交通事故後の自動車保険会社への報告


交通事故が発生したら保険会社の報告は一番最後に

 万が一交通事故を起こしてしまった場合には、人命救助と警察への通報と同時に保険会社への連絡が必要になります。保険会社への連絡方法は電話によるものが一般的ですが、いつ連絡すればよいのかわからないという方もいます。

 保険会社へ連絡するタイミングは交通事故後、負傷者の救護と救急車の手配に加えて、警察への通報を行なった後が最善です。最初に保険会社に連絡してしまうと、負傷者の救助ができず相手に不快感を与えてしまうことにもなりかねません。また警察での被害者の事情聴取の際に厳罰を希望する旨を被害者側が述べるきっかけにもなってしまいます。

 大半の自動車保険会社は、現在では24時間のフリーダイヤル対応での事故報告受付を行っています。ですから、携帯電話があれば事故現場から直接保険会社へ連絡を入れることも可能です。軽い物損事故など損害額の算定が容易なものに関しては、事故直後に保険会社に連絡を入れておけばすぐに保険会社が損害額を算定し、短時間に補償問題が解決する場合もあります。

保険会社への報告とともに実施しておきたいこと

 なお、加害者の加入している任意保険の確認も忘れずに行います。交通事故の被害者となり重傷を負った場合や後遺症が残った場合には、自賠責保険では対応できないがあります。その場合には、相手方が任意保険に加入していれば、その任意保険会社に賠償金を請求することになりますので、事前に把握しておく必要があります。

 さらに、任意保険に場合には免責条項があり、加害者の状況によっては保険金が支払われない場合もあります。加害者が任意保険に加入している場合には、その保険契約の内容もしっかり確認しておく必要があります。

保険会社へ報告すべき事項

 治療費のことや損害賠償のことなどを含めパニックになってしまうこともありますが、落ち着いて行動し、保険会社には最後に連絡を入れるのが最善です。保険会社に連絡を入れる際には、車の車検証入れなどに一緒に入れている保険証券もしくはドライバーズカードに記載されている電話番号へ連絡を入れます。

保険会社のオペレーターから聞かれる内容

 連絡を入れるとオペレーターが状況をヒヤリングします。この際には事故が起きた場所や負傷者がいるか、保険証券の内容は、救護活動は行なったか、警察へは届けたかといったことが聞かれます。それと同時に事故処理を担当する担当者が選任されることになります。

 保険会社のオペレーターから聞かれるのは、まず保険の契約内容についてです。保険証券の番号、契約書、被保険者の住所、氏名、電話番号などの契約内容について聞かれます。保険会社では、事故を起こした被保険者を特定し、契約内容を確認する必要がありますから、この報告が必要になります。

 相手に対する当面の賠償や、車の搬送、さらには帰宅費用などについての情報はオペレーターとの最初にヒヤリングの後、あらためて連絡が入ることになります。

2回目以降の連絡では具体的な事故の状況や帰宅方法などについて報告する

 2回目以降の連絡では、事故の発生状況や警察の対応、さらには被害者の連絡先などの情報をヒヤリングします。加えて事故を起こしてしまった車が自走可能か、それともレッカー移動が必要かどうかについても連絡が入ります。

 まず事故の状況についてですが、事故発生の日時場所、届出警察署、相手方の住所、氏名、電話番号、目撃者がいれば、目撃者の住所、氏名、電話番号など事故の状況です。この報告は、保険会社が事故を起こした被保険者の相手側と、賠償金額に関して交渉をする際に必要な情報を提供するために必要になります。

 更に事故の損傷の程度についても聞かれます。双方の車の損傷の程度、負傷者の有無、負傷者の障害の程度、診察を受けた場合の病院名など損害の状況です。この報告は、保険会社が損害賠償金額を算定するために必要となります。

 最後に、損害賠償金に関する話をしたとかしないという相手方との交渉の状況です。たいていの場合、相手方との賠償金に関する交渉は保険会社が行いますから、そのために、被保険者が相手方とどのような話をしたのかを、知っておく必要があります。そのためにこの報告が必要になります。

 ケガなどの治療のために病院に移送される場合は、事故車の移動を警察が手配してくれる事になりますが、そのための費用は後に請求されることになりますので、保険会社に連絡を入れておくようにします。またケガがなく物損事故の場合はレッカー車が来るまで現場に待機しておくようにします。

交通事故を起こしてしまいお困りの方へ

不運にも交通事故を起こしてしまった場合、対応しなければならない事が数多く出てきます。「警察や保険会社への対応」「事故車の処理」「示談交渉」等々…。 交通事故を円満に解決するためには知識が必要で、場合によっては解決が長期化することもあります。

全ての対応を自分一人で抱えてしまってはいませんか?しっかりとあなたをサポートしてくれる業者があることをお伝えします。

  • 法律のプロに交通事故のトラブルのお悩みを相談できます!
  • 事故車や不動車でも高く売れるんです!
このような業者にサポートを依頼することで交通事故に関する悩みを相談したり、事故車両を廃車にすることなく売却できたりします。
日本法規情報の交通事故相談窓口
法律のプロに交通事故のトラブルのお悩みを相談できます!
日本法規情報の交通事故相談窓口
「示談交渉を法律の専門家にお願いしたい」「保険会社と上手く交渉するにはどうすれば良いか?」「相手側に慰謝料を請求したい」交通事故には様々な悩みが伴います。日本法規情報「交通事故サポート」にお電話いただければ、あなたのお悩みにピッタリな法律事務所を無料でご案内致します。その事務所であなたのお悩みを相談することができます。
公式サイト:http://www.nlinfo.co.jp/

お好みの場所や希望の時間にマッチした法律事務所をご案内いたします。土日のご相談もOKです。

詳細はこちら 日本法規情報の交通事故相談窓口
事故車高値買取の「タウ」
高価買取り実績No.1!事故車や不動車でも高く売れるんです!

交通事故を起こしてしまった車は廃車にするしかないとお思いではありませんか?修理費用が高額なため廃車にして新車に乗り換えた方が割に合うケースは多くあります。しかし廃車にする前にそのお車を査定にかけてはいかがでしょうか?

たとえ事故車、水没車であっても事故車買取りの「タウ」では無料で査定し、高値で売却することができます。
全国へ無料出張!(一部離島を除く)。軽自動車から輸入車まで対応!まずは査定してみませんか?

事故車高価買取り「タウ」
カービューの事故車一括査定
最大8社から事故車を無料で一括査定します!
カービューの事故車一括査定
不運にも交通事故で大事なお車を破損させてしまったら廃車にする以外にも売却するという選択肢があります。事故車や水没車であっても売却できる業者は実は結構あるんです。 carview愛車無料査定では最大8社から無料で一括査定依頼が可能で、同じ車種でも20万円も高値で売れる場合があります。
公式サイト:http://kaitori.carview.co.jp/

申し込みは3分ほどで完了し、2営業日以内にメールや電話で、愛車の相場情報や出張査定のご案内が届きます。

carview愛車一括無料査定はこちら
サブコンテンツ