高級車やスポーツカーは保険料が高くなる!

スポーツカーであれば、ガンガン飛ばして走る方が多いと思われます。高級車であれば、事故などで自分の車両に傷が付けられた場合、その修理費が固くなります。保険料は、事故率や事故で支払った保険金額などを基準として決まります。です・・・

大型車は保険料が高い!ミニバンやSUVは要注意!

ミニバンやSUVはエコノミーカーなどに比べてノンフリート等級や年齢条件のその他の条件を同じにした場合、保険料が高くなる傾向があります。ここでは、どうしてそのような保険料の違いが出るのかについて考えてみます。 自動車保険料・・・

事故を起こすと「事故有り等級」が適用されて通常よりも保険料が高くなる!

平成25年10月にノンフリート等級制度の改定が行われました。この改正により、交通事故で保険を使った方が、その後により多くの負担を求められるようになりました。以下では、この改正の内容について説明いたします。 平成25年のノ・・・

事故を起こしていないのに保険料が上がる理由とは?

自動車保険料は、ノンフリート等級制度といって、事故を起こして保険を使ったか使わなかったかを保険料に反映させる制度があります。よって、事故を起こした場合に保険料が上がることは分かります。しかし、無事故でも次の理由で保険料が・・・

なぜ年齢が若いと保険料が高くなるのか?

自動車の保険料は、年齢が若いほど高くなる傾向があります。例えば、ある会社のある普通自動車の自動車保険料は、本人が18歳の場合には年間約107,000円、本人33歳場合には年間約65,000円となります。このように、年齢が・・・

保険料が決まる条件「運転者限定」

 自動車保険を契約する際に運転者の年齢の限定と合わせて考えておきたいのが、契約する車の運転する人の条件です。  運転者限定とは、契約する車の運転者を「自分の家族だけ」「自分と妻だけ」というように特定の人物に限定することで・・・

保険料が決まる条件「運転免許証の色」

 最近のリスク細分型自動車保険は契約者の「運転免許証の色」を保険料を決定する条件として取り入れており、運転免許証の色(ゴールド、ブルー、グリーン)によって保険料が変わってきます。ゴールド免許の場合、保険会社によっては「ゴ・・・

保険料が決まる条件「使用目的」

 使用目的とは契約する車の用途のことです。例えば、通勤で使用したり、レジャーで使用したりといった用途がありますが、それぞれ使用目的により車が事故に遭うリスクが異なってくるため保険料に違いが出てきます。平日に通勤で往復2時・・・

保険料が決まる条件「年間走行距離」

 最近のリスク細分化型自動車保険では、リスクをより明確化するために年間走行距離を申請する場合があります。この年間走行距離は契約の時点において保険契約する車が1年で走行すると予想される距離でよくあまり厳密に考える必要があり・・・

保険料が決まる条件「主な使用地域」

 自動車保険の契約の際には自動車を使用する主な地域を申告します。車を使用する地域によっても保険料が異なってくる場合があります。各地域の事故のリスクが保険料に反映されるためです。契約期間中に引っ越しなどで使用する地域が変更・・・

ノンフリート等級別料率制度

 自動車保険を含め保険制度は相互扶助で成り立っています。つまり多くの人が保険料を出しあい、他の人を助けるという目的です。公平性の原則が自動車保険にも生かされており、保険契約者が公平に自動車保険の恩恵にあずかれるよう保険商・・・

車両料率クラス

   自動車保険の保険料は登録する車種や型式によって異なります。車種については法律によって定められている以下の区分に従って分類されます。 区分 車種 1 自家用車乗用(乗用) 2 自家用車乗用(小型) 3 自家用車乗用(・・・

保険料が決まる条件「年齢限定」

 自動車保険は相互扶助の概念に基づいて運営されています。契約者それぞれに対する公平性を保つために割引制度や割増制度を採用しています。その1つが運転者の限定です。車を運転する人の年齢や運転できる人を制限することでリスクを分・・・

保険料を決定づける様々な条件

 自動車保険において1年間に支払う保険料は基本補償の保険金の設定額によって変わってきますが、さらに登録する車種、運転者の年齢、使用目的などによっても発生する事故の頻度や被害程度、ひいては支払われる保険金額に大きな差が生じ・・・

サブコンテンツ