相手の器物を破損した場合は「対物賠償責任保険」


 車を運転中に事故を起こし相手の車や物品に損害を与えた場合の補償を提供するのが「対物賠償責任保険」です。対人賠償責任保険が人への補償であるのに対して対物賠償責任保険は物への補償になります。

対物賠償責任保険の特徴

 対物賠償責任保険の補償範囲は相手の車だけでなく物品であれば補償の対象になります。たとえば車を運転中にバックで見知らぬ人の家の塀を壊してしまったり、有料駐車場で誤って自動精算機のバーを折ってしまったりといった事故も補償の対象になります。また車や物品への直接損害だけでなくそれに伴う休業損害や代車の手配にかかった費用といった間接損害に対しても補償されます。

損害 内容 損害例
直接損害 物品に対する直接的な損害 ・相手の車
・ガードレール、カーブミラーといった公共物
・第三者の建物
間接損害 物品の破損により相手の営業活動ができなくなったり、付随して発生した費用などの間接的な損害 ・店舗の破損による休業損害
・代車費用

物損事故の高額賠償判決例

 物損事故においても、対人事故と同様に思いがけないほど高額な賠償金が発生する例があります。

被害物件 損害額 判決年月日
積荷(呉服・洋服・毛皮) 2億6,135万円 H6.7.19
店舗(パチンコ店) 1億3,580万円 H8.7.17
電車・線路・家屋 1億2,036万円 S55.7.18
電車 1億1,347万円 H10.10.26
積荷 6,124万円 H12.6.27

 このように物損事故の賠償額は1億円以上にも上ることがあり、とても個人で賠償できる額ではありません。対物賠償責任保険はこのような物損事故の高額賠償に備えるために必要な保険と言えます。

支払われる金額は時価額まで

 補償限度額は自分で設定できますが、高額な賠償金が発生することを考えると無制限での加入がオススメです。賠償金額が補償金額を超えると自己資産から費用を捻出しなければならなくなるからです。たとえばブレーキとアクセルを踏み間違えて店舗を破壊してしまった事故では1億3千万円もの賠償金の支払い判決が出た事例があり、限度額を設けないことで万が一の高額な賠償にも備えることができます。

 しかし対物賠償の場合相手の物品の時価額での支払いとなるため、購入時の金額を全額補償できるわけではありません。たとえば車の場合は購入時の価格と全損時の価格が異なります。時間とともに価値が低下するためです。

修理費用が時価額を超えてしまったら「対物全損時修理差額費用特約

 そのため修理費用が時価総額を超える場合には、時価総額を限度に補償されることになります。しかしこのような時にもその場合に備えることができるのが対物超過修理費特約と呼ばれる特約です。

 この特約は事故で相手に損害を与えた場合、相手の車の時価総額を超える修理費用を、定められた限度額を上限に補償する特約のことです。この特約により超過分がカバーできるため、トラブルを未然に防ぐこともできます。特約の種類は保険会社ごとに異なりますから、申し込み前に相談しておくことが大切です。

 対物賠償責任保険は車の運転中での通常の事故には適用されますが、法令に違反する行為や故意による事故、無免許運転などでは補償されないことがあります。法令を順守し安全運転を心がけ、未然に事故を防ぐように心がけることが大切です。

対物賠償責任保険まとめ
  • 自動車保険には必ずセットされている
  • 「相手の車」や「他人の財物」を破損させた場合の賠償責任を補償
  • 車の修理費用は時価額として算出される
  • 賠償金額は非常に高額になるケースがある
  • 保険金額は「無制限」を設定することが推奨されている
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も一括見積もりをしたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!
保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった見積もりに便利な機能を多く持っており、見積もりで指定できる条件も細かく指定できるなど、見積もりサービスの利便性に力を入れています。一度見積もりを行うと、以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのが煩わしい方にオススメです!
公式サイト:http://www.bang.co.jp/

満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね

詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
保険の窓口インズウェブ
20社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している自動車保険の一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
公式サイト:http://www.insweb.co.jp/

ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ