軽自動車に車両保険は必要か?


Fotolia_63733737_XS

はっきり言うと自動車保険で車両保険を付帯する場合と、しない場合ではかなり保険料が違います。倍くらいの差がでることも稀ではありません。軽自動車に車両保険は必要でしょうか。保険料を抑えたいならば付帯しない方が安くなりますが、付帯した方がいい場合もありますので確認しましょう。

車両保険を付帯した方が良い場合

自動車をローンで購入した場合や、通勤または業務で使用する場合などは車両保険を付帯した方が良いでしょう。

ローンで購入した場合

ローンの支払いが残っている場合は事故により車が廃車となってもローンの支払いだけが残ってしまいます。車両保険を付帯しておけばローン残金は清算可能です。新車であっても中古車であってもローンで購入した場合は車両保険を付帯していた方が安心です。

使用目的が通勤または業務の場合

通勤にどうしても車が必要な場合があるでしょう。事故によって車が使用できなくなったら会社に行けず困ります。または業務目的で使用していた場合は、お客様との約束が守れず困ることも考えられます。こういった場合、すぐに修理したり新しい車を買わなければならない状況が考えられます。貯金がなければ悠長にお金が貯まるのを待っていることはできませんので、車両保険を付帯していた方が安心です。

車両保険を付帯する場合、レンタカーの代金を補償するような特約が付けられる場合もあります。すぐに代車が必要であればそういった特約を付帯するとさらに安心できます。

その他、最近では普通車よりも軽自動車の方が、購入金額が高くなっている場合も多くあります。新車を購入した場合などは愛着もあるかと思いますし、高額な車ほど修理代は高くなりますので車両保険の付帯を検討すると良いと思います。

車両保険の種類

車両保険には補償範囲によって3つのタイプがあります。車両保険を付帯する場合でも、補償範囲を狭めることで保険料を抑えることが可能です。事故例を大きく5つに分けると次のようになります。

  • ①他の自動車との衝突
  • ②盗難
  • ③火災・台風など
  • ④単独事故
  • 当て逃げ

車両保険の3つの各タイプについて補償範囲を確認したうえで、自分に合った補償を選びましょう。

一般車両型

一番補償範囲の広いタイプです。5つの事故例すべてを補償することができます。もちろんその分保険料は一番高くなってしまいます。

エコノミー型(車対車+限定A)

このタイプは一般車両型の補償から事故例の④単独事故⑤当て逃げが外されます。単独事故は具体的には、電柱・ガードレール・自転車との衝突やカーブを曲がりきれず墜落・転覆する場合の車両損害が含まれます。車両保険の保険料は一般車両型の大体50%程度に抑えられると思われます。タイプの名前は各社さまざまですのでご確認ください。

車対車型

このタイプだと最も補償範囲が狭く、事故例の①他の自動車との衝突だけを補償します。相手を特定できる事故だけなので、⑤当て逃げは補償されません。保険料は安いですがかなり限定された補償なので、車両を大事にしたいと思うなら少し心細い気がします。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ