軽自動車の保険と税金


税負担が軽い

 軽自動車税は自動車税とは異なり、市町村に収める税金です。軽自動車税は自家用自動車の場合が7,200円、貨物用の場合が4,000円と、自動車税と比較してもかなり安いことが分かります。税法の改正により2015年4月以降に軽自動車の新車を購入する場合は10,800円と税額が高くなりますが、それでも自動車税より負担が軽くなっています。

 普通乗用車に比べて税額が安いことに加えて、重量税も1年あたり3,800円安くなっており、維持費が安いのが軽自動車のメリットです。現在の軽自動車は居住性が向上し、エンジン性能や環境性能も格段と良くなっていることから、人気が集まり登録台数も増加しています。

任意保険も安い

 軽自動車の場合、自動車保険も割安な設定になっています。損害保険会社は自動車ごとに保険料率を定めていて、事故率なども勘案し保険料を決定しています。普通乗用車と大きく違うのは、車両料率が設定されていないことです。車両料率とは車の種類に従って保険料が変動する料率のことで、普通乗用車の場合、同じ排気量であってもタイプやモデルによって保険料が変わってきます。しかし軽自動車の場合には車両料率が無いため、すべて一律で保険料が設定されています。

 普通乗用車に比べて割安な理由はそこにあります。保険料や税金などを含めてトータルコストが割安なのが軽自動車の強みです。軽自動車で自動車保険の申し込みをする場合は、普通乗用車と同じくノンフリート等級が適用されます。またイモビライザーやエコカー、安全装備などの基準を満たしていることで割引を受けることができ、割安な保険料で契約することができます。

 また普通乗用車に乗っていた人が軽自動車に乗り換える場合、ノンフリート等級が引き継がれるため、割引率の高い契約者であれば、その分得する事になります。軽自動車にも車両保険を付帯することができます。現在の軽自動車は値段が普通乗用車並みのタイプが少なくないため、いざというときのために付帯する価値があります。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


次の記事へ「」 »

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ