「調停、民事訴訟」の記事一覧

交通事故に関連して、裁判や調停になることもありますが、そのときに弁護士を雇うことが必要になるケースもあります。そのときにかかる費用には、着手金、報酬金、旅費、実費などがあります。そして、裁判にはその訴訟費用があります。弁護士に依頼したほうがよい案件もあるようです。それは、加害者が被害者を交通事故で死亡させたり重傷を負わせた場合と被害者に事故で死亡した場合や重度の障害が残った場合、示談交渉が決裂して裁判になった場合です。また、この弁護士を選ぶ際にも、信頼関係が大切になりますし、交通事故に精通していることが大切です。

裁判で弁護士を雇うと必要になる弁護士費用と訴訟費用

裁判で弁護士を依頼すると必要になる弁護士費用 裁判での手続きを弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかります。これは、大まかに分類すると①着手金②報酬金③旅費・日当④実費となります。なお、大きな事件で着手金と報酬金が高額にな・・・

交通事故紛争の解決に弁護士が必要な場合

紛争解決に弁護士を依頼した方がよい場合 紛争解決のために弁護士に依頼した方がよい場合は、3つのケースが考えられます。1つは、加害者が被害者を交通事故で死亡させたり重傷を負わせた場合で、刑事裁判にかけられているよう場合です・・・

民事訴訟による交通事故紛争の解決

民事訴訟による解決の特徴 示談交渉がまとまらず、また、調停による解決もできなかった場合には、最後は民事訴訟によって解決します。いわゆる「裁判」による解決です。もちろん、裁判に至るまでに、必ず示談交渉や調停を行わなくてはな・・・

民事調停による交通事故紛争の解決

示談交渉があまりにも難航する場合には調停を考える 交通事故を解決する場合、基本的に示談交渉で和解を図っていきますが、折り合いがつかずなかなか話が進まないことがあります。このまま示談交渉をしても意味がないという場合に行うの・・・

サブコンテンツ