「自動車保険を安くするには」の記事一覧

保険料を安くするためにはいくつかの方法があります。保障が重複していないかの確認、免許更新時にゴールド免許が交付されたか、運転する方が限られているのなら、年齢の条件や運転者を限定する条件を付帯することなどがあります。他にも、搭乗者傷害保険を外して、人身傷害保険のみにしてみることやインターネットを通して保険に加入するダイレクト型保険などもあります。また、加入する場合は、一括の見積もりをとることで、会社ごとの差を知ることもできますし、年払いにすることで、支払う保険料を安くすることもできます。まずは自分の保険に関して、よく見て知ることができるでしょう。

安い自動車保険はココ!年間保険料の比較・ランキング

最近は、WEB上に、様々な自動車保険の一括見積サイトが出てきていますが、それらのサイトを使うと、簡単に、自動車保険料の相場を知ることができます。その結果、現在契約している自動車保険の保険料が高すぎる場合には、別の保険会社・・・

中古車の自動車保険の保険料を安くするポイント

新規で自動車保険に加入する場合にはダイレクト型が安い 今回の中古車が初のマイカー購入で、これから新規に自動車保険に加入する場合、ディーラーから保険購入を勧められるでしょう。しかしディーラーで購入するよりは、ネットで保険加・・・

安全運転で保険料が安くなる「テレマティクス保険」とは?

テレマティクス保険で保険料が安くなる? テレマティクス保険とは、車両保険などで走行距離や車載器を活用して、ドライバーの安全運転への特性を分析し、より安全性の高い運転をするドライバーの保険料を安くできるというものです。 危・・・

保険料を安くするための自動車保険の見直しのポイント

免許更新時の見直しの注意点 自動車運転免許の更新時は、自動車保険の見直しのポイントの1つと考えられます。この免許更新時に自動車保険を見直す際に注意すべき点は、更新後に交付される運転免許がゴールド免許であるかどうかです。 ・・・

他の補償と重複していませんか?不要な特約、いらない特約

家族で複数の自動車を保有することは、今では当たり前のことになってきます。この結果、家族で複数台の自動車保険契約をする場合が発生します。その場合、補償内容の重複に注意しなくてはなりません。補償内容が重複すると無駄な保険料を・・・

満期前でも翌月から保険料を安くできるタイミング

契約期間中でも条件を変更して保険料を安くできる 満期前でも、保険料を安くできるタイミングはあります。それはこの2つのタイミングです。 運転者やその家族が誕生日を迎えた 自動車の使用目的に変更が生じた これらのタイミングで・・・

「年齢条件」と「運転者限定条件」を見直すことで保険料を安くする

自動車保険の保険料を安くする方法としては、自動車保険契約の「年齢条件」と「運転者限定条件」など契約条件を見直す方法があります。これらの契約条件を見直すことにより数万円の保険料を節約できる場合があります。 運転者年齢条件に・・・

「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにして保険料を安くする

自動車保険による補償には、交通事故によって人が死傷したり後遺障害が残った場合における人に対する補償と、交通事故により破損した車両や建造物といったモノに対する補償があります。 さて、人に対する補償には、事故を起こした相手の・・・

自動車保険の保険料を安くするために知っておくべき8つのポイント

自動車保険に加入する際に一番気になるのは保険料です。十分な補償を備えることはもちろんですが、自動車保険を選ぶ際にちょっとしたコツを加えることで、保険料を安くすることができます。 インターネットでの一括見積もりの比較は必須・・・

サブコンテンツ