ついに20級到達!どれだけ保険料が割引されるか

ガッツポーズする女性

ノンフリート等級の最上級は20級でその割引率は63%です。ノンフリート等級を20級に上げるには新規加入時点から最速で14年は必要になりますが、級数を20級まで上げると本来の金額の4割以下の金額で自動車保険が利用できるので大変お得です。

※カンタン入力、無料の一括見積もりサービスへ

ノンフリート等級20級の割引率は63%

ノンフリート等級の最上級である20級の割引率は63%です。たとえば、自動車保険料の本来の金額を100,000万円とすると、ノンフリート等級が20級の場合には保険料の金額は37,000円となります。

100,000円×(100%-63%=37%)=37,000円

ノンフリート等級が20級の場合、保険料は本来の金額の4割以下になりますので非常に大きな割引となります。

自動車の任意保険に加入している方で長期間にわたり無事故で保険を使わなかった方の場合、結構充実した保険に入っているにも関わらず、保険料の金額が3万円程度という方もいらっしゃるかと思います。これはノンフリート等級が結構高い水準にあり大きな割引を受けているためです。

ノンフリート等級のことを知らずに保険料の水準がこの程度だと考えていると、たとえば、2台目の自動車を購入しその自動車に保険をかける際にノンフリート等級6等級の保険料を請求された場合、その金額が従来の保険料の2倍以上になっていたりしてビックリすることがあります。

ノンフリート等級は保険料の算定の際に非常に大きな影響を与えるので、保険料を安くすることを考える際に一番大切なのは事故を起こさないでノンフリート等級を上昇させることだということができます。ノンフリート等級を使って保険料を安くする場合、他の方法とは異なり保険料を削ることなく保険料を安くできるというメリットがあります。

ノンフリート等級の20級は大変価値の高いものである

人差し指を立てる笑顔の女性


ノンフリート等級は新規加入時に6等級が割り当てられます。1つの保険期間(1年間)を無事故で経過した場合には次の保険期間からノンフリート等級が1級上がります。保険期間中に重大事故を起こして保険を使った場合には等級は3等級下がります。比較的軽い事故を起こして保険を使った場合には等級は1等級下がります。

新規加入時の6級から最上級である20級まで上昇するには最速でも14年間かかります。ノンフリート等級が20級だと63%という非常に高い割引率が適用され大変安い料金で自動車保険が利用できるわけですが、そこに到達するまでには無事故で14年以上も運転を続ける必要があり、それだけ20級の価値が高いことになります。

年齢の高い方がノンフリート等級の20級を持っている場合、たとえば、その子供さんが新しく免許を取って自動車を購入し保険をかけるという場合には、その息子さんに適用されるべきノンフリート等級の6等級と、その親御さんのノンフリート等級の20級を交換することができます。

免許取り立ての若い方の保険料は非常に高く、反対に運転のベテランで年齢の高い方の保険料は安くなる傾向があります。保険料の高い方に高い割引率を適用し、反対に保険料の安い方に低い割引率を適用すれば、トータルでの保険料は節約できます。ノンフリート等級の20級にはこのような利用方法があります。

自動車保険の長期優良割引について

ノンフリート等級が20級になると、その後いくら保険期間を無事故で経過したとしても等級はそれ以上は上がらず割引率も63%のままで変わりません。しかし、長期優良割引を実施している自動車保険会社と契約している場合には、以下の条件を満たした場合に更に割引を受けることができます。

上記要件を満たした場合には、ノンフリート等級により割引に加えて、更に以下の表で表示する長期優良割引を受けることができます。

保険会社 割引額
AIU 10%
日新火災 3%
共栄火災 3%
富士火災 3%
あいおいニッセイ同和 2%
JA共済 2%
朝日火災 1.5%
三井住友海上 1.5%

長期優良割引を実施している会社はほとんどが代理店型の保険会社なので、通販型の自動車保険を利用されている場合には、この割引を受けることが難しいかもしれません。いずれにしても、一定の場合には、安全運転に対する見返りとしての自動車保険の割引は、ノンフリート等級20級で頭打ちではなくそれからさらに割引があります。

ノンフリート等級20級の方が事故を起こしたらどうなるか

電柱に衝突した車


ノンフリート等級が20級の方は運転が非常に上手な方であることは間違いがありません。しかし、そういった方でも重大事故を起こしてしまうことがあります。ノンフリート等級20級の方が、人身事故を起こし対人賠償保険から保険金が支払われたとします。この場合には翌保険年度はノンフリート等級は3級下がって17級となります。

ノンフリート等級が3級ダウンする事故を起こしてしまった場合、事故を起こした保険期間の翌期以降の3保険期間は事故有係数の割引率が適用されます。事故有係数で17級の割引率は38%割引となりますから、事故を起こした保険期間の次の保険期間は63%から38%への割引率の大幅ダウンとなります。

しかも、事故を起こした日が属する期間の翌期以後3期間(年間)は事故有係数の等級割引率が適用されます。仮に、この方が、事故を起こした日が属する期間の次の期間と次に次の期間に無事故で保険を使わなかった場合、ノンフリート等級は17級から18級・18級から19級へと上昇します。ただし、その際各級で事故有係数の割引率が適用されるので割引率は18級で40%・19級で42%となります。

事故を起こした日が属する期間の翌期間から数えて3期目も無事故で保険を使わなかった場合、ノンフリート等級は20級に上がり、ここで、初めて無事故係数が適用になり割引率が本来の水準(63%)に復帰します。

等級20級の方が事故を起こすとどのくらい保険料が増えるか

基本保険料が100,000万円でノンフリート等級20級の方が人身事故を起こしてしまい等級3級ダウンの処置を受けた場合、どのくらいの保険料を余分に支払わなくてはならないかということを計算してみます。ノンフリート等級が20級の方が無事故であった場合の保険料は4年間で148,000円です。

100,000円×(100%-63%=37%)×4年分=148,000円

一方、20級の方が3等級ダウンの事故を起こした場合、事故を起こした期の保険料はノンフリート等級20級の割引率が適用になるので37,000円です。
その次の期は事故有係数17級が適用されるので保険料は62,000円となります。

100,000円×(100%-38%=62%)=62,000円

その次の期は事故有係数の18級が適用され保険料は60,000円となります。

100,000円×(100%-40%=60%)=60,000円

事故を起こした日が属する期間の翌期間から数えて3期目の期間は事故有係数の19級が適用されますので、保険料は58,000円となります。

100,000円×(100%-42%=58%)=58,000円

ノンフリート等級20級の方が3等級ダウンの事故を起こした場合、事故を起こした期間を含む4期間(4年間)の保険料総額は217,000円となります。

37,000円+62,000円+60,000円+58,000円=217,000円

無事故の場合の4年間の保険料は148,000円で、3等級ダウンの事故を起こした場合の4年間の保険料は217,000円なので、その差額は69,000円となります。1年当たりに換算すると保険料が17,250円増加することになります。

ノンフリート等級制度が存在する理由について

事故を起こしそうなドライバーからは高い保険料を徴収すべきですし、反対に何十年も無事故で運転を継続している優良ラーバーの保険料は安くしてしかるべきです。本来であれば、自動車保険に加入する際に保険会社の担当者が1人1人のドライバーを個別に調査して事故を起こす可能性を決め、それに基づいて保険料を決定すればそれがもっとも適切な保険料ということができます。

しかし、自動車保険には非常に多数の方が加入しますし、毎年発生する交通事故の件数も半端なものではないので、1人1人の加入者の方を保険会社の担当者が調査して各ドライバーが事故を起こす確率を推定し、それに基づいて保険料を定めるという方式は現実的ではありません。

そこで、事故を起した者の保険料を上げ事故を起こさなかった者の保険料を下げるという仕組みを、画一的に非常に多い数の被保険者の方に対して同時に適用するために開発された制度がノンフリート等級制度です。これによって、保険会社は、1人1人のドライバーを個別に調査しなくても、その事故を起こす可能性にしたがって保険料を上げたり下げたりできるようになっています。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ