってくることがありますが、基本的には、ユーザーが、代理店を変更することを保険会社が断る権利はないので、ユーザーが強く言えば、代理店の変更は必ずできます。

代理店を変更した場合、変更前の代理店との契約で設定されていたノンフリート等級は、次の保険契約に、そのまま引き継ぐことができます。代理店を変更すると、ノンフリート等級がリセットされて、保険料が急に上がるということはありません。ただし、代理店を保険期間の途中で変更した場合、保険期間の開始日が変更されるため、ノンフリート等級の昇級が少し遅れることは覚えておく必要があります。

自分の友人などが、代理店の担当者である場合、代理店を変更した場合、その友人との関係が疎遠になることがあります。また、会社の場合には、得意先を代理店としていた場合、代理店を替えたことにより、得意先が会社から離れることもあります。代理店の担当者が友人・知人・得意先である場合に、代理店を替えるときは、慎重な判断が必要です。

自動車保険の代理店を替えるタイミングについて

自動車保険の代理店は、保険期間の途中でも、保険期間の満了時でも、いつでも、変更できます。しかし、特段の事情がなければ、変更は、保険期間の満了時に行うのが良いでしょう。保険期間の満了時であれば、代理店の方も、他にも保険解約が多数あるので、文句を言ってくる可能性は少ないでしょう。

保険契約を契約期間の途中で解約した場合、保険会社に請求すれば、解約返礼金を受け取ることができます。但し、解約返戻金は、保険契約金額を、保険期間の残日数で月割りにした金額より少なくなることが多いので、保険期間の途中で代理店を変更すると、保険期間の残期間いついて、保険料が割高となり、損をすることになります。保険期間の終期に保険を変えると、そのようなことは起こらなくなります。

遠方に引っ越しする場合には、前の住所の近くの代理店から、新しい住所の近くの代理店に、代理店を変更することが必要でしょう。そのような場合には、保険期間の途中で代理店を変更することになりますが、保険会社を変えずに、代理店のみを変更する場合には、料金が割高になることはありません。

遠方に引っ越す場合で、旧宅のそばの代理店から、新居のそばの代理店に代理店を変更する場合には、保険期間の満了まで待つことはできないと思いますが、そのケースで、代理店を変更しても保険会社を変更しない場合には、デメリットはほとんどありません。

代理店の変更を保険会社が喜ばない理由について

代理店と自動車保険会社は、強く結びついています。代理店は、保険会社に多数のお客さんを紹介していますから、保険会社は代理店に頭が上がらないのが実情です。代理店は、保険会社にお客さんを紹介することで、仲介手数料を得ています。このような関係があるため、保険会社と代理店は、強く結びついています。

ユーザーが代理店を簡単に変えると、代理店は保険会社から入る仲介手数料が減り、売上げが下がります。保険会社がユーザーの言いなりになって、代理店の変更を簡単に認めると、代理店の売上げが下がり、代理店と保険会社の関係がおかしくなってきます。よって、保険会社は、ユーザーが代理店の変更の申し入れをした場合、あまり良い顔をしないのが現実です。

但し、ユーザーの代理店変更の申し出を、保険会社や代理店が断る権利はないので、ユーザーが代理店の変更の申し入れをすると、保険会社や代理店が嫌な顔をすると言うだけの話であり、ユーザーが強く主張すれば、代理店の変更ができないということはありません。変更の際に、代理店や保険会社の担当者とのやり取りが少し面倒だという程度です。

代理店と保険会社のこの特殊な関係は、良い面もありましたが、競争を制限して、自動車保険料価格が割高になる1つの原因となっていました。保険料が割高でも、代理店が、きめの細かいサービスをしてくれるのであれば、ユーザーは納得します。しかし、サービスが悪いと、料金が高い分、ユーザーの不満は大きくなります。

新しい選択「通販型自動車保険」に加入する

コールセンターで対応する女性


最近は、テレビやインターネット上で、通販型の自動車保険の広告をよく目にするようになりました。代理店型の自動車保険と比較して、保険料も安く、ロードサービスも充実しています。各社が、さまざまなタイプの自動車保険サービスを提供しており、その中からユーザーが自分に一番適した保険サービスを選択できることも、大きな魅力です。

代理店型の自動車保険契約をしているユーザーの方が、たとえば、事故を起こしたときの代理店の担当者の対応に不満だったとか、常々、保険料が高すぎると感じている場合には、代理店の変更を検討するという方法もありますが、保険自体を、通販型の自動車保険に変更するという方法もあります。

通販型自動車保険といっても、運営元の多くは、代理店型の自動車保険サービスを提供している大手の損害保険会社ですので、信頼ができないというわけではありません。通販型で一番不安なのは、やはり、ロードサービスになりますが、各種のアンケート調査の結果を見ると、通販型の自動車保険が、代理店型のそれよりも劣っているとは言えません。

代理店型の自動車保険のユーザーの方が、ロードサービスや料金に不満がある場合、代理店を変更するよりも、思い切って、通販型に変更してみるのもよいかもしれません。通販型に変更した場合でも、基本的に、前の保険契約で設定されていたノンフリート等級は引き継がれますので、過去に受けていた割引率はそのまま引き継がれます。

もっとも安い自動車保険を探す簡単な方法

インターネットには、いくつかの自動車保険一括見積サイトがありますが、このサイトを使えば、比較的簡単に、自分にピッタリ合う自動車保険サービスを、割安な料金で提供してくれる通販型の自動車保険会社を探し出すことができます。

自動車保険の一括見積サイトに、必要な情報を入力して送信すれば、最大8社の自動車保険会社の保険サービスを比較検討することができます。代理店型にするか、通販型にするか迷っている場合でも、とりあえず保険料がいくらになるかを、5分程度で調べることができます。

ディラーから自動車を購入した場合には、ディラーが勧める代理店と保険契約を締結することが多くなるのですが、その代理店との保険契約が、必ずしも、ユーザーによってお得なものであるとは限りません。ディラーが代理店にお客さんを紹介すれば、ディラーに手数料が入る仕組みになっています。その分、ディラーから紹介された代理店と契約した場合には、保険料が割高になります。

通販型の場合、そういった、ディラーと代理店、又は、保険会社と代理店といったようなしがらみがない分、保険料を安くできます。もちろん、代理店型の自動車保険にも良いところがありますので、すべてのケースで、代理店型よりも通販型の方が優れているとは言えませんが、保険料が安いという観点から考えると、通販型に分があるのは明らかです。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ