自賠責保険の補償内容


 自賠責保険の補償内容は死亡後遺障害傷害に分けられており、身体の補償のみとなっています。また補償金額も無制限ではなく上限が定められています。具体的な補償内容や補償額は以下の表のとおりになっています。

補償対象 補償内容 支払い限度額

葬儀費 60万円(立証資料があれば100万円) 3,000万円
逸失利益 被害者本人が生きていれば得られたであろう収入
慰謝料 ・被害者本人:350万円
・被害者遺族:550万円~750万円
(1名:550万円、2名:650万円、3名以上:750万円)
・被害者に被扶養者がいる場合は更に200万円追加



逸失利益 被害者本人が後遺障害にならなければ得られたであろう収入 ・神経系統・精神・胸腹部臓器への著しい傷害
ー常時介護を要する場合:4,000万円
ー随時介護を要する場合:3,000万円
・上記以外の後遺障害
ー等級に応じて3,000万円~75万円
慰謝料 ・神経系統・精神・胸腹部臓器への著しい傷害
ー常時介護を要する場合:
1,600万円(※1,800万円)+初期費用500万円
ー随時介護を要する場合:
1,163万円(※1,333万円)+初期費用205万円
※被害者本人に被扶養者がいる場合
・上記以外の後遺障害
ー等級に応じて1,100万円~32万円

治療関係費  治療費、看護料、諸雑費など、基本的に実費が支払われる 120万円
文書料 交通事故証明書、印鑑証明、住民票発行などに要した費用
休業損害 1日5,700円(これ以上の収入減の立証があれば1日19,000円を限度してその実額)
慰謝料 1日4,200円

 自賠責保険の補償限度額は死亡の場合が3,000万円、後遺障害の場合が程度により75万円から3,000万円までとなっており、常時介護を要する場合は4,000万円までに引き上げられています。さらに傷害については120万円までの補償額となっており、ケガの程度により補償額が異なります。傷害についての自賠責保険の具体的な補償の中身を見ると、治療に関係する費用については応急手当や入院および通院などの費用は実費分が補償されます。

 加えて整骨院などを利用した場合にも実費が補償されます。また医療保険や傷害保険の請求時にも必要になる診断書の発行については発行のための費用の実費分が補償されます。またケガにより仕事を休まなければならなくなった場合の休業補償については1日あたり5,700円が休業損害として補償されますが、これ以上の収入減が立証されれば程度や認められた状況により最高19,000円までの補償を受けることもできます。また、1日あたり4,200円の慰謝料が補償されます。

 それぞれの補償額をよく見てみると、一般的な補償額としては少ないことがわかります。たとえば死亡した場合は3,000万円となっていますから、扶養家族がいたり、将来のある若者が死亡したりした場合には到底まかなえる額とはいえません。仮に相手が亡くなってしまった場合、精神的な苦痛を埋め合わせるためにはお金による補償以外にはありませんから、自賠責保険の補償だけでは不十分であることがわかります。後遺障害についても同様で、過去の裁判事例では1億円を超える損害賠償請求がされたケースも有ります。これは自賠責保険だけで賄える額ではありません。ですから自賠責保険だけでなく任意保険に加入する必要があるのです。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ