自分の車が損害を受けてしまったら「車両保険」


自動車

 所有する車を運転中に衝突したり接触したりして、車に損害が生じた場合に支払われるのが「車両保険」です。

車両保険の特徴

車両保険には次のの2種類があり、その違いは補償の範囲と保険料です。

  • 一般車両保険
  • エコノミー車両保険

一般車両保険

まず「他の自動車との衝突事故」はもちろんのこと、らくがき、盗難、火災といった「走行時以外の損害」や、ガードレールや電柱との衝突、崖からの転落といった「走行時における損害」を補償する「一般車両保険」と呼ばれるタイプがあります。一般車両保険は補償範囲が広くなる分、後述のエコノミー車両保険と比較して保険料が高くなります。

エコノミー車両保険

そしてこれから「走行時における損害」を除いた部分の損害を補償する「エコノミー車両保険」があります。エコノミー車両保険は「限定車両保険」または車同士の衝突事故に、走行時以外の損害を加えた形であるので「車対車+A」と呼ばれる場合もあります。さらに適用範囲を火災や台風、盗難などに絞った「限定A」や車同士の衝突事故に限定した「車対車」と呼ばれる条件もあります。エコノミー車両保険は補償の範囲が狭くなりますが保険料を安く抑えることができます。

一概にどちらの方が優れていているとは言えないため、自分にとってどちらのタイプが適しているのかを補償の範囲と保険料の面から総合的に判断することが重要になります。また、車両保険の補償額は車の製造後の経過年数により変化します。また設定補償額は希望に合わせて変更することも可能です。

事故の種類 一般車両 限定車両
エコノミー
車対車+A
車対車
他の自動車との衝突
落書き・いたずら・窓ガラス破損 ×
落下物との衝突 ×
台風・洪水・高潮 ×
盗難 ×
火災・爆発 ×
当て逃げ × ×
自転車との衝突 × ×
電柱との衝突 × ×
転落・墜落 × ×

免責金額を設定して保険料をお得に

 車両保険には免責金額が設定されている場合があります。免責金額とは保険金支払い時に自己負担となる金額のことで、定められた範囲内で設定することができます。

 たとえば免責金額を5万円として車両保険に契約した後に自損事故を起こして車の損害が30万円となった場合、免責金額を差し引いた25万円が保険金として支払われます。残りの5万円は自己負担で修理費用に充てる必要があります。

 免責金額を高く設定すると事故時の自己負担額は大きくなりますが、その分保険料を抑えることができます。逆に免責金額を設定しないと保険料も割高になります。

免責金額を設定していても自己負担が発生しないケース

 免責金額分は自己負担することが原則ですが、損害分が満額支払われるケースもあります。それは自動車同士の衝突事故で相手に過失がある場合です。

 さきほどの例では、免責金額を設定していたため5万円分は自己負担でした。しかしこれが相手との衝突事故で相手に50%の過失が認められたとなると、損害額30万円の半分の15万円が相手の賠償金(回収金といいます)となります。この額は自己負担額を超過するため実際には損害額を満額受け取る形となり自己負担は発生しないことになります。

 相手からの回収金が免責金額を上回る場合は、自己負担は発生しないのです。また全損時にも免責金額は適用されません。

実際の自己負担額 = 免責金額 ー 相手からの回収金

免責金額を0円にする「免責ゼロ特約

 また保険適用範囲を相手の車がいる場合に限って免責金額を0円にする車対車免責ゼロ特約も用意されているケースが有ります。車の全損時には定められた車両保険金額を上限に保険金が支払われます。一般車両保険、エコノミー車両保険ともに免責額の設定ができます。免責額を上げることで保険料を安くすることもできます。

車両保険に付加すると便利な特約

 車両保険に契約する際には、同時に契約すると便利な特約が数多くあるため合わせて検討しましょう。

車両新価保険特約
車に損害が起き全損で新車へ買い換える必要が有る場合に実際にかかる新車購入費用を補償します
車載身の回り品補償特約
車内の積載物の損害を補償します。
車両全損時費用特約
車が事故により全損となった場合に臨時費用が支払われます。
代車費用特約
車が走行不能となり修理が必要となった場合、修理中の期間に使用する代車の費用が支払われます。
事故付随費用特約
事故により車が走行不能となった場合に、臨時の宿泊費用、帰宅費用などが支払われます。
地震・噴火・津波車両全損時一時金特約
地震や津波での損害を補償します。車両保険単体ではこれらの災害による損害は補償されません。
車両保険まとめ
  • 自分の車両の破損を補償する
  • 「一般車両保険」と「エコノミー車両保険」という分類がある。保険会社によっては「一般車両保険」、「車対車+A」、「車対車」に分類されることもある
  • 補償額は車両価額によって決定される
  • 免責金額を設定することで保険料を安くする事ができる
  • 相手からの回収金が免責金額を上回れば自己負担は発生しない
  • 全損時には免責金額は適用されない
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ