「行政処分」の記事一覧

道路交通法等の違反時に、司法でなく、行政が直接不利益措置をとる行政処分というものがあります。行政処分には、一時停止無視など軽い違反に対して適応される交通反則通告制度からひき逃げなどの重い罪や点数の蓄積によりに適応される免許停止処分まであります。交通反則通告制度では、反則金を払えば、起訴されず、刑事裁判にならないため前科がつくといったことはありません。前述の免許停止処分における点数は、原則として過去三年の点数を参照します。なので、三年をすぎれば過去の違反は関係なくなります。これらの処分に対して不満や不服がある場合には、申し立てることで行政処分を取り消させることも可能な場合があります。

軽微な違反は「交通反則通告制度」で反則金を支払う

交通反則通告制度について 自動車交通の急速な発達に伴い、道路交通法違反事件の件数が飛躍的に増大しました。このため、すべての交通事件について、検察・裁判所が処理することになると、大変な負担となります。 このため、比較的軽微・・・

免許の停止処分や取消処分に対して不服があれば申し立てができる

仮停止処分の場合の「弁明の機会の付与」について 免許の仮停止処分とは、以下のような場合に、交通事故の起きた場所を管轄する警察署長が処分の対象となる者から、一定の期間運転免許を停止するというものです。交通事故を起こした日か・・・

運転免許の停止処分・取消処分

行政処分としての免許停止・免許取り消し  交通事故を起こした場合の行政処分の代表的なものが、免許停止や免許取り消しです。運転免許は、一般的には運転行為を禁止しておき、必要な知識と心構えを持つものに対してのみこの禁止を解除・・・

免許における点数制度とは

免許の点数制度の概要 免許の点数制度とは、過去3年間に起こした交通違反や交通事故に対して、一定の点数を付け、それが一定の数以上になったものに対して、免許の停止や取消し等の行政処分を行うという制度のことです。 この点数制度・・・

サブコンテンツ