交通事故の損害賠償請求権の時効はいつまで?

交通事故の損害賠償請求権の時効期間について 交通事故の損害賠償請求権は、その権利を行使できる時から、権利を行使しないまま、一定期間経過した場合には、時効により消滅します。すなわち、交通事故で被害を受けたにもかかわらず、そ・・・

損害賠償を請求するタイミング

損害賠償の請求ができる原則的なタイミング 交通事故の被害者になった場合、通常は、受けた損害に対する賠償金を、加害者に対して請求できます。ただし、この賠償金の請求は、原則として、事故で受けたかがが治るなどして、賠償金の総額・・・

加害者が会社の車で事故を起こした場合には誰に損害賠償を請求する?

交通事故の加害者が、事故当時、会社の車を運転していた場合の賠償責任 交通事故の加害者が、会社の業務のために、会社の自動車を運転中、歩行者をはねるような交通事故はよくおこります。このような、加害者が会社の車で事故を起こした・・・

交通事故で加害者が死亡した場合は誰に損害賠償請求をする?

交通事故の加害者が死亡した場合の事故の損害賠償の請求先 交通事故の被害者となったものの、加害者が死亡してしまった場合があります。例えば、加害者の自動車が、センターラインオーバーで、対向車線を走行していた被害者の自動車に衝・・・

交通事故の加害者が未成年の場合には誰に損害賠償を請求する?

未成年者が事故を起こした場合、その責任を問えるかどうかを決める基準 未成年者の交通事故の責任については民法712条で以下のように規定しています。 未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足・・・

誰に対して損害賠償を請求できるのか?

自己の損害賠償は誰に請求するのか 他人の自動車による交通事故で損害を受けた被害者は、その損害の賠償を請求できます。原則としては、事故を起こした自動車の運転者に請求するのですが、事故にはさまざまなケースがあり、自己の関係者・・・

損害賠償額を決定するための3つの基準

交通事故の被害者となった場合、民法上の不法行為に対する損害賠償請求権に基づいて、賠償金を請求できます。この損害金を算定する際には、自賠責保険料の支払い基準、損害保険会社の支払い基準、日弁連の支払い基準と3つの基準がありま・・・

損害賠償の請求権を持っているのは誰か?

死亡事故の場合の損害賠償請求権者について 交通事故の被害者となった際に請求できる損害は、①積極損害②消極損害③慰謝料の3種類あります。被害者が生存している場合には、①②③とも被害者本人が請求するということで問題はありませ・・・

被害者が請求できる損害賠償の内容は?

交通事故の被害者が請求できる損害賠償の範囲 交通事故の被害者は、故意または過失により、自己の権利を侵害されたわけですから、民法第709条の規定に従って、加害者に対して、事故によって受けた損害の賠償を請求できます。 なお、・・・

サブコンテンツ