当て逃げ事故で車両保険を使用する際の注意点

!マークを出す女性

駐車場を利用する機会が多い方であれば当て逃げ事故に遭う機会も多くなります。当て逃げ事故で自動車を破損した場合、一般型の自動車保険に加入していれば、原則として、受けた損失について保険金を受け取ることができます。エコノミー型の車両保険からは、保険金が出ないので注意が必要です。

※カンタン入力、無料の一括見積もり「保険スクエアbang!」へ

一般型の車両保険に入っていないと、当て逃げ事故は補償されない

当て逃げ事故で一番多いのは、駐車場に自動車を止めてレジャーや仕事のために自動車を離れている期間に、他の自動車にぶつけられて、自動車にキズが付いてしまうということではないでしょうか。ぶつけた相手が報告しなかった場合、駐車場に監視カメラが設置されていないと、逃げた相手を見つめるのは至難の業なので、このケースが当て逃げ事故のもっとも多いケースとなります。

道路での車対車の事故だと、相手が逃げた場合でも目撃者がいたり、被害者が相手や相手の自動車の特徴を克明に記憶していることが多いので、特別な事情がない限り、相手が見つかるので当て逃げ事故にはなりにくくなります。ただし、駐車場でのあて逃げ事故では、ズピードが出ていないので大きな事故にはなりませんが、道路での車対車の当て逃げ事故の場合には、大きな事故になる場合があります。

車両保険には一般型とエコノミー型の2種類があります。一般型はフル保障型とかワイド補償型とかいう場合がありますが、補償範囲が広く保険料が高いタイプのものが該当します。一方、エコノミー型は、ほかに車対車+A型などということがありますが、補償範囲が限定されていて保険料が安いタイプのものを言います。

当て逃げ事故の被害にあった場合に自動車保険から保険金が下りるのは、自動車保険に一般型の車両保険を付帯させていた場合に限ります。エコノミー型の車両保険では、当て逃げ事故による車両の損壊は補償の対象となっておりません。もちろん、車両保険に入っていない場合も保険金がおりないことは言うまでもありません。

当て逃げで車を破損した場合に備え知っておくべき車両保険の知識

衝突する車


当て逃げ事故で自動車を破損した場合にも車両保険から保険金を受け取りたいという方は、多少保険料が高くなっても、一般型の車両保険に加入しておく必要があります。当て逃げ事故に備えて一般型の車両保険をかけた方が良い方とは、たとえば、駐車場に自動車を止める機会が多い方とか、過去に当て逃げ事故の被害にあった方などが該当します。

車両保険は一般の自動車保険よりも仕組みが複雑でさまざまな特約もあり、当て逃げ事故に備えて一般型の車両保険に入る場合にも、注意しておかないとせっかく保険に入っているのに、いざという時に十分な保険金を受け取れないということもあります。そこで、当て逃げで事故に備えて一般型の車両保険に加入する方にとって役に立つお話をご紹介します。

自動車保険の時価制とは

新車登録から10年以上経過した自動車は中古車市場での評価額が急に下がります。車種にもよりますが10年以上経過した自動車は、新車の30%~50%程度の評価額となります。

車両保険をかけていて重大な交通事故を起こしてしまい保険会社から全損認定を受けて場合、車両保険から支給される保険金の金額は、契約車両と同等程度の車両を中古車市場で購入するとした場合の費用、すなわちその中古車市場での評価額となります。

新車登録から10年以上経過しているけれども、その自動車に愛着があるので重大事故で大破したけれども、どうしても修理して乗り続けたいというケースもあると思います。たとえば、その自動車の新車の価格が150万円、中古車市場での評価額が50万円、修理費用が75万円と仮定します。この場合、車両保険から支給される保険金は50万円が上限となります。いくら修理費用は75万でも差額の75万円-50万円=25万円は支給されることはありません。

保険会社の考え方はユーザーが事故車両の愛着があるとかないとかは一向に関係なく、古い自動車が大破した場合には修理をせずに、車両保険から支給した保険金で同等程度の自動車を中古車市場で買ってくださいという考えになります。古い自動車が大破した場合に車両保険から出る保険金の金額が、契約車両の中古車市場での評価額を上回ることがないことを、自動車保険における時価制といいます。

廃車にする場合にかかってくる諸経費について

交通事故等で自動車を大きく破損した場合に修理費がかさむようだと、修理しないで中古市場で契約車両と同等程度の自動車を購入するのが原則です。その場合に大破した自動車は廃車にすることになるのですが、その際には以下のような費用がかかります。

  • 抹消登録費用
  • 抹消登録費用を業者に依頼する場合の手数料
  • 解体工場までのレッカー車代金
  • 解体費用

実際に解体費用がどれくらいかかるかということについてはケース・バイ・ケースなのですが、多い時には数万円に上ることもあります。特に古い自動車を交通事故で廃車にする場合には、車両保険から大きな金額は支給されませんので、廃車費用が高いと大きな負担となります。

車両保険に全損時諸経費特約というオプションがあります。この特約を付けておくと交通事故で自動車を廃車にする場合、車両保険からの保険料の他に20万円~50万円の保険金が支給されます。自動車事故で契約車両を廃車にする場合に、廃車費用が気になるという人は車両保険にこの特約を付けておけばよいでしょう。

解体費用が気になるなら、全損時諸経費特約

全損時諸経費特約の相場は車両保険の補償上限額の10%(最大20万円)としている保険会が多いです。全損時諸経費特約によって支給される保険金は使途が限定されていません。廃車費用に充当してもよいし、新しい自動車の購入費用に充当しても構いません。事故車を廃車にせず修理することにして修理費用として使っても大丈夫です。

全損時諸経費特約は事故車両を廃車にするしないにかかわらず、全損認定がおりれば保険金が支給されます。全損認定には経済的全損といって、事故車両を修理することが可能だが修理費の見積額が契約車両の時価評価額を超えている場合も含まれます。したがって、修理が不可能となる程度まで自動車が大破していなくても、全損時諸経費特約から保険金が出る場合もあります。

全損修理時特約とはどんなものか

セゾン自動車の「おとなの自動車保険」には全損時諸経費特約というオプションがあります。これは保険料が920円アップするだけで、交通事故で車両を修理する際にその修理費が全損認定された場合に支給される車両保険の保険金額を上回る場合に、その差額を最大60万円を上限として支給するというものです。

古い自動車が全損認定された場合には自動車保険からそれほど大きな金額は出ません。しかし、セゾン自動車のように全損時諸経費特約を付帯させておけば、車両保険本来の保険金とこの特約から出る保険金を合わせて、充実した修理を行うことができます。

この特約は古い自動車だが愛着があり、交通事故で大破した場合でもできるだけ廃車にしないで修理して乗り続けたいというユーザーの方におススメです。特約を付帯させても、保険料は920円しか上がりませんので料金の面でも魅力的です。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ
保険スクエアbang!の一括見積もり
※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ

自動車保険の見直しは
無料の一括見積もりサービスで!
自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!私も試してみたところ、105,700円⇒62,000円となり同じ補償内容で43,700円も安くなりました!平均2.5~3.0万円安くなるそうです

こちらはトヨタ・ヴォクシーの見積もり結果ですが、同じ条件でも保険会社によって保険料が結構違ってきます。 各自動車保険の保険料の比較

あなたが加入している自動車保険も他社にすれば安くなるかもしれません!申し込みは5分、無料でお気軽にお試しいただけます。結果はメールですぐに届きます。一括見積もりで安い自動車保険を探してみませんか?
保険スクエアbang!
きめ細やかな見積もり、そして見積もりをサポートしてくれる便利機能の数々!
保険スクエアbang!

保険スクエアbang!は、ズバットIDを用いた入力短縮機能、見積もり予約機能、満期日お知らせメールといった便利な機能を多く持っており、入力条件を細かく指定できるなど、サービスの利便性に力を入れています。一度見積もると以前の条件を記憶してくれるので、毎年同じ条件を入力するのがわずらわしい方にオススメです!
満期日よりかなり前に見積もり予約できるので、うっかり忘れてしまうことも無さそうですね
詳細はこちら 保険スクエアbang!の一括見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
保険の窓口インズウェブ
17社の自動車保険会社を漏れなく比較したいあなたに

利用者数800万人を突破し業界最多の20社の自動車保険会社と提携している一括見積もりサービスです!有名な会社はほぼ揃っているため、どこが一番安いかだけでなくおおまかな相場も確認するのにも有用です。
ほとんどの自動車保険をカバーしているので、思いもよらない会社が見つかるかもしれません
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
NTTイフ
NTTイフだけの便利な特典が多数!日常生活をサポートしてくれます

NTTイフの注目すべき点は豊富なキャンペーンや特典です!宿泊・娯楽施設の割引、ホームアシスタント、弁護士無料相談、無料ロードサービスといったお得なサービスがついてきます!このような特典は他にはありません!きっとあなたの日常生活の支えになってくれるでしょう。

ホテル、遊園地、映画館などが割引になる特典で休日も楽しんじゃいましょう♪
詳細はこちら お見積もりはこちら
※最短5分、かんたん入力で結果はすぐに見られます!
【一括見積もりが不安な方へ】
一括見積もりでは個人情報を入力する必要がありますが、個人情報は「サービスや商品の案内」「保険会社による見積もりの作成」などに利用され、それ以外の目的には使用されません。また見積もり後には「一括見積もりサイトからのメルマガ」「各保険会社から契約の案内」といったメールがたくさん届きますが、電話による営業、自宅への訪問は一切ありません。
個人情報の利用について
一括見積もり後にしつこい営業の電話はくるのか?
サブコンテンツ