「自動車保険の基礎知識」の記事一覧

車両保険は地震による損害を補償しない!愛車を地震から守るためには?

地震 家 住宅

普通に車両保険に加入しているだけでは地震による大津波で自動車を沖合に流されて、自動車を失ってしまった場合等に車両保険から保険金の支払いを受けることはできません。地震による自動車の被害を車両保険で補償してもらうためには、地・・・

満期日が近づいたら注意しよう!等級の引継ぎ期間とは?

ノンフリート等級を活用した自動車保険料を安くする方法は、保険内容を削ることなく保険料を安くすることができるので、保険料を安くするためのもっとも効果的な方法です。このノンフリート等級を活用した自動車保険料の割引の方法には、・・・

等級によって保険料の割引率はこんなに違う!最大割引率は?

保険料を安くするもっとも確実な方法は、長期間無事故で自動車を運転しノンフリート等級が上げる方法です。自動車保険料を安くする方法の多くは保険内容を薄くして保険料を下がるという方法ですが、ノンフリート等級を使えば保険内容を充・・・

当て逃げ事故で車両保険を使用する際の注意点

駐車場を利用する機会が多い方であれば当て逃げ事故に遭う機会も多くなります。当て逃げ事故で自動車を破損した場合、一般型の自動車保険に加入していれば、原則として、受けた損失について保険金を受け取ることができます。エコノミー型・・・

【ケース別】車両保険の設定金額の目安を徹底比較

初めて自動車保険に車両保険を付帯させてみようという方の中には、正直なところ何をどのようにすればよいのかがまったく分からないという方もいらっしゃると思われます。車両保険を付帯させると保険料は高くなりますが、ドライバーの条件・・・

ついに20級到達!どれだけ保険料が割引されるか

ノンフリート等級の最上級は20級でその割引率は63%です。ノンフリート等級を20級に上げるには新規加入時点から最速で14年は必要になりますが、級数を20級まで上げると本来の金額の4割以下の金額で自動車保険が利用できるので・・・

軽自動車の保険料をグッと安くする5つの方法

軽自動車 ミニバン

軽自動車の保険料は普通自動車の保険料と比較した場合割安になることが多いのですが、それでも免許を取り立ての若い方が新車の軽自動車に保険をかける場合等には、結構高い金額になります。そのような場合に、自動車保険料を適切に引き下・・・

自転車の事故にも備えよう!自転車傷害特約のメリット

最近はスマホを見ながら自転車を運転中に歩行者をはねて、死亡させたり重大なケガを負わせたりする事件の話をよく聞きます。自転車事故は自動車事故に比べて重大事故が起こる確率は低いですが、それでも気を付けなくてはなりません。 自・・・

等級をスムーズに引き継ぐために知っておくべき引き継ぎ条件

ノンフリート等級を使って自動車保険料を安くする方法は、保険内容を削ることなく保険料を安くできるので非常に優れた方法です。割引率についても最上級の20級で、保険料が63%も割引かれるので、割引率も非常に大きくなっています。・・・

携行品損害担保特約とはどんな特約か?特徴と補償範囲を解説

高価なサーフボードをキャリアに付けて全国各地に自動車で出かける方は、加入している自動車保険に携行品損害担保特約を付けた方が良い場合があります。この特約を付けておくと、交通事故でサーフボードが壊れた場合、その修理代又は買替・・・

全損時には車両保険はどれだけ支払われるか?

事故った車

車両保険からの保険金がもっとも必要になるのは大きな交通事故で車両が修理不能になるくらい大破し、自動車の買い替えが必要になる場合でしょう。そんな時車両保険がどのくらい支給されるのかというと、その金額は契約時に定めた補償上限・・・

一般型とエコノミー型で違う?車両保険の補償範囲について

車両保険に入る場合に本当に車両保険が必要な場合のみにしっかりとした補償を受けることができれば、それ以外の補償内容は多少削ってもよいという方はエコノミ―タイプがオススメです。幅広い範囲の補償を受けたいという場合は一般型がお・・・

5等級以下の方必見!等級をリセットする方法

ノンフリート等級が4級以下になると保険料が割り引かれるどころか反対に割増しになります。ノンフリート等級が低い場合、何とかして新規加入時に適用される6級にリセットする方法がないものかと考える方もいらっしゃると思います。果た・・・

軽自動車の保険料の平均相場は月々いくら?

軽自動車の保険料の相場とは?

軽自動車は、税金面での優遇や維持費の安さから、非常に人気があります。また、セカンドカーとして軽自動車を購入される方も非常に多くいらっしゃいます。では、この軽自動車の自動車保険料の平均相場は月々いったいどれくらいになるので・・・

車両保険の車両価格はこうして決まる

車両保険の車両価格とは、おおよそのところは、自動車保険と契約している車両の市場販売価格ことをいいます。市場販売価格とは、契約車両を仮に中古車市場で販売した場合、つけら得ることが予想される価格のことをいいます。 この車両保・・・

自動車保険とJAFのロードサービスの違いの比較

JAF(日本自動車連盟)とは、自動車ドライバーの利益の保護のために設立された一般社団法人です。JAFは、路上でのパンクやバッテリー上がり、駐車場でのうち鍵等に対する対応であるロードサービスを主体として、自動車に関するさま・・・

火山の噴火により自動車が壊れた!車両保険で補償される?

日本は世界有数の火山国です。ですから、火山の噴火による自動車に破損などの被害を受ける可能性が高いと言えます。火山による自動車の被害としては、噴石によってフロントガラスが割られたり、溶岩流で自動車が流されること等が考えられ・・・

台風、大雨、洪水で車が水没した場合には車両保険で補償される?

最近は異常気象の影響で、台風、大雨、洪水の被害が甚大になってきました。これらの自然災害により、自動車が水没する等の被害に遭うことも、決して他人事とは言えなくなってきました。さて、このような被害にあった場合、車両保険から補・・・

事故を起こすと「事故有り等級」が適用されて通常よりも保険料が高くなる!

平成25年10月にノンフリート等級制度の改定が行われました。この改正により、交通事故で保険を使った方が、その後により多くの負担を求められるようになりました。以下では、この改正の内容について説明いたします。 平成25年のノ・・・

タイヤがパンクした!車両保険で修理できる?

自動車で走行中、釘やガラスの破片を拾ってタイヤがパンクすることもあります。また、駐車している自動車に、誰かがイタズラで千枚通しで穴をあけ、タイヤがパンクすることもあります。このような場合、特にタイヤが新品の場合には、保険・・・

軽自動車に車両保険は必要か?

はっきり言うと自動車保険で車両保険を付帯する場合と、しない場合ではかなり保険料が違います。倍くらいの差がでることも稀ではありません。軽自動車に車両保険は必要でしょうか。保険料を抑えたいならば付帯しない方が安くなりますが、・・・

軽自動車の保険料はどうやって決まるの?

軽自動車 ミニバン

軽自動車には料率クラスがありません。そうなれば保険料を決める要因には何があるでしょうか。軽自動車の保険料は記名被保険者と車両保険によって決まります。 記名被保険者の違い 自動車保険において、自動車と補償内容が同じ場合、記・・・

「4ナンバー」「5ナンバー」とは?軽自動車の種類について

一般的な自動車のナンバープレートを見ると使用の本拠地の表示、たとえば「品川」のあとに数字が書かれていると思います。これを分類番号と言い、その数字によって実は車種が分類されています。分類番号のはじめの数字を取って「4ナンバ・・・

軽自動車の自動車保険の補償内容

自動車保険には大きく分けて4つの補償内容に分類することができます。「対人」「対物」「傷害(搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険)」「車両」それぞれがどんな補償内容なのかわからなければどのくらいの補償が必要かわかりません。それ・・・

軽自動車と普通車の保険料はどのくらい違う?

自動車保険の保険料は簡単に言えば、保険会社の支払いリスクが大きいほど高く、リスクが小さいほど低く設定されます。軽自動車と普通車の保険会社のリスクはどのように考えられるでしょうか。 軽自動車には料率クラスが存在しない 自動・・・

軽自動車の自動車保険とは?

自動車保険の保険会社はたくさんありますが、軽自動車専用の自動車保険会社というのは耳にしません。軽自動車専用で用意されている保険種類も聞いたことがありません。それでは軽自動車の保険と普通自動車の保険では全然変わりがないので・・・

ロードサービスはココを見る

ロードサービスとは? 自動車保険選びの重要なポイントとなる事項のひとつが、ロードサービスです。これは自動車に乗っている時に万一トラブルが生じた際、保険会社が対応してくれるサービスのことを指します。事故ではなく、急な故障や・・・

飛び石で車のフロントガラスが割れたら車両保険で直せるのか?

飛び石とはどのような事故か 飛び石とは、自動車を運転中、前を走行中の自動車が道路上の小石を踏み、その結果、その小石が窓ガラスやボンネットに衝突し、自動車が損傷するというような事故のことをいいます。 飛び石は、高速道路など・・・

車両保険はどのような場合に必要になるか?

自動車保険に車両保険を付けていないと… 車両保険は、自動車そのものに発生した損害を補償してくれる保険です。 自分の車が損害を受けてしまったら「車両保険」 車両保険未加入の自動車保険では、たとえば、自動車を運転して自分で電・・・

軽自動車の保険と税金

税負担が軽い  軽自動車税は自動車税とは異なり、市町村に収める税金です。軽自動車税は自家用自動車の場合が7,200円、貨物用の場合が4,000円と、自動車税と比較してもかなり安いことがわかります。税法の改正により2015・・・

郵便局の自動車保険

 全国にネットワークを持つ郵便局では、自動車保険の取り扱いをしています。日本郵政株式会社が、損害保険会社のように単体として保険商品を販売しているわけではなく、複数の損害保険会社と代理店契約を結び、自動車保険商品を販売して・・・

どっちがお得?自動車保険と自動車共済の違い

 自動車保険と自動車共済はどちらがお得なのか?どんな違いがあるのか気になる方も多いかと思います。しかし、実のところ保険商品と共済商品の補償内容はさほど変わりません。かつて共済は補償内容が少なく、示談交渉もしてもらえないと・・・

子供が車を運転するようになったら「子供特約」

 子供特約とは同居している子供が車を運転する場合に、自動車保険で指定した年齢条件とは別に、子供の年齢条件を設定することができる特約のことを指します。この場合の子供とは次の人物を指します。 記名被保険者の子供 子供の配偶者・・・

車にペットを乗せていても安心!「ペット補償特約」

 ペットは家族の一員と同じで、ドライブや旅行にもペットを同伴させたいと願うドライバーが増加しています。しかしながら万が一の事故の場合にはドライバーと同乗者は補償されますが、ペットについては対象外となり補償されないのがこれ・・・

共済とはどのようなものか?

 共済とは、皆で少しずつお金を出し合って誰かが病気やケガで困っているときにそのお金で助ける相互扶助の概念のもとに設立された制度のことで、自動車保険などの保険と同じ役割を果たします。全労済や都道府県民共済、JA共済などがそ・・・

事故対応に関連するサービス

 自動車保険会社では、保険に加入することによって受けることの出来るサービスがあります。そうした付帯サービスとしてはロードサービスが有名ですが、ここでは事故対応に関連するサービスを紹介します。 示談書省略サービス  事故対・・・

自動車保険会社の事故対応

 自動車保険とは、万が一の事故に備えて加入するものです。特に近年では交通事故による賠償金も多額となっていますので、そうした意味でも任意保険の加入は必須だと考えても良いでしょう。では、万が一の交通事故が起こってしまった場合・・・

「提携修理工場サービス」で様々なサービスが無料に

 もし自動車同士の事故により車が動かなくなったり、故障してしまい修理が必要となった場合には、知りあいの修理工場があるからと言う人はともかく、車の修理なんてしたことがないからどの修理工場に出せば良いのか解らないと言う人も少・・・

ガス欠でも安心!「ガソリン補給サービス」

 自動車保険に加入することで自動的に付帯してくるロードサービスの中で、特にお世話になることが多いのがガソリン補給サービスです。ガソリン補給サービスとは、道路上でガス欠を起こしてしまい自動車保険を契約している車両が動かせな・・・

落輪や乗り上げに対処する「引き上げ・引き下ろしサービス」

 自動車保険のロードサービスの中にはクレーン車による引き上げ・引き下ろしを行うサービスがあります。引き上げ・引き下ろしサービスとは、契約対象車両が側溝などに落輪してしまった時、または縁石などに乗り上げてしまった時などに対・・・

トラブルにより帰宅できなくなったら「帰宅・宿泊サポートサービス」

 各保険会社で提供しているロードサービスにはさまざまなサービスがあります。レッカーサービスや車両トラブルに対応してくれるサービスなどが有名ですが、これらのサービスに付随していると言えるのが、帰宅・宿泊サポートサービスです・・・

様々なトラブルに対応「緊急修理サービス」

 近年の自動車保険では契約をするとロードサービスが自動的に付帯してくるようになっています。このロードサービスの中に、緊急修理サービスと呼ばれるものがあります。各保険会社によって名称は異なっており、「トラブルサポートサービ・・・

車が自走できなくなったら「レッカーサービス」

 自動車保険が提供するロードサービスにはさまざまなサービスがありますが、そのなかでも代表的なのがレッカーサービスで多くの保険会社が提供しています。  レッカーサービスとは、事故や車の故障により自力で走行出来なくなってしま・・・

自動車保険のロードサービスとは?

 自動車保険の規制緩和以降、さまざまな会社が参入してきており、それぞれの保険会社によって独自のサービスの提供が行われるようになっています。特に他社との違いを見せるということで、近年ではロードサービスを付帯する自動車保険が・・・

ノンフリート等級別料率制度

 自動車保険を含め保険制度は相互扶助で成り立っています。つまり多くの人が保険料を出しあい、他の人を助けるという目的です。公平性の原則が自動車保険にも生かされており、保険契約者が公平に自動車保険の恩恵にあずかれるよう保険商・・・

日常生活におけるトラブルは「個人賠償責任特約」で

 車を運転していない時に他人の物品を壊してしまったり、自転車で衝突し歩行者に怪我を負わせてしまったりした場合に補償されるのが個人賠償責任特約です。この特約は自動車を運転していない日常生活に起因する損害を補償するための特約・・・

「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」は大規模な自然災害にも対応

 事故により車が損害を被った時、もしくは火災や台風などの被害にあって車が損害を受けた時には車両保険によって損害分が補償されます。しかし自然災害については補償対象となる事象が台風、竜巻、洪水、高潮に限られており、それ以外の・・・

時価額を超えて全額補償!「対物全損時修理差額費用特約」

 事故を起こした場合に相手の車そのものの修理費用を補償するのが対物賠償責任保険です。対物賠償責任保険は無制限で加入していれば相手方の修理費用もすべて無制限で支払われると考えるかもしれませんが、実際はそうではありません。全・・・

事故に付随する諸費用を負担する「事故付随費用特約」

 交通事故や自損事故で車が自走不能となった場合には、車を整備工場などの安全な場所へ移送する必要がありますし、ドライバーや同乗者の帰宅費用や遠方の場合であれば宿泊費用が発生します。事故に伴う心労は大きいですから、経済的な損・・・

自動車保険会社が示談交渉に介入できない場合でも頼もしい「弁護士費用特約」

 事故を起こしてしまったり、もらい事故によって被害を受けてしまったりした場合には相手方との示談交渉が必要になります。自分が起こしてしまった事故の場合は保険会社の事故担当者が相手との示談交渉を進めてくれますが、もらい事故の・・・

他人の車を運転して事故に遭ったら「他車運転特約」

 友人や他の親族などの車を運転して事故を起こしてしまった場合に、自分の契約している自動車保険で補償できる特約があります。それが他車運転特約です。他車運転特約が付帯しているなら、たとえば保険契約内容が家族限定であったり、年・・・

車を修理中のレンタカー費用は「代車費用特約」で

 事故で破損した車を修理している間、代車がなければ生活に支障が出てしまうケースが有ります。生活の足として車を使用している場合にはなおさらです。修理が1日か2日程度であればそれほど支障はないかもしれませんが一週間やそれ以上・・・

原付も所有していたら「ファミリーバイク特約」

スクーター

 ファミリーバイク特約とは保険契約者とその家族が所有する原動機付自転車(125cc以下)を運転中に発生した事故や傷害、死亡を補償する特約です。対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害補償保険や自損事故傷害保険をセット・・・

全損時の諸費用を補償「車両全損時費用特約」

事故った車

 車を運転中に事故に遭い全損になってしまった場合、車両保険から保険金が支払われます。保険金額は契約している保険金額の上限までとなるため、全損扱いになったとしても修理費用が支払えないケースが生じます。  たとえば車両保険金・・・

車載品が破損してしまったら「車載身の回り品補償特約」

 交通事故に遭ったり、事故を起こしてしまったりした場合、自分の車に対する補償は車両保険で賄うことができます。車両保険は車に対する補償ですから、自動車に固定された装備品やオプションパーツはすべて補償されます。  しかし車両・・・

新車のうちに事故に遭っても「車両新価保険特約」で安心!

 車の補償の1つに車両保険がありますが、車両保険は損害を被った車の修理費用を補償する保険です。保険金額は決められた範囲内であれば自由に設定することができます。仮に車が全損になった場合、もしくは車両保険を上回る修理費用が発・・・

【特約一覧】様々な特約で補償を更に充実させる

任意の自動車保険には基本補償に加えて補償内容をさらに充実させることができる特約を付帯することができます。保険料を少し上乗せすることで追加補償やさまざまなサービスを受けられます。契約内容を限定することもでき、保険料を本来よ・・・

自分の車が損害を受けてしまったら「車両保険」

 所有する車を運転中に衝突したり接触したりして、車に損害が生じた場合に支払われるのが「車両保険」です。 車両保険の特徴 車両保険には次のの2種類があり、その違いは補償の範囲と保険料です。 一般車両保険 エコノミー車両保険・・・

単独事故でも補償を受けられる「自損事故傷害保険」

電柱に衝突した車

 自分が運転する車で自損事故を起こしてしまい、ケガをしたり万が一なくなったりしてしまった場合は自賠責保険からは保険金が支給されません。このようなケースで車を運転している人や同乗している人に対して保険金が支払われるのが「自・・・

無保険車の事故から身を守る「無保険車傷害保険」

 事故に遭遇してケガをして後遺障害になった場合や死亡してしまった場合、加害者の加入する自賠責保険と任意保険から保険金が支払われるのが一般的です。しかしすべての人が任意保険に加入しているわけではなく、まれにですが加害者が無・・・

「搭乗者傷害保険」でケガの補償を手厚く

 保険契約のある車に搭乗している人が事故によりケガをしたり死亡してしまったりした場合に補償されるのが「搭乗者傷害保険」です。 搭乗者傷害保険の特徴  運転者、同乗者に関わりなく契約している車に乗っている方全員が補償対象に・・・

「人身傷害補償保険」は搭乗者のケガなどを実損害分だけ補償

 「人身傷害補償保険」は車を運転中もしくは乗車中に事故に遭いケガをした場合、もしくは万が一死亡した場合に支払われる補償です。 人身傷害補償保険の特徴  この補償の特徴は、自身、相手双方の過失割合にかかわらず実損払いである・・・

相手の器物を破損した場合は「対物賠償責任保険」

 車を運転中に事故を起こし相手の車や物品に損害を与えた場合の補償を提供するのが「対物賠償責任保険」です。対人賠償責任保険が人への補償であるのに対して対物賠償責任保険は物への補償になります。 対物賠償責任保険の特徴  対物・・・

相手にケガなどをさせた場合は「対人賠償責任保険」

 自動車事故で万が一、人身事故を起こしてしまった場合に必要なのが「対人賠償責任保険」です。 対人賠償責任保険の特徴  この保険は保険を契約している被保険者が自動車事故により車の搭乗中の相手や歩行者を死亡させたり、けがをさ・・・

任意保険の7つの補償内容一覧

自賠責保険だけでは被害者の身体に対する最低限の補償しかカバーできない事がおわかりいただけたと思います。自分の怪我の治療や車の修理に必要な費用を賄うためには任意保険に加入する必要があります。 任意保険の7つの補償 任意保険・・・

自賠責保険の補償内容

 自賠責保険の補償内容は死亡、後遺障害、傷害に分けられており、身体の補償のみとなっています。また補償金額も無制限ではなく上限が定められています。具体的な補償内容や補償額は以下の表のとおりになっています。 補償対象 補償内・・・

自動車保険はどのような仕組みになっているか?

 自動車保険とは自動車の利用に伴い発生しうる損害を補償するのが目的です。自動車による損害が発生した場合、その損失の度合いに応じて保険会社が定めた保険金が支払われます。補償の対象は契約内容に応して、自分や搭乗者への補償、相・・・

どうして自動車保険は必要なのか?

 自動車の運転に自信を持っている人の中には、事故を起こす可能性はまず無いのに、なぜ自動車保険に加入する必要があるのかと考える人がいます。自賠責保険で対人補償があるわけですから、わざわざ任意保険にまで加入する必要がないと考・・・

サブコンテンツ