「車両保険で保険料を節約する」の記事一覧

自動車保険を安くするために、まず考えるのは通販型(ダイレクト型)自動車保険に変えることです。代理店型の比べ代理店手数料がかからない分、保険料は大きく節約できます。2つ目は、自動車保険の一括見積サイトで、保険料の安い保険会社を見つけます。インターネット割引の内容が違ったり、各社ターゲットとしている顧客の層が違うので、同じ条件でも保険料に差が出てきます。3つ目は車両保険の補償内容の見直しです。年式が古ければ、そもそも車両保険をつけないというのもありますし、エコノミー型にするなど補償範囲、特約内容を見直すことで、保険料はかなり違ってきます。最後は、年齢条件、運転者の範囲、走行距離、使用目的など、実際の状況になっているか確かめてください、これが合っていないと余計な保険料を払うことになってしまいます。

車両保険を使ってしまうと損!?リサイクルパーツで自費修理する理由とは

2013年、ノンフリート等級制度が改正され保険料の割引は厳しい状況に 2013年10月に、自動車保険業界では、保険契約者の自動車保険の利用状況を保険料に反映させるノンフリート等級制度が大幅に改正されました。この改正では、・・・

車両保険の使いどころはどこか?車両保険を使うと保険料が値上がりに

車両保険には保険料に関する難しい問題があります。それは、車両事故の際に車両保険を使用して保険会社から保険金の支払いを受けても、そのために保険のノンフリート等級が下がり、翌年の保険料がアップしてしまうことです。 もし、車両・・・

車両保険の免責金額が0円になる「免責ゼロ特約」とは

1回目の事故に限り自己負担額が0円になる特約のことで、正式名称は車両事故免責金額ゼロ特約です。保険会社が保険の支払いを免れることを免責といい、免責部分の金額は契約者が自己負担します。 車両保険に加入す …

車両保険は「免責金額」を設定すれば保険料の節約になる

自動車保険契約の契約車両が新車である場合や、新車に近い場合、高級車である場合などは車両保険に加入した方がリーズナブルなことが多くなります。しかし、車両保険は料金が高めですから、保険料もそれなりの金額になります。 ですから・・・

車両保険を安くするには「エコノミータイプ」を選ぶ

車両保険は、自動車保険の中で唯一自分の自動車を守ってくれる保険です。車両保険の料金は高めですが、車両が加入しているとそれなりに安心できます。特に高級車の新車を保険契約車両としているような場合には、事故による車の修理費も高・・・

節制効果大!車両保険を見直して保険料を安く

自動車保険料の金額に多大な影響を与えるのが車両保険です。車両保険を付帯させると保険料が大幅に上がりますので、車両保険を付帯させないで保険プランを組めば、保険料はぐっと下がります。 しかし、運転技術が未熟で交通事故を起こし・・・

サブコンテンツ