「損害賠償」の記事一覧

交通事故の被害者になってしまうと出費がいろいろ重なってしまいます。そのため加害者に対して損害賠償を請求する事が出来ます。損害賠償は請求しないと加害者からお金を支払ってもらえないのでどのような請求が出来るのかしっかり確認しておきましょう。

・治療費
・休職した分の費用
・慰謝料
・修理費

この4点を請求する事が出来る項目となっていて被害者が請求したい項目を選択してその合計金額を加害者に損害賠償請求する事が出来ます。被害者になると出費も多くなってしまうので請求出来るものは遠慮しないで請求しておいた方がいいでしょう。

店舗や建造物の損害はどこまで請求できる?

車以外の物損事故の損害賠償について 自動車が建物などに衝突して、建物などが壊されるような事故はよく起きます。この事故のように、自動車など衝突や接触によって、建物などが壊された被害者は、その壊された建物等の被害分の損害賠償・・・

車の修理期間中に認められる損害とは?

修理期間中などに認められる損害とは 交通事故の被害で車が破損し、修理や買替えのために、自動車が使用できない場合があります。この場合、一般車の場合には、代車費用、営業者の場合には、休業期間中に車が使用できなかったことによる・・・

車の修理費用はどこまで請求できるか?

交通事故で車が損壊した場合に請求できる費用の範囲について 交通事故の被害者となり、自分所有の車が破損した場合には、破損の程度に応じて、修理費用や車の買替え費用を、事故の加害者に請求できます。なお、この場合、被害者の側にも・・・

物損事故で請求できる損害賠償の内容

物損事故による被害で損害賠償ができる範囲について 交通事故にあい、自動車が損傷する場合があります。一定の場合、事故の加害者等に対して、自動車の損傷等の物損事故による損害の賠償を請求できます。ただし、人身事故の場合と異なり・・・

死亡事故での慰謝料はいくら請求できる?

死亡事故で被害者が死亡した場合の慰謝料 交通事故で被害者が死亡した場合、本人が受けた精神的苦痛に対する慰謝料を、加害者または保険会社に請求できます。また、民法711条では、他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者、・・・

死亡事故の場合、幼児・学生・高齢者の逸失利益は「賃金センサス」により算出される

幼児・学生・高齢者が交通事故で死亡した場合の逸失利益の算出方法について 学生・幼児・高齢者が交通事故の被害に遭い死亡した場合にも、加害者または保険会社に、もし死亡しなかった場合には、労働により得ることができるはずだった、・・・

死亡事故の場合、専業主婦の逸失利益は「賃金センサス」を元に算出される

専業主婦の逸失利益の計算方法について 専業主婦が交通事故により死亡した場合、専業主婦は、給与所得がありませんが、家事労働の経済価値を求めて、逸失利益があると考えられているため、逸失利益の損害賠償請求が可能です。 専業主婦・・・

死亡事故の場合、個人事業主の逸失利益は前年の年収を元に算出される

個人事業主の逸失利益の計算方法 農家、医師や税理士、著述業などの個人事業主が交通事故の被害に遭い死亡することもあります。このような場合、死亡した個人事業主の遺族は、個人事業主が死亡しなかった場合に得られるはずの収入を、逸・・・

死亡事故の場合の給与取得者(サラリーマンやOL)の逸失利益の算出方法

サラリーマンやOLの逸失利益の算出方法 サラリーマンやOLが交通死亡事故の被害者となった場合、その被害者が事故で死亡しなかった場合に得られたであろう生涯収入を逸失利益として、加害者または保険会社に請求できます。 このサラ・・・

「葬祭費」はどこまで認められるか

交通死亡事故の被害者の葬儀に掛かった費用の損害賠償について 交通事故の被害者が自己の負傷が原因で死亡した場合、その葬儀にかかった費用は、葬祭費として、加害者または保険者に、被害者の遺族が、その賠償の請求ができます。 その・・・

死亡事故で請求できる損害賠償の内容

交通事故で死亡した被害者に対する損害の賠償について 交通事故が原因で被害者が死亡する場合があります。このような場合には、どのような費用が損害賠償の対象になるのでしょうか?このように、交通事故で死亡したものに対する損害の賠・・・

交通事故により後遺障害が残った場合の慰謝料

交通事故の後遺障害の慰謝料の請求について 交通事故で後遺障害が残った場合、当然に、被害者は精神的な苦痛を受けます。そして、この苦痛は、当然のことながら、加害者または保険会社に、その損害の賠償を請求できます。 この、後遺症・・・

「むちうち症」の場合の損害賠償は認められるか?

「むちうち症」による後遺障害の損害賠償の請求について 交通事故の被害者になると、長期間「むちうち症」で苦しむことがあります。この「むちうち症」とは、一般的には「頚椎捻挫」といいます。自動車に乗車中追突された場合に、首や背・・・

後遺症の場合に請求できる逸失利益

交通事故の後遺障害による逸失利益の計算方法 交通事故で後遺障害を受けた場合、障害が残ると労働能力が低減します。この労働能力の低減による生涯年収の減少分は、逸失利益として損害賠償の対象になります。しかし、この逸失利益の賠償・・・

「家屋改造費、装具購入費」は損害賠償費として認められるか?

交通事故の後遺症による家屋改造費の賠償請求について 交通事故の後遺症で、身体に障害が残った場合、住宅をバリアフリー構造にしたり、車椅子等の装具を購入することが必要になります。このような費用は、交通事故がなかったならば、発・・・

病状固定後の将来の治療費や添付看護費

交通事故の被害で後遺症が残った場合、将来の治療費や添付看護費は請求できるか 交通事故でケガをした場合、当然そのケガの治療を行います。ですが、医師が一とおり必要な治療を行い、これ以上、治療の効果が認められない判断すると、そ・・・

後遺症の場合に請求できる損害賠償の内容

後遺症が残った場合の損害賠償請求について 交通事故により負傷した場合、その負傷が原因で、失明や半身不随といった障害が残ることがあります。これらの障害が残った上、その障害が一定の基準に該当する場合には、自賠責保険や任意保険・・・

傷害事故の慰謝料はいくら請求できる?

交通事故で傷害を受けた者に対する慰謝料について 交通事故が原因のケガで病院に入院や通院した者は、慰謝料が認められます。この慰謝料は、事故によるケガのために病院へ入院や通院したことにより、精神的苦痛が生じます。この精神的苦・・・

学生、フリーター、失業者の休業損害の算出方法

失業者、学生、アルバイトの休業損害について 失業者、学生、アルバイトの方が交通事故の被害者となることもあるかと思います。これらの方々は、原則として、交通事故が原因の負傷により、休業したとしても、休業損害の賠償請求ができま・・・

専業主婦の休業損害は「賃金センサス」に基づいて算出する

専業主婦の休業損害について 専業主婦が交通事故の被害者になることもあるかと思います。専業主婦が交通事故の負傷が原因で、家事を休んだ場合にも、その休んだ日数分の休業損害を加害者や保険会社に対して請求できます。 専業主婦の休・・・

個人事業主の休業損害は前年の年収から算出する

個人事業主の休業損害の算定方法について 交通事故で負傷したのが個人事業主の場合で、その個人事業主がその負傷のため仕事を休んだ場合、その休んだ期間、一定の方法で算出した休業損害について、加害者または保険会社にその賠償を請求・・・

サラリーマンやOLといった給与取得者の休業損害の算出方法

サラリーマンやOLの休業損害について サラリーマンやOLが、交通事故が原因のケガで、入院や通院または自宅療養等により、会社を休んだとしましょう。この場合、もし事故がなければ、通常とおり、会社に勤務して、その勤務期間の給料・・・

通院にかかった交通費の請求は?

通院交通費は損害賠償の対象となるか 交通事故が原因のケガなどにより、病院に通院することがあります。その病院が被害者の自宅の直近にあれば、被害者は原則として徒歩で通院しますから、通院交通費はかかりません。しかし、そのような・・・

入院雑費・謝礼はどの程度まで認められる?

入院雑費の損害賠償請求について 交通事故が原因の負傷の治療のために病院へ入院した場合、治療関係費がかかることは言うまでもありません。しかし、この治療関係費以外にも、入院をすれば、さまざまな入院生活に関する経費が発生します・・・

付添看護費が認められるには医師の証明が必要

添付看護費の種類について 交通事故による負傷のため、病院へ入院・通院する際、場合によっては、付添看護が必要になる場合があります。この付添看護費は、一定の場合には、損害賠償の対象となります。なお、損害賠償の対象となる付添看・・・

治療関係費は積極損害として全額請求できる

治療関係費の種類について 交通事故の被害者となり、負傷した場合には、原則として、加害者に対して、その治療にかかった費用の賠償を請求できます。この場合、治療にかかった費用のどの部分が、損害賠償の対象となるかが問題となります・・・

傷害事故で請求できる3種類の損害賠償の内容

傷害事故で請求できるのは積極損害、消極損害、慰謝料の3種類 交通事故の被害者となり、ケガや障害を受けた場合、どのような損害を加害者に対して請求できるかを考えてみます。この場合に被害者が請求できる損害は大きく分けて3種類あ・・・

交通事故の損害賠償請求権の時効はいつまで?

交通事故の損害賠償請求権の時効期間について 交通事故の損害賠償請求権は、その権利を行使できる時から、権利を行使しないまま、一定期間経過した場合には、時効により消滅します。すなわち、交通事故で被害を受けたにもかかわらず、そ・・・

損害賠償を請求するタイミング

損害賠償の請求ができる原則的なタイミング 交通事故の被害者になった場合、通常は、受けた損害に対する賠償金を、加害者に対して請求できます。ただし、この賠償金の請求は、原則として、事故で受けたかがが治るなどして、賠償金の総額・・・

加害者が会社の車で事故を起こした場合には誰に損害賠償を請求する?

交通事故の加害者が、事故当時、会社の車を運転していた場合の賠償責任 交通事故の加害者が、会社の業務のために、会社の自動車を運転中、歩行者をはねるような交通事故はよくおこります。このような、加害者が会社の車で事故を起こした・・・

交通事故で加害者が死亡した場合は誰に損害賠償請求をする?

交通事故の加害者が死亡した場合の事故の損害賠償の請求先 交通事故の被害者となったものの、加害者が死亡してしまった場合があります。たとえば、加害者の自動車が、センターラインオーバーで、対向車線を走行していた被害者の自動車に・・・

交通事故の加害者が未成年の場合には誰に損害賠償を請求する?

未成年者が事故を起こした場合、その責任を問えるかどうかを決める基準 未成年者の交通事故の責任については民法712条で以下のように規定しています。 未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足・・・

誰に対して損害賠償を請求できるのか?

自己の損害賠償は誰に請求するのか 他人の自動車による交通事故で損害を受けた被害者は、その損害の賠償を請求できます。原則としては、事故を起こした自動車の運転者に請求するのですが、事故にはさまざまなケースがあり、自己の関係者・・・

損害賠償額を決定するための3つの基準

交通事故の被害者となった場合、民法上の不法行為に対する損害賠償請求権にもとづいて、賠償金を請求できます。この損害金を算定する際には、自賠責保険料の支払い基準、損害保険会社の支払い基準、日弁連の支払い基準と3つの基準があり・・・

損害賠償の請求権を持っているのは誰か?

死亡事故の場合の損害賠償請求権者について 交通事故の被害者となった際に請求できる損害は、①積極損害②消極損害③慰謝料の3種類あります。被害者が生存している場合には、①②③とも被害者本人が請求するということで問題はありませ・・・

被害者が請求できる損害賠償の内容は?

交通事故の被害者が請求できる損害賠償の範囲 交通事故の被害者は、故意または過失により、自己の権利を侵害されたわけですから、民法第709条の規定にしたがって、加害者に対して、事故によって受けた損害の賠償を請求できます。 な・・・

サブコンテンツ