少年が起こした交通事故の処分

20歳未満の者が起こした交通事故について 小型特殊、原付、普通二輪の免許は16歳以上で取得できます。また、普通自動車免許は18歳以上で取得できます。ですから、20歳未満の少年者が交通事故により、被害者を死傷させ刑事罰を受・・・

交通事故の加害者に科せられる刑罰の内容

刑事裁判により、交通事故の加害者である被告人が、裁判官により、有罪と判断された場合には、判決または略式命令により、被告人に刑罰が科されます。   交通事故の加害者に科せられる刑罰の種類 交通事故の加害者に課せられる刑罰に・・・

交通事故による正式裁判と略式裁判

正式な裁判を求める場合 検察官は、事件の調査の結果、事故の加害者である被疑者について、事故の加害者であることに間違いがなく、また、加害行為が犯罪を構成し、その証拠も十分で、かつ被疑者に情状酌量の余地がないときには、国家刑・・・

検察官による起訴・不起訴処分

検察官による起訴処分、不起訴処分 検察官は警察官から送致を受けた事件を捜査し終えたら、被疑者を裁判にかけるかどうかを決定します。この決定をすることを検察官の処分といいます。なお、この処分には、大きく分けると、起訴処分と不・・・

交通事故が発生した際の検察官の役割

検察官とは何か 検察官とは、直接、交通事故の加害者(被疑者)を取り調べた警察官から事件送致(事件に関連する「実況見分調書」「写真撮影報告書」といった書類を送る)を受け、その被疑者を起訴、あるいは不起訴することで、裁判にか・・・

交通事故を起こした際に科せられる刑事責任について

交通事故の刑事責任について 交通事故を起こした場合、刑事責任、民事責任を問われ、また、行政処分を受けます。このうち、刑事責任について考えます。刑事責任とは、刑法で定める犯罪を犯した者が国家が与える刑罰を受ける責任ことです・・・

サブコンテンツ