「保険料を安くするコツ」の記事一覧

50代で安く加入できる自動車保険ランキング!

50代となると、多くの方は、子供が成人し、自動車を運転するようになるので、運転者条件を家族限定として、補償範囲を広げる必要が生じます。50代は運転技術が蓄積されてくるうえに、年齢的な体力の低下も少なく、40代とともに、も・・・

60代で安く加入できる自動車保険ランキング!

日本人の平均寿命は、男性で約80歳、女性で約86歳(2016年度)となっていますので、60代というと、まだまだ現役世代です。しかし、事故率がもっとも低くなる40代、50代のころと比べると、事故率が若干上昇し始めるので、自・・・

30代が安く加入できる自動車保険ランキング!

30代は、自動車の運転にも丁度慣れてくる頃なので、事故を起こす確率が低くなる年代です。そのため、事故対応などの保険サービスのクオリティよりも、保険料が高いか低いかで、保険会社を決めることがより合理的になっています。 20・・・

40代で安く加入できる自動車保険ランキング!

40代といえば、多くの方が結婚して子供さんがいることだと思います。ですが、子供さんはまだ未成年で、自動車は運転できないという状態が多いと思います。ドライバーの運転技術の面でも、体力の面でも、この年代が一番事故を起こしにく・・・

20代で格安で加入できる自動車保険ランキング!

20代というと、ようやく自動車の運転に慣れてきたとはいえ、まだまだ、運転経験が少なく、事故を起こし易い時期なので、他の年代と比較して、保険料が割高になる傾向があります。しかし、よく調べてから契約を締結することによって、保・・・

未成年(18歳、19歳)で格安の自動車保険ランキング!

18歳以上の方は自動車免許を取得できますので、20歳未満の方が自動車を運転するために、自動車保険に加入するケースもあります。そのような場合の自動車保険の相場は一体どのようになっているのでしょうか。 18歳、19歳の保険料・・・

安い自動車保険はココ!年間保険料の比較・ランキング

最近は、WEB上に、さまざまな自動車保険の一括見積サイトが出てきていますが、それらのサイトを使うと、簡単に、自動車保険料の相場を知ることができます。その結果、現在契約している自動車保険の保険料が高すぎる場合には、別の保険・・・

40歳女性ダイハツ・タントの保険料の相場

老若男女問わずにコンパクトで走りやすい車のタント。市内をちょっと走るには適した車です。そんなダイハツタントを40歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのかを損保ジャパン日本興亜で見積りをすると保険料は、年間48,3・・・

49歳男性マツダ・デミオの保険料の相場

マツダのスタイリッシュなコンパクトカーデミオ。そんなデミオを49歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかを東京海上日動で見積りをすると保険料は、年間59,400円でした。 年齢が49歳なので年齢条件の中で最高の3・・・

50歳男性トヨタ・ファンカーゴの保険料の相場

コンパクトカーでありながらたっぷりとした収納スペースが魅力の車ファンカーゴ。そんなファンカーゴを50歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかをSBI損保で見積りを出してみたところ年間23,390円でした。 その理・・・

39歳女性ホンダ・フリードの保険料の相場

最高にちょうどいいのキャッチコピーでお馴染みのホンダフリード。ワンボックスは大きいがコンパクトカーでは物足りないと感じている層にピッタリのフリードを39歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのかを三井住友海上で見積・・・

46歳男性ホンダ・インサイトの保険料の相場

トヨタのプリウスから遅れて発売されたホンダのインサイト。ホンダのハイブリッド車の代名詞ともなっているインサイトを46歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかを三井住友海上で見積りを出してみたところ保険料は、年間6・・・

47歳男性ホンダ・オデッセイの保険料の相場

たっぷりと荷物を積むことができるのでファミリー層からも人気のあるホンダのオデッセイ。そんなオデッセイを47歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかをダイレクト系自動車保険No1のソニー損保で見積りをすると保険料は・・・

40歳女性スズキ・アルトラパンの保険料の相場

可愛い形状が女性から評価されており、人気のスズキアルトラパン。そんなアルトラパンを40歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのかをテレビCMでお馴染みの三井ダイレクト損保で見積りを出してみたところ、保険料は年間19・・・

38歳男性スズキ・プレオの保険料の相場

古くからある懐かしい車のプレオ。スバルの軽自動車の中ではマイナーな車種かもしれません。そんなプレオを38歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかテレビCMでお馴染みの三井ダイレクト損保で見積りを出してみたところ、・・・

56歳男性ホンダ・アコードの保険料の相場

最近ハイブリッドタイプの発売も始めたアコードは中年男性に人気の車種です。人気のセダンタイプなので、中年男性からの支持は熱いです。そんなアコードを56歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのかテレビCMでお馴染みのア・・・

31歳女性スズキ・アルトの保険料の相場

ベッキーがCMをしていたスズキのアルトは女性に人気の車種です。軽自動車を中心に販売しているスズキだけに細かい点まで手が込んでいます。そんなアルトを31歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのかテレビCMでお馴染みの・・・

27歳女性トヨタ・プリウスの保険料の相場

プリウスは、アクア・SAIと並ぶトヨタを代表するハイブリッド車で他の2種類と比較して車体が大型なのが特徴です。そんなプリウスを環境問題に敏感な27歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのか損保ジャパン日本興亜で見積・・・

42歳男性ホンダ・オデッセイの保険料の相場

オデッセイはホンダを代表する乗用車で3列シートで荷物を載せるのに適している家族向けの車です。そんなオデッセイを家族思いな42歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのか日本で最大の保険会社の東京海上日動で見積りをする・・・

46歳女性スバル・XVの保険料の相場

車両保険新価格特約は必須 車両が50%以上の故障、もしくは全損となった場合、この特約があれば保険金で新車を購入してもらえます。せっかくの新車ですから、修理して我慢して乗るよりは、新しい車に乗る方が気分が良いですよね。 実・・・

41歳女性ダイハツ・ムーヴの保険料の相場

ムーヴはダイハツを代表する軽自動車で老若男女問わずに街乗りに適した軽自動車ですそんなムーヴをスタイリッシュな41歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのか日本最大級の保険会社の東京海上日動で見積りをすると保険料は、・・・

25歳女性ダイハツ・ムーヴの保険料の相場

ムーヴはダイハツを代表する軽自動車で老若男女問わずに街乗りに適した車です。そんなムーヴを25歳女性が運転するとして任意保険はいくらになるのか損保ジャパン日本興亜で見積りを出したところ、保険料は年間105,000円でした。・・・

42歳男性日産・エクストレイルの保険料の相場

日産のエクストレイルはSUVの形状をしており、パワフルな走りで酷道などの道無き道であってもパワフルな走りをするため男性を中心に人気があります。そんなエクストレイルを42歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのか損保・・・

31歳男性スズキ・ジムニーの保険料の相場

スズキのジムニーは軽自動車でありながらSUVの形状をしており、パワフルな走りで男性を中心に人気があります。そんなジムニーを31歳男性が運転するとして任意保険はいくらになるのか損保ジャパン日本興亜で見積りを出してみたところ・・・

38歳女性スバル・フォレスターの保険料の相場

フォレスターはスバルを代表するSUV車で男性を中心に人気があるモデルです。そんなフォレスターの任意保険はいくらになるのか損保ジャパン日本興亜で見積りをだしたところ、保険料は年間67,180円でした。35歳以上で、等級も1・・・

30歳女性スズキ・スペーシアカスタムの保険料の相場

スズキのスペーシアカスタムは老若問わずに女性に人気のある車です。荷物もたくさん積むことができるので日々の買い物にも重宝する形状だと思います。ここでは、30歳女性が自動車保険の見直しを前提に三井ダイレクト損保の見積りを取っ・・・

37歳女性マツダ・デミオの保険料の相場

免責金額は良い選択をしています 7F等級は、まだまだ保険料の割引率が高くない等級です。免責金額で0万円で選ぶと保険料が高額になりがちですので、1回目5万円・2回目10万円を選択することでうまく保険料をダウンさせていますね・・・

29歳女性ダイハツ・ミライースの保険料の相場

走行距離が長い時にオススメの特約 年間走行距離が15,000km以上なので、車で遠方に出かけることが多い方なのでしょう。旅先で事故に遭った場合を想定すると、自動付帯されているロードサービスだけでは足りないかもしれないので・・・

26歳男性ホンダ・シビックの保険料の相場

一般車両保険だけで大丈夫か? 車両保険が一般条件なので補償が手厚いかと思いきや、まさかの特約無し。これでは補償が不十分と言わざるを得ません。弁護士費用特約はあった方が良いです。 損保ジャパン日本興亜の弁護士費用特約は月々・・・

31歳女性ホンダ・フリードの保険料の相場

新車なのに補償が不十分 車両保険金額200万円で新車割引がついている契約ですから、このフリードは購入して間もないはずです。その割には車両保険はエコノミーですし、車両の事故を補償する特約もついていません。 エコノミー車両保・・・

42歳男性ダイハツ・ミラの保険料の相場

圧倒的な保険料の安さを実現 年間保険料16,530円と非常に安い保険料で契約されていますね。自分自身の補償を減らす一方で、相手への補償は確保しており、徹底的にムダを省いているんだという印象を受けます。 20等級の方で遠出・・・

43歳男性ホンダ・ライフの保険料の相場

年齢条件はこれで正解 被保険者が43歳の本人限定の契約なのに、運転者年齢条件が30歳以上補償です。ソニー損保には35歳以上補償はありませんから、30歳以上補償でもっとも運転者範囲を制限していることになります。 ソニー損保・・・

33歳男性マツダ・アクセラの保険料の相場

費用は安く、サービスは手厚く イーデザイン損保は通販型自動車保険の会社でありますが、東京海上日動火災保険のグループ会社です。東京海上日動が代理店を通して加入する自動車保険なのに対して、イーデザイン損保は自分で加入する通販・・・

30歳女性日産・マーチの保険料の相場

車両保険金額の25万円 購入から年数が経過している車でしょうから、車両の時価額がかなり低い金額になっています。事故に遭ったら廃車して新車買い換えようと思っているのであれば、いっそ保険料節約のために車両保険をつけないか、エ・・・

42歳男性レクサス・ISの保険料の相場

ゴールド免許割引を活用する裏技、知っていますか? 免許証の色がゴールドだと保険料は安くなります。残念ながらブルーやグリーンの場合は、保険料が高く計算されてしまいます。 ただ、自分がブルー免許で奥様がゴールド免許の場合、そ・・・

32歳女性スズキ・スペーシアカスタムの保険料の相場

一般車両保険で契約 新車を購入した際の車両保険は、車両本体の価格とオプションと消費税を足した金額を車両保険の保険金額とすることができます。新車割引をつけられるくらい初度登録から月日が経っていない車ですから、車両保険金額1・・・

42歳女性ダイハツ・ミラジーノの保険料の相場

運転者限定が本人限定 車を運転する人を限定することによって、保険料を節約することができます。この契約では、もっとも保険料が安くなる本人限定を選択しています。本人限定が存在せず、本人・夫婦限定しかない保険会社もありますから・・・

34歳女性トヨタ・ヴィッツの保険料の相場

弁護士費用特約について 発生する自動車事故のうち、3件に1件がもらい事故というデータもある中、弁護士費用特約をつけておくのは良い選択です。もらい事故が発生した場合、保険会社は示談交渉をすることができません。 よって相手に・・・

高級車やスポーツカーは保険料が高くなる!

スポーツカーであれば、ガンガン飛ばして走る方が多いと思われます。高級車であれば、事故などで自分の車両に傷が付けられた場合、その修理費が固くなります。保険料は、事故率や事故で支払った保険金額などを基準として決まります。です・・・

70代の自動車保険料の相場と選び方

70代になると交通事故率の増加を反映して、自動車保険料が、未成年者や20代前半の水準ほどではありませんが、随分高い水準に上昇してきます。しかし、70代はまだまだ自動車運転の現役世代です。以下では、70代の自動車保険の保険・・・

60代の自動車保険の相場と選び方

60代になりますと事故率の上昇を反映して保険料の上昇が始まります。しかし、60代はまだまだ自動車の運転が可能な年代であります。以下では、60代で自動車保険に加入した場合の保険料の相場とその選び方について解説します。 60・・・

50代の自動車保険の相場と選び方

50代になると実際の事故率を反映して、自動車保険料は徐々に上がってきます。しかし、まだまだそれは低額の水準にあります。また、適切な保険会社を選択することにより、保険料の節約が十分に可能です。以下では、50代の自動車保険料・・・

40代の自動車保険の相場と選び方

40代も30代後半ほどではありませんが、他の年齢層に比較すると保険料はまだまだ低い水準となります。ただし、40代になりますと、早い方では子供が自動車の運転を始めますから、そのことに対する注意が必要になります。以下では、4・・・

30代(35歳以上)の自動車保険の相場と選び方

30歳後半は、統計的にいって交通事故の一番少ない年齢です。したがって、この年代は自動車保険料がもっとも安くなる時期となります。以下では、この30代後半に自動車保険に加入する場合の保険料の相場やその選び方について解説します・・・

30代(30歳以上)の自動車保険の相場と選び方

30代前半ではじめて自動車保険に加入される方、または、継続して保険に加入していて31歳を迎えられた方もいると思います。そこで、30代前半の自動車保険の相場と選び方について、以下で解説をいたします。 30代前半の自動車保険・・・

20代(26歳以上)の自動車保険の相場と選び方

20代後半ではじめて自動車保険に加入される方や、すでに保険に加入していて20代後半を向かえたという方もいると思います。そこで、以下では、そのような方の自動車保険の選び方と相場について解説します。 20後半の自動車保険料の・・・

20代(21歳以上)の自動車保険の相場と選び方

20代から始める保険料節約テクニック!

20代前半の方ではじめて自動車保険に入られる方、または、以前から自動車保険に加入していて21歳以上になられた方もいると思います。そこで、以下では、20代(21歳以上)の方の自動車保険の相場と選び方について解説します。 2・・・

大型車は保険料が高い!ミニバンやSUVは要注意!

ミニバンやSUVはエコノミーカーなどに比べてノンフリート等級や年齢条件のその他の条件を同じにした場合、保険料が高くなる傾向があります。ここでは、どうしてそのような保険料の違いが出るのかについて考えてみます。 自動車保険料・・・

事故を起こしていないのに保険料が上がる理由とは?

自動車保険料は、ノンフリート等級制度といって、事故を起こして保険を使ったか使わなかったかを保険料に反映させる制度があります。よって、事故を起こした場合に保険料が上がることはわかります。しかし、無事故でも次の理由で保険料が・・・

中古車の自動車保険の保険料を安くするポイント

新規で自動車保険に加入する場合にはダイレクト型が安い 今回の中古車が初のマイカー購入で、これから新規に自動車保険に加入する場合、ディーラーから保険購入を勧められるでしょう。しかしディーラーで購入するよりは、ネットで保険加・・・

安全運転で保険料が安くなる「テレマティクス保険」とは?

テレマティクス保険で保険料が安くなる? テレマティクス保険とは、車両保険などで走行距離や車載器を活用して、ドライバーの安全運転への特性を分析し、より安全性の高い運転をするドライバーの保険料を安くできるというものです。 危・・・

なぜ年齢が若いと保険料が高くなるのか?

自動車の保険料は、年齢が若いほど高くなる傾向があります。たとえば、ある会社のある普通自動車の自動車保険料は、本人が18歳の場合には年間約107,000円、本人33歳場合には年間約65,000円となります。このように、年齢・・・

他の補償と重複していませんか?不要な特約、いらない特約

家族で複数の自動車を保有することは、今では当たり前のことになってきます。この結果、家族で複数台の自動車保険契約をする場合が発生します。その場合、補償内容の重複に注意しなくてはなりません。補償内容が重複するとムダな保険料を・・・

満期前でも翌月から保険料を安くできるタイミング

契約期間中でも条件を変更して保険料を安くできる 満期前でも、保険料を安くできるタイミングはあります。それはこの2つのタイミングです。 運転者やその家族が誕生日を迎えた 自動車の使用目的に変更が生じた これらのタイミングで・・・

未成年(18歳、19歳)でも自動車保険を契約できる?

18歳になれば運転免許を取得できるので、免許を取得したら自分の車を購入したい未成年の方もいるでしょう。果たして未成年でも自動車保険に加入できるのでしょうか?実は未成年でも自動車保険に契約することができるんです。 自動車保・・・

車両保険を使ってしまうと損!?リサイクルパーツで自費修理する理由とは

2013年、ノンフリート等級制度が改正され保険料の割引は厳しい状況に 2013年10月に、自動車保険業界では、保険契約者の自動車保険の利用状況を保険料に反映させるノンフリート等級制度が大幅に改正されました。この改正では、・・・

車両保険の使いどころはどこか?車両保険を使うと保険料が値上がりに

車両保険には保険料に関する難しい問題があります。それは、車両事故の際に車両保険を使用して保険会社から保険金の支払いを受けても、そのために保険のノンフリート等級が下がり、翌年の保険料がアップしてしまうことです。 もし、車両・・・

車両保険の免責金額が0円になる「免責ゼロ特約」とは

1回目の事故に限り自己負担額が0円になる特約のことで、正式名称は車両事故免責金額ゼロ特約です。保険会社が保険の支払いを免れることを免責といい、免責部分の金額は契約者が自己負担します。 車両保険に加入す …

車両保険は「免責金額」を設定すれば保険料の節約になる

自動車保険契約の契約車両が新車である場合や、新車に近い場合、高級車である場合などは車両保険に加入した方がリーズナブルなことが多くなります。しかし、車両保険は料金が高めですから、保険料もそれなりの金額になります。 ですから・・・

車両保険を安くするには「エコノミータイプ」を選ぶ

車両保険は、自動車保険の中で唯一自分の自動車を守ってくれる保険です。車両保険の料金は高めですが、車両が加入しているとそれなりに安心できます。特に高級車の新車を保険契約車両としているような場合には、事故による車の修理費も高・・・

「年齢条件」と「運転者限定条件」を見直すことで保険料を安くする

自動車保険の保険料を安くする方法としては、自動車保険契約の「年齢条件」と「運転者限定条件」など契約条件を見直す方法があります。これらの契約条件を見直すことにより数万円の保険料を節約できる場合があります。 運転者年齢条件に・・・

「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにして保険料を安くする

自動車保険による補償には、交通事故によって人が死傷したり後遺障害が残った場合における人に対する補償と、交通事故により破損した車両や建造物といったモノに対する補償があります。 さて、人に対する補償には、事故を起こした相手の・・・

自動車保険の保険料を安くするために知っておくべき8つのポイント

自動車保険に加入する際に一番気になるのは保険料です。十分な補償を備えることはもちろんですが、自動車保険を選ぶ際にちょっとしたコツを加えることで、保険料を安くすることができます。 インターネットでの一括見積もりの比較は必須・・・

節制効果大!車両保険を見直して保険料を安く

自動車保険料の金額に多大な影響を与えるのが車両保険です。車両保険を付帯させると保険料が大幅に上がりますので、車両保険を付帯させないで保険プランを組めば、保険料はぐっと下がります。 しかし、運転技術が未熟で交通事故を起こし・・・

横滑り防止装置を搭載していたら「横滑り防止装置割引」で保険料が安くなる

早めに申し込むことで「早期契約割引」で保険料が安くなる

 自動車保険の保険料を節約するための方法として、早期契約割引の活用があります。早期契約割引とは保険契約の開始日よりも、充分前もって申し込みを行なう際に適用される割引制度です。早期契約割引を実施している損害保険会社はいくつ・・・

高額な福祉車両でも「福祉車両割引」で保険料が安くなる

 お年寄りや障がいのある方向けに開発されたのが福祉車両です。高齢者や障がいのある方でも乗り降りがしやすいように改良された車の事です。また障害を持つ方が運転しやすくするための先進技術が導入されています。福祉車両にはこのよう・・・

エコカーを推進することで環境に配慮した「エコカー割引」で保険料が安くなる

ハイブリッドカーや電気自動車といった低燃費で排気ガスを出さない、もしくは排気ガスの排出量が少ないエコカーが人気を呼んでいます。国により排出ガス基準が設けられ、国の基準を上回る性能を有する自動車には税制面の優遇措置が付与さ・・・

新車を対象にした「新車割引」で保険料が安くなる

 新しい車を購入するには、さまざまな費用が発生します。しかしながら、新しい車を購入することで、税制面での優遇措置や保険料の割引を受けられます。エコカー普及を後押しするために設定されたのが自動車保険のエコカー割引ですが、エ・・・

保険料が決まる条件「運転者限定」

 自動車保険を契約する際に運転者の年齢の限定と合わせて考えておきたいのが、契約する車の運転する人の条件です。  運転者限定とは、契約する車の運転者を「自分の家族だけ」「自分と妻だけ」というように特定の人物に限定することで・・・

保険料が決まる条件「運転免許証の色」

 最近のリスク細分型自動車保険は契約者の「運転免許証の色」を保険料を決定する条件として取り入れており、運転免許証の色(ゴールド、ブルー、グリーン)によって保険料が変わってきます。ゴールド免許の場合、保険会社によっては「ゴ・・・

保険料が決まる条件「使用目的」

 使用目的とは契約する車の用途のことです。たとえば、通勤で使用したり、レジャーで使用したりといった用途がありますが、それぞれ使用目的により車が事故に遭うリスクが異なってくるため保険料に違いが出てきます。平日に通勤で往復2・・・

保険料が決まる条件「年間走行距離」

 最近のリスク細分化型自動車保険では、リスクをより明確化するために年間走行距離を申請する場合があります。この年間走行距離は契約の時点において保険契約する車が1年で走行すると予想される距離でよくあまり厳密に考える必要があり・・・

保険料が決まる条件「主な使用地域」

 自動車保険の契約の際には自動車を使用する主な地域を申告します。車を使用する地域によっても保険料が異なってくる場合があります。各地域の事故のリスクが保険料に反映されるためです。契約期間中に引っ越しなどで使用する地域が変更・・・

保険証券を発行しない「証券不要割引」で保険料が安くなる

 自動車保険の保険料を節約する方法として証券不要割引の活用が有ります。自動車保険の場合、1年毎の契約更新を行なうケースが多いことから、毎年保険証券の発行や発送作業が伴います。保険契約数も膨大になるため毎年多くの紙資源が使・・・

インターネットから申し込むと「インターネット割引」で保険料がお得に!

 自動車保険の保険料を出来るだけ安くするためには、保険会社の割引サービスを利用することが必要です。特にネット系損保ではインターネット上での保険契約ができるだけでなくインターネットからの申し込みを対象にインターネット割引を・・・

何台も車を所有する方には「ノンフリート多数割引」で保険料が安くなる

 車社会の地域にお住まいの方であれば、家に3台、4台の自家用車を保有している場合も少なくありません。たとえばお父さんが通勤で使うセダンタイプの乗用車に加えて、お母さんは買い物などの街乗りで使うコンパクトカー、息子さんは趣・・・

2台目の車を購入したら「セカンドカー割引」で保険料が安くなる

 車が趣味の方の中には用途別に自動車を所有する人もいます。たとえば通勤用の自動車に加えて旅行やレジャーで使用するキャンピングカーを購入したり、ドライブのためのスポーツカーやオープンカーを購入したりするケースが有ります。 ・・・

保険料が決まる条件「車両料率クラス」

 自動車保険の保険料は登録する車種や型式によって異なります。車種については法律によって定められている以下の区分にしたがって分類されます。 区分 車種 1 自家用車乗用(乗用) 2 自家用車乗用(小型) 3 自家用車乗用(・・・

保険料が決まる条件「年齢限定」

 自動車保険は相互扶助の概念にもとづいて運営されています。契約者それぞれに対する公平性を保つために割引制度や割増制度を採用しています。その1つが運転者の限定です。車を運転する人の年齢や運転できる人を制限することでリスクを・・・

保険料を決定づける様々な条件

 自動車保険において1年間に支払う保険料は基本補償の保険金の設定額によって変わってきますが、さらに登録する車種、運転者の年齢、使用目的などによっても発生する事故の頻度や被害程度、ひいては支払われる保険金額に大きな差が生じ・・・

保険料を安くする様々な割引制度

 自動車保険の契約時には保険料を決定する条件を申告する必要がありますが、その他にもさまざまな割引制度を付け加えることができます。割引には契約する自動車の台数に関連したもの(セカンドカー割引など)、諸手続きをインターネット・・・

サブコンテンツ